トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 岡崎祥久

岡崎祥久

岡崎祥久さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岡崎 祥久(おかざき よしひさ、1968年8月17日- )は、日本の小説家。東京都出身。早稲田大学第二文学部卒業。
*1997年、「秒速10センチの越冬」で第40回群像新人文学賞を受賞してデビュー。
*1998年、『秒速10センチの越冬』で第20回野間文芸新人賞候補。
*2000年、「楽天屋」で第123回芥川龍之介賞候補、『楽天屋』で第22回野間文芸新人賞受賞。
*2002年、「南へ下る道」で第126回芥川龍之介賞候補。
*2008年、「ctの深い川の町」で第139回芥川龍之介賞候補。

受賞歴

岡崎祥久関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2000.10.1 インタビュー 作家「岡崎祥久」

    むかつく、やってられない、もううんざりだ、冗談じゃない、くそったれ。岡崎祥久の作品には、こうした不快感、投げやりな気分が充満している。

岡崎祥久関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kuramotosaori@ShindyMonkey (あの、ぜひ岡崎祥久さんの「キャッシュとディッシュ」(文學界8月号)を入れていただきたいです)
kalashnikovread小説家のデビュー作で何故か妙に心に残っている小説。岡崎祥久氏の『秒速10センチの越冬』という作品。まず、タイトルが良いし、内容もプロレタリア文学みたいな感じで、工場労働の辛さを描いていて良かった。単行本は、1万円位になっていて… https://t.co/qegJBKNMY4
yamada_5昔話の再話の『千年ギツネ』(2009)を入れると、岡崎祥久が理論社から本を出すのは約10年ぶりか。純文学含めて寡作な作家だけど、出す時は信頼に応えてくれるよね。
kuramoch岡崎祥久ってペンネーム変えてたの!?そんで完全に児童作家に転向してたの!? いやたしかに『バンビーノ』や『独学魔法ノート』は児童向けだし、『ファンタズマゴーリア』も初出は文藝(だよね?)だけど、YAファンタジーとして読めるし…… https://t.co/VxzncxX00y
gar_1210岡崎祥久さんのバンビーノが好きだったのって、多分ハルニワくんがめちゃくちゃ刺さったからなのかもしれない昔からツンデレキャラ好きだったのかな
yomogi07H【今日の一冊66】岡崎祥久『独学魔法ノート』少年が超現実的な魔法の習得に挑戦するという、物語の皮を被った自己啓発本。ファンタジー要素は皆無。魔法は「言葉や認知によって生まれるもの」という視点で人の心、ひいては自分の心を操る術を… https://t.co/KqkPDbNgvH
Rd7gJyBSzfZwRBa芥川賞受賞の季節が来る度に思うのは、岡崎祥久に取って欲しかったという遠い過去です。もう誰も知らないでしょうが。当サークル「確率依存」では何時かはそんな過去を救いだし、浮き上がらせる目標はあります。過去に未来はあっても未来に未来はありません。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岡崎祥久さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)