トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 今村夏子

今村夏子

今村夏子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日 - )は、日本の小説家。広島県広島市安佐南区生まれ。大阪市在住。
広島県内の高校を経て大阪市内の大学を卒業。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年、太宰治賞を受賞した。同作を改題した「こちらあみ子」と新作中篇「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。「こちらあみ子」には、子どもの頃の郷里の思い出も散りばめ、広島弁もさりげなく登場する。2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、半引退状態となっていた。
2016年、西崎憲に声をかけられ、西崎が編集長をつとめる新創刊文芸誌書肆侃侃房〈たべるのがおそい〉で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表し、第155回芥川龍之介賞候補に挙がった、第39回野間文芸新人賞受賞。2019年、『むらさきのスカートの女』で第161回芥川賞を受賞。2019年度咲くやこの花賞受賞。
2013年に結婚し、大阪市内で夫と娘と3人暮らし。庄野潤三の長女(1947年生れ)は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している。
2020年2月、広島市民賞を受賞。

受賞歴

太宰治賞

第26回2010年

太宰治賞

今村夏子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

今村夏子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

7thno1to今村夏子『こちらあみ子』#読了映画に触発されて読んだ本その1。あみ子はいわゆる空気が読めない子。自分の行動が周りを破壊していると理解することもなく、あみ子は自分の気分に従ってただ生きていく。あみ子にちゃんと向き合って「応答… https://t.co/SJjJA01mxT
mido_denden今村夏子さんのピクニック読んだけど、わかったことは自分は何も感じない側の人間だったってこと。
kutata今村夏子の「ピクニック」、初心なもんで全く意味が分からなかった。『パーマネント野ばら』的な世界だととばかり思って読み進めてたせいもあるんだけど。
Nve2a6zv2iDiMoS花束みたいな恋をしたに影響されて今村夏子さん本借りてきた
Kota0440その人はきっと今村夏子のピクニック読んでも何も感じない人だ。
maptamtgm花束みたいな恋をした、観てきました。押井守、きのこ帝国、awesome city club、今村夏子の時点ですでにダメージを受けていたのですが、一瞬めちゃくちゃ地元が映ってたので余計ダメージを受けました。
yugataoyatsuピクニックを読んでみたくて、今村夏子さんのこちらあみ子を図書館で借りた。映画に影響されてる。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
今村夏子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)