トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津村記久子 > 君は永遠にそいつらより若い

君は永遠にそいつらより若い(津村記久子)

君は永遠にそいつらより若い(著者:津村記久子)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:君は永遠にそいつらより若い
  • 著者:津村 記久子
  • ページ数:220
  • 出版社:筑摩書房
  • ISBN-10:4480803947
  • ISBN-13:9784480803948

君は永遠にそいつらより若い関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.11.26 読書日記:今週の筆者は作家・西加奈子さん 怖いくらい津村作品が好き

    *10月29日〜11月25日

  • 2009.3.19 著者インタビュー 津村記久子さん『ポトスライムの舟』

    総額163万円……あなたならどうやって貯めますか。日々のお金がなくても、ギリギリの無理をしなくても、夢は毎日育ててゆける……緑がみずみずしいポトスライムのように。29歳の契約社員ナガセは、工場のライン業務を日々こなしながら、友人の喫茶店を手伝ったり、パソコン教室の講師をしながら働き続けています。彼女の目標は、自分の年収と同じ世界一周旅行の費用・総額163万円を貯めること。ささやかな節約の日々に、夫との関係がこじれた友人が子連れで転がりこんできて……。同居するナガセの母や、工場の先輩女性など、ほとんどの登場人物が女性。働く女性たちの日常と、互いに触発されて揺れあう心情が静謐な文体で書かれた、第140回芥川賞受賞作。自身も会社勤務を続けながら創作活動をされる作家の津村記久子さんにお話を伺いました。

  • 2009.3.1 きらら著者インタビュー 津村記久子『八番筋カウンシル』

    むちゃくちゃにされた家庭の女の子も男の子も、やりたいように生きていく話にしたかった。 今年1月に『ポトスライムの船』で第140回芥川賞を受賞したばかりの津村記久子さんが、受賞第一作の書き下ろし『八番筋カウンシル』を上梓した。といっても、構想は2年前からあった。描かれるのは、自身も馴染みのある商店街を舞台にした世代間の対立とその変化。「すごく書きたかったものを書いた」という本書には、新芥川賞作家のさまざまな要素がつまっている。

津村記久子のその他受賞歴(候補含む)

君は永遠にそいつらより若い関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tataki_noon文系ゼミってこんな感じー(知らんけど)と始まる「君は永遠にそいつらより若い」、しかし後半折り返すと思わぬ方にストーリーの穂が接がれてゆく。この仕掛けが津村記久子の原作通りかは確認したいところ。あのまま"女子にだってモラトリアムあって当然ですが何か?"映画で終わってもそれはそれで。
k036テアトル梅田で『君は永遠にそいつらより若い』観た。https://t.co/6QqmAtw1wz津村記久子さんの原作が好きだったのでどうだろうと思ったが、主演の佐久間由衣と奈緒、素晴らしかった。下手をすれば微妙になりそうな作… https://t.co/LALAqHBr2j
akaneya105津村記久子氏の「君は永遠にそいつらより若い」の次は、原田マハ氏の「総理の夫 First Gentleman」
akashimaru_i_s【君は永遠にそいつらより若い (ちくま文庫)/津村 記久子】現実に揉まれて小さくなってしまうことがほとんどの「優しさ」を、まるのままの大きさで抱え続けている。主人公のホリガイさんのことを、そんな… → https://t.co/bhzj3CxiZg #bookmeter
konoha58今日は映画『君は永遠にそいつらより若い』を観る。津村記久子の原作を読んだのはかれこれ10年前。久々に本を開いたら線が引かれていたりメモが残っていたりと、色々と自分なりに真剣に悩んでいたようだ。一番好きな作家さんの小説原作の映画なので、ハードルがとんでもないことになっている。
yukiko_matsuo_芥川賞作家、津村記久子原作の映画「君は永遠にそいつらより若い」を観た。人と分かりあうのは難しいと分かっていても、一歩踏み出して分かろうとすることって大事。言葉にして伝えるって大事。深いメッセージのある映画だった。… https://t.co/zMdLsUu6Qw
lelon_reron映画「君は永遠にそいつらより若い」感想考察レビュー【10時間だって見てられる生涯ベスト級青春映画】【吉野竜平・津村記久子・佐久間由依・奈緒】 https://t.co/57HPyqwjT5 @YouTubeより
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)