トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田修一

吉田修一

吉田修一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。
長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。
1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川龍之介賞候補。2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞。同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。
若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2016年、芥川龍之介賞の選考委員に就任。

吉田修一新刊

  • 発売日
    2017年11月5日
  • 書名
    犯罪小説集 (角川ebook)
  • 発売日
    2017年10月2日
  • 書名
    泣きたくなるような青空 (翼の王国books)
  • 発売日
    2017年10月2日
  • 書名
    最後に手にしたいもの (翼の王国books)

受賞歴

吉田修一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉田修一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

change_meigen誰にでも優しいっていうのは、 誰にもやさしくないのと 同じじゃないかな? by 熱帯魚、吉田修一
boobookwords大切に育てるということは「大切なもの」を与えてやるのではなく、その「大切なもの」を失った時にどうやってそれを乗りこえるか、その強さを教えてやることではないのだろうか。(『横道世之介』吉田修一p364)
hit4boy吉田修一『東京湾景』携帯サイトで知り合ったワークスタイルもライフスタイルも違う二人。東京湾を挟んだ品川埠頭とお台場で展開されるラブストーリー。恋しくて愛おしくてといった胸焦がれるほどの思いを感じない、どこか乾いたところがリアルです。https://t.co/loGmjeLTS8
kentaaab吉田修一の本は『怒り』も良いけれど、『悪人』が一番好き。『怒り』は女性的視点で『悪人』は男性的な視点な気がする。
yaemikez5映画「怒り」には、原作者の吉田修一も驚いた「息継ぎなしで観せられたようで圧倒された」https://t.co/wTQMxbkZ5G
aokuma18民衆の敵ってドラマの一話を今更みたんだけど、河原田市長、ってきいたことがある。福島市市長に昔いたんじゃないかなあ。戸籍に書いてあったような。モノゴコロついたときは吉田修一だったし、かなり長かったし、その後は瀬戸・小林だけど。駅の地下道臭くて通れないから自由道路期待してたのにな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田修一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)