トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 今村夏子

今村夏子

今村夏子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日 - )は、日本の小説家。広島県広島市安佐南区生まれ。
広島県内の高校を経て大阪の大学を卒業。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年、太宰治賞を受賞した。同作を改題した「こちらあみ子」と新作中篇「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。「こちらあみ子」には、子どもの頃の郷里の思い出も散りばめ、広島弁もさりげなく登場する。2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、半引退状態となっていた。
2016年、新創刊された書肆侃侃房の文芸誌〈たべるのがおそい〉で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表し、第155回芥川龍之介賞候補に挙がった。同作を収録した短篇集『あひる』で、第5回河合隼雄物語賞受賞。2017年、「星の子」で第157回芥川賞候補、第39回野間文芸新人賞受賞。
2013年に結婚し、大阪市内で夫とふたり暮らし。庄野潤三の長女は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している。

今村夏子新刊

  • 発売日
    2017年6月7日
  • 書名
    星の子

受賞歴

太宰治賞

第26回2010年

太宰治賞

今村夏子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.11.10 野間文芸賞:高村薫さん「土の記」が受賞

    第70回野間文芸賞(野間文化財団主催)が10日、高村薫さん(64)の「土の記」(新潮社)に決まった。

  • 2017.10.5 【文芸月評】現代の女性文学問う

    フェミニズムに共感を寄せる作家、川上未映子さん(41)が責任編集した「早稲田文学増刊 女性号」が出版された。戦前生まれの詩人の石垣りんら物故者をはじめ、詩人の伊藤比呂美さんや歌人の雪舟えまさん、作家の津村記久子さんら現役の筆者、米国で活躍する中国出身のイーユン・リーさんら海外作家など女性82人が原稿を寄せるなどした。

  • 2017.7.11 SUNDAY LIBRARY:平松 洋子・評『星の子』今村夏子・著

    無垢(むく)な視点が炙(あぶ)り出す物語の奥の残酷さ

今村夏子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mn08032【星の子/今村夏子】新興宗教を信仰している家に生まれた女の子が、自分の信仰を疑わずに成長していく様子を描いた物語。自身が選択する機会が増える、一人の大人として生きていく年齢の前、高校入学までを描… → https://t.co/eLbymnzarW #bookmeter
takagito「こちらあみ子」今村夏子を電車の中で読み終えて、不覚にも朝から目頭を熱くする。小説自体の凄みもだが、町田康のあとがきがまた。 https://t.co/JzBPZTwZRE
nanigashi_K今村夏子の作品を読むとセンスとか才能とかってあるんだなと思う。ウン十年に一度の才能、というほどではないがこういう作品が注目を集めているという点ではウン十年に一度のセンスだろう。
87keii_こちらあみ子を初めて読んだ時、 あの読了感の虜になった。日常の中に潜む空恐ろしさ。今村夏子さんの作品は全部好き。
epo0517山本悦子のひとりごとブログ更新しました。https://t.co/He7rsGdpAu 本日は「星の子」(今村夏子  朝日新聞出版)を読んでです。
hakobecoアメトの「読書芸人」録画して寝る。こないだのんで今村夏子「あひる」と出会えたのでした。
misatovanこちらあみ子(今村夏子)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
今村夏子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)