トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田修一

吉田修一

吉田修一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 修一(よしだ しゅういち、1968年9月14日 - )は、日本の小説家。
長崎市出身。長崎県立長崎南高等学校、法政大学経営学部卒業。大学卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。
1997年、「最後の息子」で、第84回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で、第117回芥川龍之介賞候補。2002年、『パレード』で、第15回山本周五郎賞を受賞。同年には「パーク・ライフ」で、第127回芥川龍之介賞を受賞。純文学と大衆小説の文学賞を合わせて受賞したことで話題になった。
若者の都市生活を描いた作品が多かったが、殺人事件を題材にした長編『悪人』で2007年に第61回毎日出版文化賞と第34回大佛次郎賞を受賞。2010年、『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。2019年、『国宝』で第69回芸術選奨文部科学大臣賞と第14回中央公論文芸賞を受賞。2016年、芥川龍之介賞の選考委員に就任。
台湾へたびたび渡航し同地を舞台とした長編『路(ルウ)』を執筆するなど台湾好きを自認し、台湾でも絶大な人気を誇る。
「金ちゃん」ことベンガルの金太郎と「銀ちゃん」ことスコティッシュフォールドの銀太郎の2匹のネコとともに生活する愛猫家であり、2017年にはNHK Eテレのドキュメンタリー番組『ネコメンタリー 猫も、杓子も。』に愛猫と出演した。

吉田修一新刊

  • 発売日
    2020年3月16日
  • 書名
    長崎 コレクションIV (Shuichi Yoshidaコレクション)
  • 発売日
    2020年1月16日
  • 書名
    犯罪 コレクションIII (Shuichi Yoshidaコレクション)

受賞歴

吉田修一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉田修一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy吉田修一『森は知っている 』凄惨な幼少期を経た結果、日々、過去を断ち切ることでしか精神の平衡を保でない主人公。謀略ものとして、キャラクターたちの行動にもう少し緻密さが欲しくはありますが、主人公のナイーブさや恋愛模様は吉田流ですね。https://t.co/hRomrPBBcE
starfishghostもちろん吉田修一さんの「悪人」も好き。吉田作品の中で最初に読んだ一作だったと思います。映画化の際キャストが載ったカバーに惹かれて手に取ったミーハー。
ChodoHashiAudibleで「悪人」(吉田修一)を聴き始めた。
kurotuki_2横道世之介横道 世 之介 よこみち よのすけ 長崎県を舞台 吉田修一 https://t.co/PBHXUZdOyP
tmk6781#名刺がわりの小説10選パレード(吉田修一)Iの悲劇(米澤穂信)落下する夕方(江國香織)火のないところに煙は(芦沢央)Q &A(恩田陸)コンビニ人間(村田沙耶香)ナイルパーチの女子会(柚木麻子)ゼロハチ、ゼロナナ… https://t.co/XoahcuxP12
mkaoto55吉田修一のパレード、久しぶりに読みたい。読みたい。読みたい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田修一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)