トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津村記久子 > 君は永遠にそいつらより若い

君は永遠にそいつらより若い(津村記久子)

君は永遠にそいつらより若い(著者:津村記久子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:君は永遠にそいつらより若い
  • 著者:津村 記久子
  • ページ数:220
  • 出版社:筑摩書房
  • ISBN-10:4480803947
  • ISBN-13:9784480803948

津村記久子新刊

  • 発売日
    2018年6月7日
  • 書名
    ディス・イズ・ザ・デイ
  • 発売日
    2018年1月31日
  • 書名
    POSSE vol.37
  • 発売日
    2018年1月23日
  • 書名
    ポースケ (中公文庫)

君は永遠にそいつらより若い関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.11.26 読書日記:今週の筆者は作家・西加奈子さん 怖いくらい津村作品が好き

    *10月29日〜11月25日

  • 2009.3.19 著者インタビュー 津村記久子さん『ポトスライムの舟』

    総額163万円……あなたならどうやって貯めますか。日々のお金がなくても、ギリギリの無理をしなくても、夢は毎日育ててゆける……緑がみずみずしいポトスライムのように。29歳の契約社員ナガセは、工場のライン業務を日々こなしながら、友人の喫茶店を手伝ったり、パソコン教室の講師をしながら働き続けています。彼女の目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行の費用・総額163万円を貯めること。ささやかな節約の日々に、夫との関係がこじれた友人が子連れで転がりこんできて……。同居するナガセの母や、工場の先輩女性など、ほとんどの登場人物が女性。働く女性たちの日常と、互いに触発されて揺れあう心情が静謐な文体で書かれた、第140回芥川賞受賞作。自身も会社勤務を続けながら創作活動をされる作家の津村記久子さんにお話を伺いました。

  • 2009.3.1 きらら著者インタビュー 津村記久子『八番筋カウンシル』

    むちゃくちゃにされた家庭の女の子も男の子も、やりたいように生きていく話にしたかった。 今年1月に『ポトスライムの船』で第140回芥川賞を受賞したばかりの津村記久子さんが、受賞第一作の書き下ろし『八番筋カウンシル』を上梓した。といっても、構想は2年前からあった。描かれるのは、自身も馴染みのある商店街を舞台にした世代間の対立とその変化。「すごく書きたかったものを書いた」という本書には、新芥川賞作家のさまざまな要素がつまっている。

津村記久子のその他受賞歴(候補含む)

君は永遠にそいつらより若い関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

booktitle_bot『君は永遠にそいつらより若い』津村記久子
thesentence_bot魂と肉体の組み合わせは無数にあり、その相性がよくないことに悩むことのなにを責められるというんだろう。両者の間の軋みを感じることができるのは当事者だけなのだ。/君は永遠にそいつらより若い(津村記久子)
nomikaishiyouze津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』を読んだ。いまの小説ってあまり読まないけどとても面白い。主人公が思い浮かべる「若い」ということの後ろ向きな美しさと表裏一体にある脆さ、何かを侵害し・侵害され、それでもその事実とともに生き抜かなければならないことについて考える。
chew_bacca1987津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』を再読しながら、エッセイ的なお仕事はこういうテイストで行こうかなとか考えている。
yulisea16 #2018年上半期の本ベスト約10冊 (1/2)王谷晶『完璧じゃない、あたしたち』小川洋子『猫を抱いて象と泳ぐ』京極夏彦『絡新婦の理』津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』舞城王太郎『淵の王』山白朝子『私の頭が正常であったなら』
chihiroleon読んだことある人いるかな。津村記久子『君は永遠にそいつらより若い』感想文:独特のリズムとセンスが光るハイレベルなデビュー作! https://t.co/oRCDvYue3s
nama2434あさのあつこ「ありふれた風景画」津村記久子「君は永遠にそいつらより若い」伊藤たかみ「卒業式にはマリファナの花束を抱いて」琴音「愛をめぐる奇妙な告白のためのフーガ」純愛じゃないのもある?#マシュマロを投げ合おう… https://t.co/O5CZ3gI0lU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)