トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒田夏子 > abさんご

abさんご(黒田夏子)

abさんご(著者:黒田夏子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:abさんご
  • 著者:黒田 夏子
  • ページ数:128
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163820000
  • ISBN-13:9784163820002

abさんご関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.3.10 【話の肖像画】作家・黒田夏子(76)(1)この年齢になると何でもすごく気楽

    《75歳という史上最高齢で芥川賞に選ばれたのが昨年1月。受賞決定後の会見で語った「生きているうちに見つけてくださいまして本当にありがとうございました」は話題を呼び、固有名詞を排し全文横書きでつづられた受賞作「abさんご」も版を重ねた。だが、当の本人は以前と変わらず、静かに、真摯(しんし)に言葉と向き合う日々を過ごしている》

  • 2013.12.31 黒田夏子さん 長編を出版

    史上最高齢で2月に芥川賞を受賞した黒田夏子さん(76)が、長編『感受体のおどり』(文芸春秋)を出版した。本来は1970年から14年かけて書き継いだ小説という。

  • 2013.12.24 【回顧2013】文芸

    現実を受け止める・打ち破る

abさんご関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_3さんごabさんご 黒田夏子 芥川賞 https://t.co/3UYslSkY2z
mi0_book黒田夏子さんと川上未映子さんの往復書簡を読んだ。難しくて とうてい理解には及ばないけれど おふたりの間に漂う流れるような文体の交換が読んでいて心地よく なんども繰り返し読んだ。黒田さんの作品はまだ読んだことがないので 是非読みたいと思う。『abさんご』と『組曲 わすれこうじ』。
kamigatadays黒田夏子さんのabさんごを読んだ。今さら感があるけれど、片付けをしていて、掲載された文藝春秋が出てきて、そういえば途中で投げ出してたな、と。再度読み初めても、サラサラと読めずなかなか苦労をしたけれど、分かりにくいなりに一回通して読んでみて、再度読んでみると、内容が入ってきた。
akutagawa_syou二つの書庫と巻き貝状の小べやのある「昭和」の家庭で育ったひとり児の運命。記憶の断片で織りなされた、夢のように美しい世界。芥川賞受賞作『abさんご』黒田夏子
__Blurry_何気ない想念や感覚、そこにある関係性を他者の想像力に委ねることなく文字で書き尽くそうとした結果黒田夏子先生はabさんごに至ったのだろうな、だからそれを理解できない人は「大したこと書いてない」「話が進まない」のような感想になるのだろうな、今完全に納得した……。
booklogjp『abさんご』で芥川賞受賞後初となる新作小説集。節句のひながた、骰子、絵葉書、ミニチュアの動物…幼年の心に刻まれた密やかな歓びが、連なる言葉のリズムで美しく再生されていく。7年の歳月を経てつづられた作品群。黒田夏子さん『組曲… https://t.co/KqVZ79E9KS
kisholibrary横書き、固有名詞なし、芥川賞受賞|『abさんご』黒田夏子 文藝春秋 https://t.co/Ii0ZGxTzCn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)