トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 赤坂真理

赤坂真理

赤坂真理さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

赤坂 真理(あかさか まり、1964年5月13日 - )は、日本の小説家。
東京都杉並区高円寺出身。吉祥女子高等学校、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。ボンデージファッションと思想の雑誌「SALE2(セール・セカンド)」の編集長をつとめる。
1995年、「起爆者」で小説家デビュー。1999年、『ヴァイブレータ』が第120回芥川賞(1998年下半期)の候補となる。2000年、『ミューズ』が第122回芥川賞(1999年下半期)の候補となる。『ミューズ』、第22回野間文芸新人賞受賞。2003年、『ヴァイブレータ』は廣木隆一監督、荒井晴彦脚本、寺島しのぶ主演で映画化された。2012年、『東京プリズン』により第66回毎日出版文化賞、第16回司馬遼太郎賞受賞。2013年、同作により第23回紫式部文学賞受賞。
現在、文化学院総合芸術学科文芸コース講師を務める。

受賞歴

赤坂真理関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

赤坂真理関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

pine__island赤坂真理さんの #東京プリズン を読んだ。「私の家には何か隠されたことがある」という感覚は私より若い、戦争体験者と身近に接する機会のなかった世代も感じているのだろうか?小説の主人公と同じく私自身も被爆国で敗戦国である自分の国(小説… https://t.co/9m8LnwKpjg
naomi_f_u赤坂真理でさえ、原爆がなぜドイツじゃなくて日本へ落とされたのかとか… ナチスはその時点、すでに敗戦していたのが痛烈な歴史的事実。
IzutaroManagi『石牟礼道子と出逢う PART2』が座・高円寺で催されました。藤原書店の主催。作家の赤坂真理さん、写真家の大石芳野さん、歌手の米良美一さんらが出演。石牟礼道子さんとの思い出や、追悼の言葉が語られました。 https://t.co/jEtXJUAgiY
SAC_soka赤坂真理『愛と暴力の戦後とその後』講談社現代新書「戦後レジームからの脱却」を掲げるアベ政治だが、脱却すべき戦後日本とは何だったのか。本書は作家が自分史を振り返りながら戦後日本の特色を「愛と暴力」と読み解く。建前は時として暴力と機能する。建前さえ一切ないアベ政治はむき出しの暴力だ
takashifushino2さっきの「中学生のときの自分とやりとりする」っていう投稿の趣向は赤坂真理さんの『東京プリズン』の影響だってさっき気付いた のは風呂に入ったからだと思う 風呂でぼんやり考えていた コミュ障というものについて
mitiyukutoki今日も雨朝から赤坂真理の評論を読んでいた勝者の論理、排除からの連想などいろいろ勉強になった彼女は、現在の野党支持の少なさは日本の将来の物語を、野党が語れないからだという誰にも物語はあるし人は指導者に物語を求めているそれが期待に反する物語でもだなるほどと思う
taka_hochi赤坂真理さんは自著『愛と暴力の戦後とその後』で、オウムの組織と精神構造が旧日本軍のそれと酷似している点を指摘している。自分がオウムに感じていた卑近さ、俗っぽくさの理由がわかった気がした。https://t.co/m10F5Yv3F7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
赤坂真理さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)