トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん

三浦しをん

三浦しをんさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 しをん(みうら しをん、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家、随筆家である。女性。
東京都出身。父は上代文学・伝承文学研究者で千葉大学名誉教授の三浦佑之。
横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年(平成7年)4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年(平成10年)には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年(平成13年)まで勤務していた。
ボイルドエッグズを立ち上げた村上から小説を書くよう強く叱咤激励され、「『自分の就職活動』なら書けるのでは」と提案されたこともあって、1999年(平成11年)秋から執筆に着手する。2000年(平成12年)4月に、自らの就職活動の経験をもとに3ヶ月かけて書きあげた処女小説『格闘する者に○』(草思社)を出版した。だが、「これは違う、書きたいものではない」と思い、その後もなかなか作家としての実感は持てなかった。2年後の2002年(平成14年)、4作目の『秘密の花園』で近づいた手応えをつかむ。その後、2005年(平成17年)には『私が語りはじめた彼は』で山本周五郎賞候補、同年7月には『むかしのはなし』で直木賞候補となった。この3作が最も試行錯誤した時期だった。
2006年(平成18年)8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。
2011年(平成23年)3月13日にボイルドエッグズとの契約が切れ、マネジメントも含めて自立する。
2012年(平成24年)、『舟を編む』が本屋大賞に選ばれる。2015年(平成27年)、『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞に選ばれた。
2004年(平成16年)から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年(平成20年)から太宰治賞の選考委員、2009年(平成21年)から手塚治虫文化賞の選考委員、2012年(平成24年)からR-18文学賞の選考委員を務めている。

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2019年1月4日
  • 書名
    女子漂流 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年11月27日
  • 書名
    ユリイカ 2018年12月号 特集=雲田はるこ ―『昭和元禄落語心中』『いとしの猫っ毛』『新宿ラッキーホール』・・・ばら咲く10年―
  • 発売日
    2018年11月10日
  • 書名
    お友だちからお願いします (だいわ文庫)

受賞歴

三浦しをん関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.10.17 【今週はこれを読め! エンタメ編】「知りたい」気持ちを持ち続ける〜三浦しをん『愛なき世界』

    自分がそれまで知らなかったことを知りたいと思う気持ちは、誰にでもあるのではないだろうか。このような気持ちが強い人ほど心豊かな人生を送れるような気がしてならない。だいたいにおいて人間は加齢とともに好奇心の方は減少していくものだが、「知りたい」という気持ちをいつまでも持っている人がどんな分野でもいきいきと仕事や研究を続けられるように思う。

  • 2018.7.11 【今週はこれを読め! エンタメ編】惹かれあう女子二人の書簡小説〜三浦しをん『ののはな通信』

    生涯ただ一度しか経験できないような、その人のことを思うと何も手につかなくなるほどの恋。

  • 2018.6.21 【エンタメ小説月評】文通で深まる愛 広がる世界

    「世界」などというものからはほど遠い、女子高生同士の文通の文面。あるいは授業中にそっと回される、おしゃべり代わりのメモ。そんな、たわいのない文言から始まった物語が、いつの間にか、まさに「世界」を、人生の奥深さを描いている――。女子校で出会ったふたりの女性の二十余年を、その間にやりとりされた手紙だけでつづる三浦しをん『ののはな通信』(KADOKAWA)には、ただただ驚かされた。書簡形式で書き切った胆力にも、冒頭では予想だにしなかった場所へ読者を連れて行く筆力にも。

三浦しをん関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mochireading三浦しをんさん、神去なあなあ日常読了。林業という自然を相手にする仕事の大変さ、素晴らしさ、色んなことを教えてくれる作品。林業の知識も経験もゼロの主人公、勇気の視点で物語が進んでいくからとても読みやすかった。三浦作品はこれで三… https://t.co/aiHze2AYFL
ri_n_rinさすが三浦しをん書簡形式ってよっぽど表現力ないと描けないよなぁとつくづく思う主軸が主軸だけに好き嫌いがぱきっと別れそうな作品ではあるけど何より結末が切ないというか無情というか、品の良い余韻があって個人的には評価がはね上がった締め方ほんと大事。
jackbeat693尾崎翠『第七官界彷徨』をのぞゑのぶひさが漫画化、三浦しをん推薦 https://t.co/h2eM8bO6fY by ロックなニュースまとめ69 https://t.co/lXk1xJdubw
sakuramochi515三浦しをん「愛なき世界」読み終わった。愛に溢れたとても良いお話だった。「舟を編む」もそうだったけど何かに夢中になってる人たちが羨ましくなるね。
CINRANET尾崎翠『第七官界彷徨』をのぞゑのぶひさが漫画化、三浦しをん推薦第1話試し読み公開中https://t.co/TVEWJvnqyB https://t.co/CmI5xngIry
aika22【愛なき世界 (単行本)/三浦 しをん】久々の三浦しをんさんの作品。やっぱりしをんさんはいいなぁ。語り方が独特でテンポよくて。タイトルは「愛なき世界」でも、もっと壮大な愛に包まれた作品でした。 → https://t.co/YXN88nkW4A #bookmeter
Mayu_ohira三浦しをんって本名なの……素敵すぎるお名前…女性だよね。。。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦しをんさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)