トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松波太郎

松波太郎

松波太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松波 太郎(まつなみ たろう、1982年6月28日 - )は日本の小説家、臨床家。三重県出身。高校時代、スペインにサッカー留学の経験がある。大東文化大学中退。北京外国語大学中退。宇都宮大学卒業。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。4校の大学に2年ずつ計8年間通っていた。
2008年、「廃車」で第107回文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。2009年、サッカーを題材とした「よもぎ学園高等学校蹴球部」で第141回芥川賞候補。2013年、「LIFE」で第150回芥川賞候補。2014年、単行本『LIFE』で第36回野間文芸新人賞を受賞。2016年、「ホモサピエンスの瞬間」で第154回芥川賞候補。
2018年、「10年間お世話になった商業雑誌の場から離れて、活字にこだわらない小説の道へと進む」とし、自身の治療院を開設し、後進の育成と、サッカースクールのコーチも務める。
=
*『よもぎ学園高等学校蹴球部』(2009年、文藝春秋)
**「廃車」(『文學界』2008年12月号)
**「よもぎ学園高等学校蹴球部」(『文學界』2009年5月号)
*『LIFE』(2014年、講談社)
**「東京五輪」(『すばる』2012年5月号)
**「西暦二〇一一」(『文學界』2012年8月号)
**「LIFE」(『群像』2013年7月号)
*『ホモサピエンスの瞬間』(2016年、文藝春秋)
**「ホモサピエンスの瞬間」(『文學界』2015年10月号)
*『月刊「小説」』(2016年、河出書房新社)
**「アーノルド」(『群像』2009年5月号)
**「関誠」(『すばる』2010年6月号)
**「五臓文体論」(『すばる』2014年9月号)
**「月刊「小説」」(『文藝』2016年夏季号)

受賞歴

松波太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松波太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

e_k_s_s_k松波太郎さんによる鍼灸院「豊泉堂」の体験のことばページに感想の絵を描きましたhttps://t.co/YwscdRWPZH鍼もお灸も初めてで少し怖かったですが、あまり痛みはなく不思議な感じでした。3月頃埼玉に開院予定です。体験… https://t.co/pNpoAEQtYi
macha_hiko松波太郎さんどういうこと!?!?!? https://t.co/mI6jFZgd8I
question4s独自の身体感覚と、ユーモア溢れる世界観、すっとぼけた登場人物を据え、佳作を送り出してきた小説家・松波太郎さんが、さいたま市内で鍼灸院を開くと知る。商業雑誌からは離れても、異なる形で「小説」に関わり続けるという、これからの歩みを応援… https://t.co/CyBAu5BUzz
iidukumanto鍼灸医になった松波太郎先生は仕掛人梅安のように必殺のツボを刺してアベとその一派を処刑してもらいたい。
takoguchiyusho松波太郎さんが来年さいたま市に開院する鍼灸院、豊泉堂(ほうせんどう)さんのホームページに「体験のことば」を書きました。「院長の元職場の同僚」たちが寄せた「体験のことば」コーナーだけ文芸誌のようなページに……。https://t.co/uosIywRePc
aokijungo松波太郎さんの治療院のこちらのページで感想。https://t.co/6crqKM7DtV 続々と「ことば」が寄せられています。
ohta_yasuhisa作家としても人としても敬愛している松波太郎さんが北浦和駅近くに「さいたまのハリとお灸」の豊泉堂(https://t.co/MNHLW8Qkck)を2019年2月予定で開院されるそうです。そのHPに僕も「体験のことば」を寄せました。https://t.co/7wg40Se4qj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松波太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)