トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 戌井昭人

戌井昭人

戌井昭人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

戌井 昭人(いぬい あきと、1971年10月22日 - )は、日本の俳優、劇作家、小説家。祖父は文学座代表を務めた演出家の戌井市郎。
東京都調布市出身。1995年、玉川大学文学部演劇専攻卒業。同年、文学座付属研究所に入所。翌年に文学座研究生に昇進し12月に退所。1997年に牛嶋みさをらとともにパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を旗揚げし、脚本も担当している。
2008年に「新潮」に発表した『鮒のためいき』で小説家デビュー。2009年に小説『まずいスープ』で第141回芥川龍之介賞および第31回野間文芸新人賞の候補になる。2011年に『ぴんぞろ』で第145回の芥川龍之介賞候補、2012年に『ひっ』で第147回の芥川龍之介賞候補、2013年に『すっぽん心中』で第149回芥川龍之介賞候補、第40回川端康成文学賞受賞。2014年に『どろにやいと』で第151回芥川龍之介賞候補、第36回野間文芸新人賞候補。2016年に『のろい男 俳優・亀岡拓次』で第38回野間文芸新人賞受賞。
*『まずいスープ』(2009・新潮社)のち文庫
*『八百八百日記』(2009・創英社)
*『ただいま、おかえりなさい』(2009・ヴィレッジブックス)
*『俳優・亀岡拓次』(2011・フォイル)のち文春文庫
*『ぴんぞろ』(2011・講談社)
*『松竹梅』(2012・リトルモア)
*『ひっ』(2012・新潮社)
*『どろにやいと』(2014・講談社)
*『のろい男 俳優・亀岡拓次』(2015・文藝春秋)
*『酔狂市街戦』(2016・扶桑社)
*『ゼンマイ』(2017・集英社)

受賞歴

戌井昭人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

戌井昭人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

book_title_bot『ひっ』(戌井昭人 新潮社 9784103178224)
rooftop1976戌井昭人の想い出の音楽番外地 第四十三回 「秋に感傷を深めるのに相応しいマリア・ベターニアの歌声」とにかくこの時期は、少しでも感傷的な気分になってきたら、そのまま、ずぶずぶ感傷を味わっていこうじゃないか、と思うのです。 - コラム… https://t.co/FRJ8kjoc7Q
consaba書評・戌井昭人「個人的には、加藤武さん、中村嘉葎雄さんが好きな役者だったので嬉しかったが、読んでいるうちに、知らなかった側面を知り、好きになった役者も沢山いた。」https://t.co/8g2G3UqmM9 https://t.co/ISOWZdEDIi
75bs『すべての道は役者に通ず』春日太一 著 評・戌井昭人(作家) : 書評 : 本よみうり堂 : ライフ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)https://t.co/oqmup34MP8
BookBang_jp本書では寅さんが自身の出生を語っている。調子の良いあの口調も健在、目の前に寅さんがいるように語られていく―― 『悪童 小説 寅次郎の告白』https://t.co/VsJZw1Zm60[レビュアー] 戌井昭人
Namimagazine戌井昭人著『ひっ』の評者は坪内祐三さん!/テキトーに生きろ/現代の「教養小説」(波2012年9月号)https://t.co/FCipvvRAGJ
pumi1155397『戦争と平和』を職場に置いてきてしまったので、戌井昭人『ぴんぞろ』と岡崎祥久『ctの深い川の町』を再読した。両方ともとても好き。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)