トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡崎祥久

岡崎祥久

岡崎祥久さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡崎 祥久(おかざき よしひさ、1968年8月17日- )は、日本の小説家。東京都出身。早稲田大学第二文学部卒業。デビュー以来、「現代のプロレタリア文学」あるいは「ニュープロレタリア文学」と評されることが多い。また、『文藝別冊 90年代J文学マップ』では「脱力フリーター系ゾーン」に分類されている。ただし、自身は就職経験をもたない。
*1997年、「秒速10センチの越冬」で第40回群像新人文学賞当選。
*1998年、『秒速10センチの越冬』で第20回野間文芸新人賞候補。
*2000年、「楽天屋」で第123回芥川龍之介賞候補、『楽天屋』で第22回野間文芸新人賞受賞。
*2002年、「南へ下る道」で第126回芥川龍之介賞候補。
*2008年、「ctの深い川の町」で第139回芥川龍之介賞候補。

受賞歴

岡崎祥久関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2000.10.1 インタビュー 作家「岡崎祥久」

    むかつく、やってられない、もううんざりだ、冗談じゃない、くそったれ。岡崎祥久の作品には、こうした不快感、投げやりな気分が充満している。

岡崎祥久関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shirazira「ノートを忘れたよ」―岡崎祥久「バンビーノ」
motokano_goyakuフォローしてる人の好きな本ベスト3が知りたい。「ラ行の軽快なハミングで」佐藤博「世界の終わり」宮崎誉子「文学的なジャーナル」岡崎祥久今浮かぶのはこの3冊。でも明日考えたら3冊目変わるかも。その今好きな本が知りたい。
tk_koushima@tk_koushima 7、さて、ここで何度か再読しているものも紹介しようと思います。「バンビーノ」(岡崎祥久)。呪いによって大人から小学生になってしまった男の話。本当に大人だったかどうかは最後までわからないけどすごくロックでキュートな物語。主人公の話し方、小学生のリアル。→
honzuki_jpAmazonの商品説明に「おれのくそったれな労働の日々。」と書いてあるのだが、本当にくそったれな主人公の、くそったれな労働の日々を綴った、くそったれな小説になっている… 『秒速10センチの越冬/岡崎祥久/講談社』 https://t.co/wsbrUyrh4J #本が好き
uca_xちなみに私の一番好きな本は十数年前から変わらず岡崎祥久さんのバンビーノです。圧倒的万人受けしない感。
ai_oosawa「君の名は。」で一躍メジャーになった新海誠監督の「言の葉の庭」「秒速5センチメートル」が次々に放映されています。ジブリアニメにうんざりしているむきにはありがたい話です。個人的には「秒速~」と聞くと岡崎祥久さんを思い出しますが。… https://t.co/qc0kYHAKjJ
violetfield0411昔から気になってたんだけど「秒速5センチメートル」って言葉は岡崎祥久の小説『秒速10センチの越冬』(1997年)と何か関係あるんですか(読んだことはない)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡崎祥久さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)