トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田修一

吉田修一

吉田修一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。
長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。
1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川龍之介賞候補。2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞。同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。
若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2019年、『国宝』で第69回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2016年、芥川龍之介賞の選考委員に就任。

吉田修一新刊

  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた: NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。 (NHKネコメンタリー 猫も、杓子も。)
  • 発売日
    2019年2月25日
  • 書名
    続 横道世之介
  • 発売日
    2019年2月20日
  • 書名
    続 横道世之介

受賞歴

吉田修一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉田修一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kawadesita又吉の『火花』が好きじゃない人は、たとえばわたしが大好きな芥川賞作家の津村記久子の『君は永遠にそいつらより若い』とか、あとは、舞城王太郎の『好き好き大好き超愛してる』とか松尾スズキの『宗教が往く』とか吉田修一の『最後の息子』とか保坂和志の『プレーンソング』はどうなのか気になる。
on_your_side_青春時代に世之介と出会わなかった人がこの世には大勢いるのかと思うと、なぜか自分がとても得をしたような気持ちになってくる。(吉田修一『横道世之介』)
taideomou吉田修一『横道世之介』の続編が発売https://t.co/Lmkvzntwq293年。主人公の世之介は、バイトとパチンコで食いつなぐ24歳、彼の周りには鮨職人を目指す女友達、大学時代からの親友、美しきヤンママとその息子。世之… https://t.co/js6vvNAq8I
komochi2konbu作家の吉田修一さんといえば「悪人」とか「怒り」とか激しい感情に心を揺さぶられる作品もすごく好きだけど長編だと「横道世之介」とか短編だと「パレード」とか何気ない日常が楽しめる小説もすごく好き。あ〜いい本だな〜上手だな〜と思… https://t.co/zY1nslzM6D
yakinikuzombie【続 横道世之介/吉田 修一】前作を読んでから時間が経ちすぎて、横道世之介が頼りなくて善良な人間だった事しか覚えてなかったけど、続編もとにかく頼りなくて善良な男でした。周りの人間の記憶に残るなん… → https://t.co/Zw0kFc27DE #bookmeter
jun_valvatos@shi_k46 吉本ばなな デッドエンドの思い出吉田修一 パレードメジャーだけど少し前の。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田修一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)