トップページ > 公募新人賞一覧 > 早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

早稲田文学新人賞(わせだぶんがくしんじんしょう)は、早稲田文学会によって主催されている公募新人文学賞である。

第24回2012年(応募総数:391)

早稲田文学新人賞

第23回2010年

早稲田文学新人賞

第22回2009年(応募総数:131)

早稲田文学新人賞

早稲田文学新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

早稲田文学新人賞関連つぶやき

yurubngkbot早稲田文学新人賞早稲田文学会によって主催されている公募新人文学賞である。2008年の『早稲田文学』復刊とともに不定期ながら本賞も再開され、小説の1部門制、選考委員を各回1名のみとすると定められた。1984年(S59)~現在
akutagawa_syou蓮實重彦東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞。さらに史上最高齢の75歳で芥川賞を受賞。記者会見では「生きているうちに見つけてくださいましてありがとうございました」と真摯に語り、話題となった衝撃の作品。『abさんご』黒田夏子https://t.co/tjAqJNzYvZ
wasedabungaku【戯曲】松原俊太郎「光の中のアリス」昨年12月初演の話題作を全編掲載!【創作】中野睦夫「祭日」第25回早稲田文学新人賞受賞者、待望の新作。【論考】大久保智弘「狂気を内包する作家――岳真也と加賀乙彦の場合」https://t.co/5gDv1XYIJC
kaitou_ryaku代々木駅のあたりは文化的やなぁ。神保町ほど典型的ではないけれど、それが逆に良い。一浪して代々木に下宿を構えて、代ゼミに通い、早稲田の文学部に入って群像新人文学賞を取るのが理想の人生
sosaku_center藤田直哉さんにもいずれ来セいただきたいですね。お話にありました〝早稲田文学新人賞に送って、一次落ちした〟作品・「関誠」も、「カルチャーセンター」内にはそのまま掲載されております。賞デビューというものをお考えの方には、その点でも… https://t.co/4Nd19UuSmH
naoya_fujitaかつて、そのカルチャースクールにいたとき、松波太郎氏とぼくは、仲良く(?)早稲田文学新人賞に送って、一次落ちしたような(笑) その頃の話を、早稲田文学に書かせていただけて、運命の流れみたいなものに感慨深いです。
orionaveugle@kurageru 早稲田文学新人賞の黒田夏子さんが75歳、中野睦夫さんが78歳のデビューでしたね。ただ、問題は実年齢ではなく内容の若々しさで、この3人はテキストが良い意味でお若い。聖飢魔IIの創始者ダミアン浜田陛下も59歳、もと… https://t.co/LRNxFtbKIh
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)