トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小林信彦

小林信彦

小林信彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小林 信彦(こばやし のぶひこ、1932年12月12日 - )は、日本の小説家、評論家、コラムニストである。中原弓彦(なかはら ゆみひこ)の筆名も用いた。
筆名を作ったのは、小林が正業につかないのを親戚が嫌っていたからであるという。「日本のことを勘違いして論じるアメリカ人」という設定のウィリアム・C・フラナガン名義の作品もある。また1958年、失業中に書いた「消えた動機」という推理短篇が江戸川乱歩時代の『宝石』誌1959年2月号に掲載され、のち三木洋(処女長篇『虚栄の市』の登場人物の一人と同名)という変名のもとにテレビ化および映画化(山田洋次監督『九ちゃんのでっかい夢』)されたことがある。その他の筆名に有馬晴夫、類十兵衛、スコット貝谷など。早稲田大学第一文学部英文学科卒業。血液型B型。
風間賢二は小林をさして「我が国における元祖おたく作家」と評した。
=
東京市日本橋区米沢町2-5(のちの東京市日本橋区両国18-5、現在の東京都中央区東日本橋2-18-5)に生まれる。江戸時代から9代続いた老舗和菓子屋「立花屋」の長男であった。
代々婿養子が跡を継ぐ家風であったが、やり手であった祖父は自分の息子に跡を継がせようと考えていた。だが、その「長男」(小林の父)は自動車の運転・修理が趣味であるようなモダンな趣味人であり、商人としては無能で後に小林の一家が没落する原因となった。小林はこの父親に歌舞伎や寄席などに連れていかれ、「芸人のうまい下手を、くどくどと説明するのは野暮」と教わった。
両国は商人町であり、小林は「このような町が本来の江戸以来の下町である」と作家となった後に繰り返し主張、浅草や柴又を「下町」と呼ぶ安易な「下町ブーム」に嫌悪を感じ、自分の生地について何度もエッセイや小説に描写している。
落語に淫して育つ。下町の商人家庭には、小林の世代のインテリ少年の大半が愛読した『少年倶楽部』などはなく、読書も落語の速記本が主であった。
母方の祖父は山形県村山市出身で、沖電気の創業時のメンバー、沖牙太郎の右腕といわれた高宮信三。
慶應義塾幼稚舎を受験したが失敗し、日本橋区立千代田小学校(のち国民学校と改称)に入学。小学1年生の時の志望職業は第1が「上野動物園園長」、第2が落語家だった。幼少時から浅草で映画や軽演劇、ショウを見る。なかでも古川ロッパの喜劇に熱狂し、自宅でロッパの声真似をしていた。また、人形町では末広亭で落語を聞き、明治座で新派や新国劇を見ていた。学校の「お話の時間」に、同級生の前で落語を演じる。
小学3年生の時に戦争が始まる。『無法松の一生』と『姿三四郎』を封切時に見る。
1944年8月、千代田国民学校在学中に埼玉県入間郡名栗村(現在の飯能市)へ集団疎開。疎開先で疎開者同士での陰湿ないじめに遭い、この時の悲惨な体験は後に純文学長篇『冬の神話』となって実を結んだ。小説『東京少年』(2005年)も再度この時の体験を扱っている。この時の体験が、のちの「他人を容易に信じられない。執念深く、恨みがましい」性格を生んだと思われる。
戦争末期に、担任教師から将来の希望を問われ「小説家になりたいであります」と答えた。

受賞歴

小林信彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小林信彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

isopie_『もののけ姫』サンの石田ゆり子とジコ坊の小林薫といえば、『悲しい色やねん』ですな。小林信彦原作、森田芳光脚本・監督の失敗作。石田はやくざの仲村トオルの恋人、小林薫は敵対するやくざの組長でした。
chat___noir小林信彦さん「生還」読了。脳梗塞で倒れて以来の闘病記。ご自身の記憶が曖昧なためご家族のメモを参照しつつの執筆だったようで入院加療中の描写は曖昧として現実であるのか小林さんの想像上のことであるのか判然としない。昔の映画や俳優についての評が確固たるもので読みやすい文章なのと対照的。
pa55gu小林信彦の『定本 日本の喜劇人』に植木等が出てきて、お父さんのことも書いてありました。#高橋源一郎の飛ぶ教室
unillaN曽祖父が上田から上京してから150年。ずっと住んだ東京だが、もう戻ることはないだろう。街殺し(©小林信彦)に熱心なのは、東京以外の出身知事・首相。
tomo_int加納一朗・都筑道夫・相良俊輔・宮崎惇・辻真先・光瀬龍・矢野徹・福島正実・関耕太・山村正夫・神保史郎・宮崎惇・井上ひさし・横田弘行・梶原一騎・小林信彦・山崎忠昭・平井和正・草川隆『サンヤングシリーズ 全37巻』 #日本の古本屋… https://t.co/knqe3IMSSP
yawara38440@May_Roma @bci_ 昭和12年ならまだ大丈夫だったのが、17~18年あたりから窮乏したきたように、小林信彦さん著作にあった記憶があります。
ryochikun22@wakabayashi1968 拳銃不法所持、桑田次郎も思い出します。小林信彦の「60年代日記」では大藪宅を訪ねていくと室内で発砲するので滅茶苦茶だという記述がありましたね。銃のタイプは不明でしたが。大藪クルマ談義も面白かった。… https://t.co/OSsAwBiHMl
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)