トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 戌井昭人

戌井昭人

戌井昭人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

戌井 昭人(いぬい あきと、1971年10月22日 - )は、日本の俳優、劇作家、小説家。祖父は文学座代表を務めた演出家の戌井市郎。
東京都調布市出身。1995年、玉川大学文学部演劇専攻卒業。同年、文学座付属研究所に入所。翌年に文学座研究生に昇進し12月に退所。1997年に牛嶋みさをらとともにパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を旗揚げし、脚本も担当している。
2008年に「新潮」に発表した『鮒のためいき』で小説家デビュー。2009年に小説『まずいスープ』で第141回芥川龍之介賞および第31回野間文芸新人賞の候補になる。2011年に『ぴんぞろ』で第145回の芥川龍之介賞候補、2012年に『ひっ』で第147回の芥川龍之介賞候補、2013年に『すっぽん心中』で第149回芥川龍之介賞候補、第40回川端康成文学賞受賞。2014年に『どろにやいと』で第151回芥川龍之介賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。2016年に『のろい男 俳優・亀岡拓次』で第38回野間文芸新人賞受賞。
*『まずいスープ』(2009・新潮社)のち文庫
*『八百八百日記』(2009・創英社)
*『ただいま、おかえりなさい』(2009・ヴィレッジブックス)
*『俳優・亀岡拓次』(2011・フォイル)のち文春文庫
*『ぴんぞろ』(2011・講談社)
*『松竹梅』(2012・リトルモア)
*『ひっ』(2012・新潮社)
*『どろにやいと』(2014・講談社)
*『のろい男 俳優・亀岡拓次』(2015・文藝春秋)
*『酔狂市街戦』(2016・扶桑社)
*『ゼンマイ』(2017・集英社)

受賞歴

戌井昭人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

戌井昭人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ayalaugh文学座アトリエの会「いずれおとらぬトトントトン」千秋楽を滑り込みで観劇。脚本は戌井市郎先生のお孫さん、戌井昭人さん。演出は所奏さん。彼ら世代が台頭してきて、ますます文学座の上演作品の幅が広がっている感じがした。
book_title_bot『ひっ』(戌井昭人 新潮社 9784103178224)
fumiko_kawazoe文学座アトリエで戌井昭人作×所奏演出「いずれおとらぬトトントトン」。「カッコーの巣の上で」を64年東京五輪前夜の日本に置き換えた戯曲、登場人物は落語の長屋の連中(ほぼ全員が与太郎)みたい、亀田明佳演じる男は規則で窒息しそうな世界の… https://t.co/kqcRG08glv
F4MSdRnM5O3s0CC「ひっ」戌井昭人とことん嫌気が差しつつも、まあしょうがいなぁと結局許してしまいそうなクセと人間力が強い面々が織り成す人情話。平成の世にしてこういう風来坊な生き方は難しく、つまりそれを描くことも難しい訳で、こんな気をてらわず面白く… https://t.co/ZxTWYBv1Gh
Gekidan_Guide演劇:文学座アトリエの会「いずれおとらぬトトントトン」 現代社会の諸相を一刺し=評・濱田元子 毎日新聞 アトリエという実験の場は、はじけた試みがよく似合う。「青べか物語」に続く、戌井昭人の文学座アトリエの会への書き下ろし。諧謔… https://t.co/YUKp0Rywon
itemon2001@ishikawakoji おはようございます。本日付読売新聞朝刊文化面の「本よみうり堂」にて『懐かしの空き缶大図鑑』の書評(戌井昭人様)拝見。興味津々です。益々のご活躍を。
aduma_leo_hiro文学座アトリエの会「いずれおとらぬトトントトン」をマチネで。作:戌井昭人 演出:所奏#文学座アトリエの会 #いずれおとらぬトトントトン #戌井昭人 #所奏 https://t.co/3ICdTQSC82
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)