トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 今村夏子

今村夏子

今村夏子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

今村 夏子(いまむら なつこ、1980年2月20日 - )は、日本の小説家。広島県広島市安佐南区生まれ。
広島県内の高校を経て大阪の大学を卒業。29歳の時、職場で「あした休んでください」といわれ、帰宅途中に突然、小説を書こうと思いついたという。そうして書き上げた「あたらしい娘」が2010年、太宰治賞を受賞した。同作を改題した「こちらあみ子」と新作中篇「ピクニック」を収めた『こちらあみ子』(筑摩書房)で、2011年に第24回三島由紀夫賞受賞。「こちらあみ子」には、子どもの頃の郷里の思い出も散りばめ、広島弁もさりげなく登場する。2014年刊の『こちらあみ子』ちくま文庫版に新作「チズさん」が併録されたが、それ以外に作品の発表はなく、半引退状態となっていた。
2016年、新創刊された書肆侃侃房の文芸誌〈たべるのがおそい〉で2年ぶりとなる新作「あひる」を発表し、第155回芥川龍之介賞候補に挙がった。同作を収録した短篇集『あひる』で、第5回河合隼雄物語賞受賞。2017年、「星の子」で第157回芥川賞候補。
2013年に結婚し、大阪市内で夫とふたり暮らし。庄野潤三の長女は同姓同名の別人。岡山市出身の小川洋子を「神様みたいな人」と敬愛し、「ずっとあんなふうに書いていけたらすてき」と話している。

今村夏子新刊

  • 発売日
    2017年6月7日
  • 書名
    星の子
  • 発売日
    2017年4月15日
  • 書名
    文学ムック たべるのがおそい vol.3

受賞歴

太宰治賞

第26回2010年

太宰治賞

今村夏子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

今村夏子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chibaryo今村夏子の「こちらあみ子」。なんだろうな……ズレた子のためにほんとうに必要なのは、「発達障害」とかのラベリングでも「そういう人」への特別な配慮でもなく、そして共感や理解の強要ですらないんだよな。ただあみ子をめぐる残酷な世界を憐れみとともに追体験して、言葉にならない気持が残された。
yomiuri_o_bunka昨日の読売新聞の書評面(朝刊)で、写真家の長島有里枝さんが今村夏子さんの「星の子」について書いています。インターネットには、10月1日にアップ。https://t.co/ThCtKsi0ei 芥川賞候補にもなった「星の子」は「大阪… https://t.co/G8bG2UtWNW
honzuki_jpあみ子は唯一のあみ子だけれども、誰にでもあみ子になりうる可能性があると思うとゾッとする 『こちらあみ子/今村夏子/筑摩書房』 https://t.co/rGywlndRxu #本が好き
shinya5872今村夏子「星の子」(朝日新聞出版)読了。ラストの数ページでは泣きそうになってしまった。電車の中なのに。何なのだろうこの感覚は。「こちらあみ子」の時も読んでる途中胸がざわざわしてたような記憶がある。 https://t.co/dxwgs9FhDZ
pinoko66今村夏子さんの『あひる』、選書していただいています。ありがとうございます! https://t.co/9opfBwc6Vu
towelket_文學界の方の今村夏子さんの小説は完全にマジックリアリズムになってるらしくマジックリアリズム好きなので読みたいです。
hilocoffee『ごっつええ感じ』で育った人とか大人計画を観てきた人とかたまらないと思う……それでいて90年代のさくらももこのようなおとぼけ感あり……。まいど今村夏子小説については「すげー」「やべー」と震えながら伝えることしかできない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
今村夏子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)