トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 栗林佐知

栗林佐知

栗林佐知さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

栗林 佐知(くりばやし さち、1963年 - )は、日本の小説家。
北海道札幌市生まれ、神奈川県育ち。1988年、富山大学人文学部人文学科(文化人類学コース)卒業。2002年、「私の券売機」で小説現代新人賞受賞(「券売機の恩返し」改題)。2006年、「峠の春は」で太宰治賞受賞(同作は「ぴんはらり」として単行本に所収)。
*『ぴんはらり』(筑摩書房 2007年1月)
*『はるかにてらせ』 (未知谷 2014年11月)

受賞歴

太宰治賞

第22回2006年

太宰治賞

栗林佐知関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

栗林佐知関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hinakoozaki寝る前に、栗林佐知さんの「夜の超音波」をさらさらと再読。物語って読んでいて面白いというか、次にどうなるの?この人どこへ行くの?というドライブが味わえる形式なんやなあと再確認する。夕方にバトラーの『アセンブリ』を読んでいた時の、… https://t.co/3ZfbbLjXOI
GuntouQ#2018年あなたが愛した人BEST20①【ライブ魔人】たわ彦
keity924栗林佐知さん@KuribayashiS の『はるかにてらせ』読了。何というか…本当に本当に読めて良かった!(語彙不足…)どの作品の主人公も生き辛さを抱えていて、月並だけどこれは自分なのではと思えて心が痛くなったり同志のような気持ち… https://t.co/YIm6IYzcZf
aino8表題作だけ読んだ栗林佐知『はるかにてらせ』もよかったな。文体が軽やかで少し痛みがあって、でもつづきを見届けたくなってしまった。
JUKUHOSHINO准看護学校での栗林佐知『はるかにてらせ』の授業終了。「恩人」の読み取りでは、深く読み取れる学生が多く、班での交流の内容が、例年より濃いものとなった。作品の一行一行に込められている意味を、深くとらえている方もいた。『デジタルでない本の良さ』を感じてくれた方も。授業をしてよかった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
栗林佐知さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)