トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 黒田夏子 > abさんご

abさんご(黒田夏子)

abさんご(著者:黒田夏子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:abさんご
  • 著者:黒田 夏子
  • ページ数:128
  • 出版社:文藝春秋
  • ISBN-10:4163820000
  • ISBN-13:9784163820002

abさんご関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2014.3.10 【話の肖像画】作家・黒田夏子(76)(1)この年齢になると何でもすごく気楽

    《75歳という史上最高齢で芥川賞に選ばれたのが昨年1月。受賞決定後の会見で語った「生きているうちに見つけてくださいまして本当にありがとうございました」は話題を呼び、固有名詞を排し全文横書きでつづられた受賞作「abさんご」も版を重ねた。だが、当の本人は以前と変わらず、静かに、真摯(しんし)に言葉と向き合う日々を過ごしている》

  • 2013.12.31 黒田夏子さん 長編を出版

    史上最高齢で2月に芥川賞を受賞した黒田夏子さん(76)が、長編『感受体のおどり』(文芸春秋)を出版した。本来は1970年から14年かけて書き継いだ小説という。

  • 2013.12.24 【回顧2013】文芸

    現実を受け止める・打ち破る

abさんご関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_3さんごabさんご 黒田夏子 芥川賞 https://t.co/3UYslSkY2z
ogopogopogo黒田夏子「abさんご」のきゅうりの品種感は異常
akutagawa_syou二つの書庫と巻き貝状の小べやのある「昭和」の家庭で育ったひとり児の運命。記憶の断片で織りなされた、夢のように美しい世界。芥川賞受賞作『abさんご』黒田夏子
syufutosousaku黒田夏子さんはずっと同人畑で執筆を続け、75歳の2012年9月に「早稲田文学」に投稿した『abさんご』で早稲田文学新人賞を受賞、同作で翌年の芥川龍之介賞を受賞していらっしゃる。俺ちゃんにはまだ二十余年の猶予がある。
PLASTICLABEL05#宙希の好きな本『abさんご』黒田夏子美しく独特な文章で表現されたある少女の物語。例えば「りんごの皮」は“多肉果の紅いらせ状の皮”と書かれています。一瞬なんのことかわからないけど、少し考えるとすぐにわかる… https://t.co/oGe8yGmyWz
55mabou出版関係者でも横組日本語でカンマ・ピリオドを見ることは少なくなった。割と最近の有名どころでは黒田夏子の小説『abさんご』を思い出す。実は欧字や数字の後はテン・マルより見栄えがいい気がする。それにしてもピリを平気で半角にしてあるゲ… https://t.co/MH8lkNrn7b
1_jyoshiki19【文学】次の文学作品の作家はだれ?①『蜻蛉日記』②『蟹工船』③『abさんご』 ☆①藤原道綱母 ②小林多喜二 ③黒田夏子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)