トップページ > 作家名一覧 > もから始まる作家名一覧 > 本谷有希子

本谷有希子

本谷有希子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

本谷 有希子(もとや ゆきこ、1979年7月14日 - )は、日本の劇作家、小説家。演出家、女優、声優なども兼ねる。石川県出身。「劇団、本谷有希子」主宰。
*1979年、石川県白山市に生まれる。中学生時代はソフトテニス部に所属し部長を務める。石川県立金沢錦丘高等学校時代に演劇部に所属。上京後、ENBUゼミナール演劇科に入学、松尾スズキのクラスに在籍する。在学中より主に舞台において女優活動を開始。
*1998年、アニメ『彼氏彼女の事情』で声優デビュー。ENBUゼミを見学に来ていた監督の庵野秀明が、庵野を見て騒ぐ生徒たちの中で一人我関せずの態度を取っていた本谷を気に入ったためのオファーであった。このときの役は、「文化祭で上演する劇の台本を書く」少女の役であった。
*2000年9月、「劇団、本谷有希子」を創立。劇作家・演出家としての活動を開始する。
*2002年、『群像増刊エクスタス』に「江利子と絶対」を発表し小説家デビュー。サイトで連載していた小説を読んだ編集者が声をかけたことがきっかけとなった。
*2005年4月から2006年3月までの1年間、ラジオ番組『本谷有希子のオールナイトニッポン』のパーソナリティを務めた。この番組がきっかけで彼女を知った人も多い。同年に、小説『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が第18回三島由紀夫賞候補となる。
*2006年、小説『生きてるだけで、愛。』で第135回芥川龍之介賞候補となる。
*2007年、『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を史上最年少で受賞、小説『生きてるだけで、愛。』が第20回三島由紀夫賞候補となる。同年『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』が佐藤江梨子主演で映画化された。
*2008年、小説『遭難、』で第21回三島由紀夫賞候補となる。
*2009年、「幸せ最高ありがとうマジで!」で第53回岸田國士戯曲賞(白水社主催)を受賞。同年、「あの子の考えることは変」で第141回芥川賞候補となる。同年10月には雑誌『VOGUE』により、日本を代表する女性10人を選ぶ『ヴォーグ ニッポン ウィメン・オブ・ザ・イヤー2009』を受賞。
*2011年、小説『ぬるい毒』で第24回三島由紀夫賞候補、第145回芥川賞候補、第33回野間文芸新人賞受賞。
*2013年、小説『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞受賞。5月7日、シンガーソングライターで映画監督の御徒町凧と入籍。
*2014年、小説『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞受賞。
*2015年10月、第1子女児を出産。
*2016年、小説『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞受賞。笙野頼子、鹿島田真希に続いて3人目の純文学新人賞三冠作家となる。

受賞歴

本谷有希子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

本谷有希子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

AkbFdas【AKB演劇部始動! 宮本亜門 ケラ 長塚圭史 本谷有希子】(ほのぼのAKB48にゅーす)https://t.co/zduJOXX9Mx
kakari01自分に振り回されるのにくたくたになって何でわたしは生きてるだけでこんなにしんどい気がするのかと思うとき本谷有希子の「生きてるだけで、愛」を読み返すんだけど主人公の「頭おかしいのってなおるのかなあ」から始まる怒濤のやつを読むと何かちょっとあたまのがたがたがマシになる気がするんよな。
dptwttw本谷有希子の旦那がまさか村上龍の息子だったとは・・
hoshisat0【読了】『異類婚姻譚』本谷 有希子 ☆2 https://t.co/wfN4RT6SNh #booklog
chan_512@xyzmso こんばんは。家に帰って探してみたところ、講談社文庫出版、本谷有希子著『あの子の考えることは変』という小説でした。是非読んでみてください。
Turtleheadsoup芥川賞作家・本谷有希子の旦那、御徒町凧の父親が、黒いドラエもん事、村上龍だったと今知り腰抜かした。と言う事は芥川賞の選考員である村上龍は、息子の嫁の小説を審査し、評価し、芥川賞を与えたのか。
booktitle_bot『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』本谷有希子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
本谷有希子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)