トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 今村夏子

今村夏子

今村夏子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日 - )は、日本の小説家。広島県広島市安佐南区生まれ。
広島県内の高校を経て大阪の大学を卒業。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年、太宰治賞を受賞した。同作を改題した「こちらあみ子」と新作中篇「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。「こちらあみ子」には、子どもの頃の郷里の思い出も散りばめ、広島弁もさりげなく登場する。2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、半引退状態となっていた。
2016年、新創刊された書肆侃侃房の文芸誌〈たべるのがおそい〉で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表し、第155回芥川龍之介賞候補に挙がった。同作を収録した短篇集『あひる』で、第5回河合隼雄物語賞受賞。2017年、「星の子」で第157回芥川賞候補、第39回野間文芸新人賞受賞。
2013年に結婚し、大阪市内で夫とふたり暮らし。庄野潤三の長女は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している。

受賞歴

太宰治賞

第26回2010年

太宰治賞

今村夏子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

今村夏子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:広島県出身の作家 2:2010年の太宰治賞受賞者 3:2011年の三島由紀夫賞受賞者 4:「こちらあみ子」 A:今村夏子
ottocoto次は今村夏子さんの『あひる』
ruby_0921_candy@txc7188 しろいろの街の、その骨の体温の/村田沙耶香こちらあみ子/今村夏子わたしが衝撃受けたやつ!おすすめ!!
fragments_bot_2「あみ子から見て、おれはなんじゃ? あにきか、それともはげか」「あにきじゃ」と、あみ子はこたえた。「ほうじゃ。じゃああみ子から見てお父さんはなんじゃ。父親か、それともメガネか」「ちちおやじゃ」とあみ子がこたえる。「ほうじゃ」と兄が頷く。(今村夏子『こちらあみ子』)
manpokaycomix文庫収穫。野呂邦暢『草のつるぎ/一滴の夏』、矢田津世子『神楽坂/茶粥の記』、柴田勝家『クロニスタ 戦争人類学者』、『誤解するカド』、獅子文六『おばあさん』、ウェストレイク『憐れみはあとに』、山田正紀『螺旋の月 下』、赤江瀑『八雲が… https://t.co/o5Ii2B93Us
sz6今村夏子の「こちらあみ子」ってそもそが名作なんだけど、その作品の世界観を壊さずに、構造分析してくださいました。派手な仕掛けはなにもない。でも作品を読んで評価するってそもそもこういうことなんだなと思わせてくれる。批評・研究・書評の雛形がここにあるといいたいくらい。
KD8QeMXP8lqqlJQ今村夏子さんのこちらあみ子とピクニックめっちゃ面白かったわ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
今村夏子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)