トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 広小路尚祈

広小路尚祈

広小路尚祈さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

広小路 尚祈(ひろこうじ なおき、1972年 - )は、日本の小説家。愛知県岡崎市出身。
高校卒業後、音楽活動をしながら職を転々とし、ホテルマン、飲料水メーカーのルートセールス、タクシー運転手、不動産会社、消費者金融会社などを経験。2007年に「だだだな町、ぐぐぐなおれ」が第50回群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。2010年、「うちに帰ろう」で第143回芥川賞候補。2012年、「まちなか」で第146回芥川賞候補。

受賞歴

広小路尚祈関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

広小路尚祈関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

dekadama広小路尚祈の息子っていま学プロやってるんだってね。どの団体かはわかんないけど。
egusa346ここにきて広小路尚祈さんの小説『いつかくる季節』が動いています。毎日大変な中、広小路さんの小説に心が安らいだというお葉書も。嬉しいです。他社さんからの本も出ていますのでおすすめです!
chuko_bunko『キムラ食堂のメニュー』 木村衣有子著『酒中日記』 吉行淳之介編『東京煮込み横丁評判記』 坂崎重盛著『清とこの夜』 広小路尚祈著を #並べてみました 。食堂で。酒場で。また賑やかで楽しい時間を過ごせることを… https://t.co/TUxuuEF15W
qten0607 #安城市 日の出町商店街 朝日町商店街 の「#GoTo商店街 #フォトウォークラリー」 が開催されるので地図を貰いに行ったらまだ配っていませんでした、早過ぎました。
ohlalacestlavie『今日もうまい酒を飲んだ とあるバーマンの泡盛修行』広小路尚祈/集英社文庫。泡盛飲んだことないんすよね。それなに飲んだような気になってしまう本。丁寧に作られた酒はおいしいよね。#読書
Anjo_Libraryおはようございます。今日から1月10日の講座参加申し込み開始です。大人向けイベントは久しぶりに募集する気がしますね。自著を語る その8 広小路尚祈『三河で文学をする、ということ・・・南吉を少し』 https://t.co/LUmyl96sdo #アンフォーレ
dd4e3qJHkjNG5yV「もう12月。1年が過ぎるのは本当に早い、と毎年言っている。いろいろなことがあり、全て予定通りにはいかない感じ。全てが予定通りに進んだことなんて一度もない。つまり今年も平凡で平穏な一年だった」と4日中日新聞作家広小路尚祈さんの記事なるほど
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
広小路尚祈さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)