トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田修一

吉田修一

吉田修一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。
長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。
1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川龍之介賞候補。2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞。同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。
若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2016年、芥川龍之介賞の選考委員に就任。

吉田修一新刊

  • 発売日
    2017年12月25日
  • 書名
    愛に乱暴 上 (新潮文庫)
  • 発売日
    2017年12月25日
  • 書名
    愛に乱暴 下 (新潮文庫)
  • 発売日
    2017年12月13日
  • 書名
    怒り (下)

受賞歴

吉田修一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉田修一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

change_meigen誰にでも優しいっていうのは、 誰にもやさしくないのと 同じじゃないかな? by 熱帯魚、吉田修一
good123gold1吉田修一 『パレード』闇、闇、闇、病み。よくも悪くも、えーーって感じ(語彙力…)吉田修一さんですけど純文学じゃないので純文学苦手な方もぜひ。
aktagawa_senpyo[124A] 落選● 吉田修一「熱帯魚」 - 評・河野多恵子「設定あるいは作中の出来事に弱点があるせいか、手応えが充分ではない。」 https://t.co/fZepRwWsbi
sa__yo_u_na_ra【読了】「春、バーニーズで」作:吉田修一 (文藝春秋)都会の春の心地よい気だるさと、ほんの少しだけ日常から外れたものが揺れる短編集。小説も間にある写真も私の好きな春の危ういけど柔らかい空気に似ていた。早くこの季節がまた来ますよ… https://t.co/N4sqahfPW0
hit4boy吉田修一『静かな爆弾』聴力にハンディキャップのある女性と、テレビ局に勤務する男性が織り成す恋愛小説。男性をありがちな庇護者として描いておらず、湿度が極めて少ない作品です。なにより、音で隔絶された二人の出会いのシーンが素晴らしいです。https://t.co/K4VAkSQYQq
deai_cあなたねぇ、結局、 ぜんぶ途中で投げ出してるのは、 自分のほうよ。 投げ出されたところで 終わりだなんて 考えてるから駄目なのよ。 男と女はねぇ、 投げ出されたところからしか 始まらないんだから。 by 日曜日たち、吉田修一
kaminogi_syun『パーク・ライフ』/吉田修一 を読み終えました。文章が軽いにも関わらず、造形や滋味がかなり深い。さわやかさとちょっとした不気味さを感じさせる秀作でした。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田修一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)