トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松波太郎

松波太郎

松波太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松波 太郎(まつなみ たろう、1982年6月28日 - )は日本の小説家、臨床家。三重県出身。
高校時代、スペインにサッカー留学の経験がある。大東文化大学中退。北京外国語大学中退。宇都宮大学卒業。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。4校の大学に2年ずつ計8年間通っていた。
2008年、「廃車」(「革命」を改題)で第107回文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。2009年、サッカーを題材とした「よもぎ学園高等学校蹴球部」で第141回芥川賞候補。2013年、「LIFE」で第150回芥川賞候補。2014年、単行本『LIFE』で第36回野間文芸新人賞を受賞。2016年、「ホモサピエンスの瞬間」で第154回芥川賞候補。
2018年、「10年間お世話になった紙の媒体から一度離れて、活字にこだわらない小説の道へと進む」とし、自身の治療院を開設し、後進の育成と、サッカースクールのコーチも務める。

受賞歴

松波太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松波太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ohta_yasuhisa松波太郎さんには陰に陽に様々な局面で助けていだだきました。感謝です。『ODD ZINE vol.4』では松波さんと町屋良平さんの対談を掲載。松波さんのおそるべき底知れなさ、世界の事物への平等かつ鋭いまなざしの一端が垣間見られる… https://t.co/ToVM28ToWQ
Asimov0803ページも増えて前号よりさらに混沌味が増した「ODD Z INE Vol.4」豪華すぎる執筆陣にちゃっかり混じってコラムを寄稿、さらに松波太郎さんと町屋良平さんが「書く事」と「身体」を談じた面白すぎる対談の構成を担当しました。取扱店… https://t.co/N81RjWHJll
ShibasakiTomokaそういえばこないだのイベントで言い忘れたけど、松波太郎さんは徐福の話の続きは書かれないのだろうか。 https://t.co/CVBwMDZb3r
cori_uno発売中の『ODD ZINE vol.4』にて松波太郎さんとの対談(主に「文」と「体」についてなど)、アンケート企画に参加しています。購入方法、詳細などは太田靖久さんのnote(https://t.co/UvaC3GEGB1)並びに… https://t.co/Bsi7FobfcL
cotonohajpコトノハメディア135で『言葉と身体』を連載してくださった作家松波太郎氏と、芥川賞作家町屋良平氏の対談が収録された『ODD ZINE vol.4』5月下旬発売。松波さんの治療院 豊泉堂でも取り扱いされます。@ho_sendo https://t.co/lSdNUXC3hk
languagelabroomその言葉が生きた身体から発せられていることに思いが及ぶかどうか。「募っているが募集はしていない」的な言葉は身体性を意図的に切断したものに思えます。生きた身体に目を向けなさいよ。読みなさいよ、松波太郎さんを、西加奈子さんを、町屋良平さんを、今村夏子さんを。と言いたくなる。(矢野)
yk_yosuke司馬遼太郎「国盗り物語・一」読了。国主になりたいものだ、松波庄九郎は呟いた。武能を持つ多芸多能の男は奈良屋を乗っ取り、油屋の巨万富を得る。次に美濃国盗りを画策、土岐家に仕官も好機を待つ。陰謀こそこの男の生き甲斐、美濃国主を越前に追う。遂に美濃国宰に上り詰める、更に人生は変転する。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松波太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)