トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中原昌也

中原昌也

中原昌也さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中原 昌也(なかはら まさや、1970年6月4日 - )は、日本の音楽家、映画評論家、小説家、随筆家、画家、イラストレーター。
文化学院高等課程中退。1988年頃より音楽活動を始め、1990年にノイズユニット暴力温泉芸者を立ち上げ、海外公演などを通じて日本国外でも活動している。音楽活動と平行して映画評論も手がけ、1998年には小説家としてデビュー、2001年に『あらゆる場所に花束が…』で三島由紀夫賞、2006年に『名もなき孤児たちの墓』で野間文芸新人賞を受賞。
父は絵本作家・イラストレーターの中原収一(なかはら しゅういち、1936年 -2018年 )。
1970年、東京都港区青山に生まれる。小学生時代から海外の前衛文学を愛好。また映画雑誌『スターログ』を購読していた。中学生時代には、佐藤重臣主催のカルト映画上映会「黙壷子フィルムアーカイブ」に参加、大きな影響を受ける。映画に興味を持つ一方でノイズミュージックにも興味を示し、1988年頃より音楽活動を開始。1990年にアメリカのインディペンデントレーベルRRRecordsから「暴力温泉芸者」名義でマゾンナとのスプリットLPを出し、以降ソニック・ユース、ベック、ジョン・スペンサーのフロントアクトをこなす。小山田圭吾との交友(青山ブックセンターで中原が小山田にボストン・ストラングラーズというバンドを組もうと誘った)から音楽誌やカルチャー雑誌を中心に人気を得る。90年代中盤ごろ、メディアからは「デス渋谷系」と呼ばれる事もあった。1995年のアメリカツアーを始めとして海外での公演も多い。トラットリアやダブレストラン、東芝EMIなどから多くの音楽作品を発表しており、一時期はリミキサーとしても活躍。コーネリアス、布袋寅泰、スチャダラパー、ECD、宇宙犬などの作品を手がけた。またトリビュート盤への参加もあり、暴力温泉芸者名義でトッド・ラングレンの『トッドは真実のスーパースター』や、マーク・ボランの『Boogie with the Wizarad』などの作品に名を連ねている。
1997年に小室哲哉の番組に出演した際、SM嬢のマネキンと相撲文字で「暴力温泉芸者」と書かれた書割を見て恥ずかしくなり、「Hair Stylistics」名義に変更、同名義では2004年に1stアルバム『Custom Cock Confused Death』を発表している。音楽活動と平行し、1995年から町山智浩が創刊した『映画秘宝』シリーズにメイン・ライターとして参加。1996年には初の著書、『ソドムの映画市』も刊行。映画評論家として活動を始める。
1998年、『文藝』に連載した『絶望の散歩道』を短編集『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』にまとめ、小説家としてデビュー。2001年、初の長編『あらゆる場所に花束が……』で第14回三島由紀夫賞を受賞(青山真治『ユリイカ EUREKA』との同時受賞)。審査員のうち宮本輝、高樹のぶ子からは猛反発を受けたが島田雅彦、福田和也から支持を受け、また筒井康隆からも消極的支持を受け受賞が決まった。福田からは「本作品は、アヴァン・ポップ的なものとして読まれているようだが、本質的にはむしろ、シクススやシモン、ソレルスといった50-70年代フランスのヌーボー・ロマンの結構をもっている」と評される。
2005年、第58回カンヌ国際映画祭に出品された青山真治監督『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』に出演。
2006年に中編『点滅……』が第135回芥川賞(2006年上半期)候補作品に選ばれた時には1票も入らずに落選、中原がこれを受けて『SPA!』誌上で選考委員の批判(多くの選考委員に対しては批判的であったが、黒井千次については真摯な選評への謝辞を述べている)を記し一部で話題になった。一方で短編集『名もなき孤児たちの墓』は、審査員の支持を受け同年の第28回野間文芸新人賞を受賞した。
文芸誌のコラムやインタビューでは「活字を書いて生活していくことの苦しさ」を言い立てることが多い。『文學界』2008年4月号で行なわれた、古井由吉、筒井康隆、高橋源一郎、島田雅彦、川上未映子ら作家11人による大座談会「ニッポンの小説はどこへ行くのか」に出席した際も、中原は終始「小説は、辛くて辛くて書きたくない。でも、書かないと、その辛さがわかってもらえない」というような発言を繰り返し、司会の高橋源一郎から「中原君はほっときましょう」と言われている。2008年、高橋源一郎の選考により『中原昌也 作業日誌』でBunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。高橋は「おれの基準で、いちばん小説になっていたもの、最高の小説だったもの、それが、一見、ただの日記にすぎない、聞いたことも見たこともないCDやDVDの膨大な購入リストとグチと泣き言ばかりの、この中原昌也の『作業日誌』だった」との選評を行なった。
2009年、矢内原美邦演出の舞台『五人姉妹』の音楽を手がけた。

受賞歴

中原昌也関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中原昌也関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

denpro03091「優秀な詐欺のメンバー」として町田康氏の名前があるそうだが、ってことは中原昌也氏もあるのか。あと筒井康隆×菊地成孔 なんてラジオ対談もあったんだなぁ~。
origamieveryday@Euphonica_045 インパクト抜群なジャケに中原昌也氏のユーモア溢れる解説!(巨人と狂人を引っ掛けたギャグで締めていた筈)そして退屈な内容…観たという記憶だけは強く残りました!
headofgarcia我が家の家宝 中原昌也さんの絵Hair Stylistics / POP BOTTAKURI https://t.co/QHtdWIsAyS
AllTheMarbles28@YOHTAK 映画是非撮ってください。私はアベル・フェラーラが大好きで、バッド・ルーテナントみたいなのを川瀬さん主演で音楽中原昌也さんで、って勝手に妄想してみたり、もしかしたら「激怒」にはそういう要素も入ってるのかな?と、これまた勝手に想像を膨らませております。
consaba【オンライン】3月11日(木)20:00~開沼博 宇川直宏 竜田一人 山岸清之進 大森克己 古川日出男 山野英之 森彰一郎 中原昌也 a.k.a Hair Stylistics 佐藤那美「選別と解釈と饒舌さの共生」リリース記念スペ… https://t.co/YFb2hXV5Kr
Nishimuraumiush小説家の中原昌也が「私は芸能人の武田鉄矢という男に対して、相当な偏見を持っており、直接何かされたわけでもないのに印象はとてつもなく強烈に悪い。あの男の声を聞くのも不快なので、テレビに登場すれば、即チャンネルを変える」って言ってて、今考えると妥当な評価だったな。
paperhouse7似た様な話なんだけど僕は「ネガティブな物をポジティブに変換する」って言葉が好きなんだけど、中原昌也さんが何かのインタビューで「ネガティブな物はネガティブな、まま」って言ってて、凄いなとも思った。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
中原昌也さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)