トップページ > 公募新人賞一覧 > 太宰治賞

太宰治賞

太宰治賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

太宰治賞(だざいおさむしょう)は、三鷹市と筑摩書房が共同で主催する公募新人文学賞である。
第1回から第14回までは筑摩書房のみで行っていたが業績悪化に伴い休止、太宰治没50年の1999年より現在の形となり、年1回発表されている。受賞は選考委員の合議によって決定され、受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2008年実績)が授与される。
選考委員は津村記久子・荒川洋治・奥泉光・中島京子の4名。締め切りは12月10日。
純文学系の公募している新人賞には他に、文學界新人賞、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞などがある。

第28回2012年(応募総数:1212)

太宰治賞

第27回2011年(応募総数:1271)

太宰治賞

第26回2010年(応募総数:1412)

太宰治賞

第25回2009年(応募総数:1249)

太宰治賞

第24回2008年(応募総数:1090)

太宰治賞

第23回2007年(応募総数:774)

太宰治賞

第22回2006年(応募総数:1030)

太宰治賞

第21回2005年(応募総数:927)

太宰治賞

太宰治賞

第20回2004年(応募総数:962)

太宰治賞

第19回2003年(応募総数:863)

太宰治賞

以前のデータ(全データ一括表示

太宰治賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

太宰治賞関連つぶやき

hUfDIPfSm8swI41「どんでん返し」って太宰治賞では禁止なのかしら。が、太宰はよくやっていましたもの、あのお方には思想というものが丸きりないからでございます。
changpian「台湾語落語」をめぐるフィクションらしい。台湾華語ではなく台湾語?著者は「第28回太宰治文学賞応募最終候補に残る。現在、東京の日本語学校にて講師を務める」とのこと。 / “台湾および落語の!(仮) - 彩流社” https://t.co/dZaOIBzyL4
tamayura_wasabi太宰治賞に応募したのだ。二作目なのだ。あとは結果を待つのみなのだ。ナムナムなのだ。推敲しながら何回も泣いたのだ。思い入れのある作品なだけに、ロスを感じるのだ。やるべきことやったので、ワールドカップを楽しむのだ。
yamakage40@jbmy2a 太宰治賞ですか?素晴らしいです。
Ryu_creater太宰治賞に応募する原稿、無事完成。誤字脱字を最終チェックして、出します。 https://t.co/KfwiTO6sdk
emptymind_k2【0088】地元の山口県周南市では彼の名を冠した賞が創設されている、『小説新潮』の巻頭を飾った「酒場の太宰治」や「書斎の坂口安吾」を撮影した写真家は誰?林忠彦
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)