トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒田夏子 > abさんご

abさんご(黒田夏子)

abさんご(著者:黒田夏子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:abさんご
  • 著者:黒田 夏子
  • ページ数:128
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163820000
  • ISBN-13:9784163820002

黒田夏子新刊

  • 発売日
    2018年5月24日
  • 書名
    皆川博子の辺境薔薇館: Fragments of Hiroko Minagawa
  • イラストレーター
    林由紀子

abさんご関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.3.10 【話の肖像画】作家・黒田夏子(76)(1)この年齢になると何でもすごく気楽

    《75歳という史上最高齢で芥川賞に選ばれたのが昨年1月。受賞決定後の会見で語った「生きているうちに見つけてくださいまして本当にありがとうございました」は話題を呼び、固有名詞を排し全文横書きでつづられた受賞作「abさんご」も版を重ねた。だが、当の本人は以前と変わらず、静かに、真摯(しんし)に言葉と向き合う日々を過ごしている》

  • 2013.12.31 黒田夏子さん 長編を出版

    史上最高齢で2月に芥川賞を受賞した黒田夏子さん(76)が、長編『感受体のおどり』(文芸春秋)を出版した。本来は1970年から14年かけて書き継いだ小説という。

  • 2013.12.24 【回顧2013】文芸

    現実を受け止める・打ち破る

abさんご関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

LS_slot_bot2013年に、第148回芥川賞を小説「abさんご」で受賞した女流作家は⇀黒田夏子(同一リール:桜木紫乃、辻村深月、藤野可織)
akutagawa_syou蓮實重彦東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞。さらに史上最高齢の75歳で芥川賞を受賞。記者会見では「生きているうちに見つけてくださいましてありがとうございました」と真摯に語り、話題となった衝撃の作品。『abさんご』黒田夏子https://t.co/tjAqJNzYvZ
kurotuki_3さんごabさんご 黒田夏子 芥川賞 https://t.co/3UYslSkY2z
MdITafu『abさんご』(文藝春秋) - 著者:黒田 夏子 - 栗原 裕一郎による書評 ALL REVIEWS #書評 https://t.co/VexKolFWfI
homme_libre_sns小説で言えば『abさんご』(黒田夏子,2013)の文章に、同じような清澄さ、かなしさを想起する。老いのかなしさは、老いの不要を意味しない。
ko10baそうだったのか,あけさえすればずっとここにいたのだったかとなっとくした者は,じぶんの長いうかつなおもいこみをやすらかにあきれていた『abさんご』黒田夏子
note_1023僕はマジで涙もろさが半端なくて、谷崎の「春琴抄」の佐助と春琴の墓の風景と描写が美しすぎて泣いたことある。黒田夏子の「abさんご」とかね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)