トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田修一

吉田修一

吉田修一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。
長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。
1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川龍之介賞候補。2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞。同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。
若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2016年、芥川龍之介賞の選考委員に就任。

吉田修一新刊

  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた: NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。 (NHKネコメンタリー 猫も、杓子も。)
  • 発売日
    2019年2月25日
  • 書名
    続 横道世之介
  • 発売日
    2019年2月20日
  • 書名
    続 横道世之介

受賞歴

吉田修一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉田修一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

boobookwords大切に育てるということは「大切なもの」を与えてやるのではなく、その「大切なもの」を失った時にどうやってそれを乗りこえるか、その強さを教えてやることではないのだろうか。(『横道世之介』吉田修一p364)
SyoCinema「犯罪小説集」読了。運命に翻弄され、罪を犯した人々の光と闇を描く5編の物語。「悪人」「怒り」吉田修一さんの作品は、正と邪の相克が秀逸だ。日常の中に、他者との関係に、均衡を壊す引き金は潜んでいる。環境が、人を壊すのだ。あち… https://t.co/YSbzcueBc2
qmaLSbot3、次のうち、作家・吉田修一の小説を1つ選びなさい○ 女たちは二度遊ぶ、パレード、パークライフ、悪人、横道世之介× スイートリトルライズ、光媒の花、真昼なのに昏い部屋、後悔と真実の色、草祭、ラットマン、夜市
INYS_bot豆知識 稲吉と芥川賞受賞ゲイ小説家の吉田修一は同郷出身で、親交がある。
18second_chage誰にでも優しいっていうのは、 誰にもやさしくないのと 同じじゃないかな? by 熱帯魚、吉田修一
tomgumi昨日買ったばかりの本を浅めのポッケに入れていたら落としてしまった。井の頭線で吉田修一さんの作家と一日という本が落ちていたらそれは私のです。よかったら読んで見てください。
hit4boy吉田修一『最後の息子』著者のデビュー作です。収録作三篇ともに趣きが随分と違いますが、共通するのは、現実に目を背けている人が登場すること。何気ない日常の風景に、ネガティブなものを投じると、かえって忘れがたい物語に変じるから不思議です。https://t.co/FACDefNRTy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田修一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)