トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松波太郎

松波太郎

松波太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松波 太郎(まつなみ たろう、1982年6月28日-)は日本の小説家。三重県出身。高校時代、スペインにサッカー留学の経験がある。大東文化大学中退。北京外国語大学中退。宇都宮大学卒業。一橋大学大学院言語社会研究科修士課程修了。4校の大学に2年ずつ計8年間通っていた。
2008年、「廃車」で第107回文學界新人賞を受賞し小説家デビュー。2009年、サッカーを題材とした「よもぎ学園高等学校蹴球部」で第141回芥川賞候補。2013年、「LIFE」で第150回芥川賞候補。2014年、単行本『LIFE』で第36回野間文芸新人賞を受賞。2016年、「ホモサピエンスの瞬間」で第154回芥川賞候補。
=
*『よもぎ学園高等学校蹴球部』(2009年、文藝春秋)
**「廃車」(『文學界』2008年12月号)
**「よもぎ学園高等学校蹴球部」(『文學界』2009年5月号)
*『LIFE』(2014年、講談社)
**「東京五輪」(『すばる』2012年5月号)
**「西暦二〇一一」(『文學界』2012年8月号)
**「LIFE」(『群像』2013年7月号)
*『ホモサピエンスの瞬間』(2016年、文藝春秋)
**「ホモサピエンスの瞬間」(『文學界』2015年10月号)
*『月刊「小説」』(2016年、河出書房新社)
**「アーノルド」(『群像』2009年5月号)
**「関誠」(『すばる』2010年6月号)
**「五臓文体論」(『すばる』2014年9月号)
**「月刊「小説」」(『文藝』2016年夏季号)

受賞歴

松波太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松波太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Bungakukai文學界6月号の書評は、川上未映子『ウィステリアと三人の女たち』(文月悠光評)、小山田浩子『庭』(鴻巣友季子評)、南木佳士『小屋を燃す』(友田健太郎評)、町田康『湖畔の愛』(松波太郎評)です。
kbyssybk2018/04/10本番07ホモサピエンスの瞬間松波太郎
aktagawa_senpyo[154A] 落選● 松波太郎「ホモサピエンスの瞬間」 - 評・小川洋子「他人の体に触れつつ、計らずも相手の心の声と交流してしまう設定は、次の作品につながる可能性を秘めている。」 https://t.co/fZepRwWsbi
MihiroHavブログを更新しました。……が、ちゃんとできていません汗。何故か改行が反映されず表示が崩れていますが、この「ままならさ」みたいなものも含めて、「言葉」なのだろうか笑。ちゃんとでくぃている? でくぃない? ー松波太郎「故郷」https://t.co/xFHRjjkDQZ
bensey_eigyo【月刊「小説」/松波 太郎】松波太郎さんの『月刊「小説」』を読了。これまでの作品はかなり緩めでしたが、今回は「小説」そのものを、やはり緩くではありますが、考察しようと試みたような作品でした。併録… → https://t.co/om61Dvv86Z #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
松波太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)