トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 飯尾憲士

飯尾憲士

飯尾憲士さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

飯尾 憲士(いいお けんし、1926年8月21日 - 2004年7月26日)は、日本の小説家。大分県竹田市生まれ。父は朝鮮民族。
陸軍士官学校に入学するも、終戦のため中途退学。第五高等学校文科卒。業界誌編集などの後、文筆業。1964年「炎」(『詩と真実』)で芥川賞候補、『文學界』に転載される。1975年初の著書を刊行、1978年父の秘密を描いた「海の向うの血」ですばる文学賞佳作。1980年「ソウルの位牌」で、1981年「隻眼の人」で芥川賞候補、1982年、敗戦直後の軍人の自決を描いた『自決』が直木賞候補となり注目される。以後、軍人や朝鮮民族の血を描いた小説を発表した。
*孤高 伝統を守る人と技と エルム 1975
*ソウルの位牌 集英社 1980 のち文庫
*自決 森近衛師団長斬殺事件 集英社 1982 のち文庫、光人社NF文庫
*艦と人 海軍造船官八百名の死闘 集英社 1983 のち文庫
*隻眼の人 文藝春秋 1984
*島に陽が昇る 元陸軍参謀飯尾町長と町民の記録 PHP研究所 1984 のち集英社文庫
*開聞岳 爆音とアリランの歌が消えてゆく 集英社 1985 のち文庫
*五高生殺人 思いや狂う 集英社 1986
*魂へ 文藝春秋 1988
*静かな自裁 文藝春秋 1990
*怨望 日本人の忘れもの エッセイ集 蝸牛社 1993
*平松守彦のヤル気を起こす(構成)中経出版 1994
*【手偏に合+辛】抬【手偏に合+辛】【拘+口】(さむはら) 集英社 1994 ISBN 4087741036
*一九四〇年釜山 文藝春秋 1995
*殺意 集英社 1997
*毒笑 遺稿集 集英社 2004

受賞歴

飯尾憲士関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

飯尾憲士関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kijibato_hato与えた「宮城事件」、後半が「川口放送所占拠事件」となる。本書を読み終えて、何点か思うところがあった。①『自決』の著者・飯尾憲士が、森近衛第1師団長および白石第2総軍参謀の殺害事件について、実行犯として関与している窪田を問いただすのだが、これをひた隠しにしたい窪田は、 続)
yuzukoseuGさらに畑中については戦後遺族の強い要望による死体検案書が公表されている。『自決』(飯尾憲士)に一部があるが、とても頭部を撃ち抜いた拳銃自決と思えぬ内容である。これも怪談ミステリー好きにはたまらぬエピソードだろう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
飯尾憲士さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)