トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦しをん

三浦しをん

三浦しをんさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦 しをん(みうら しをん、女性、本名同じ、1976年(昭和51年)9月23日 - )は、日本の小説家、随筆家である。
東京都出身。父は上代文学・伝承文学研究者で千葉大学名誉教授の三浦佑之。
横浜雙葉中学校・高等学校を卒業し、1995年4月に早稲田大学第一文学部に入学。翌年、同学部文学科演劇専修に進む。当初、三浦は編集者として出版社に就職することを志望しており、大学4年となった1998年には、出版各社に対して就職活動を行っていた。その後は、町田駅前の大型古書店「高原書店」にアルバイトとして2001年まで勤務していた。
ボイルドエッグズを立ち上げた村上から小説を書くよう叱咤激励され、「『自分の就職活動』なら書けるのでは」と提案されたこともあって、1999年秋から執筆に着手する。2000年4月に、自らの就職活動の経験をもとに3ヶ月かけて書きあげた処女小説『格闘する者に○』(草思社)を出版した。だが、「これは違う、書きたいものではない」と思い、その後もなかなか作家としての実感は持てなかった。2年後の2002年、4作目の『秘密の花園』で近づいた手応えをつかむ。その後、2005年には『私が語りはじめた彼は』で山本周五郎賞候補、同年7月には『むかしのはなし』で直木賞候補となった。この3作が最も試行錯誤した時期だった。
2006年8月に『まほろ駅前多田便利軒』で同年上半期の直木賞を受賞した。誕生日前の29歳での受賞であり、20代での直木賞受賞は、堤千代、平岩弓枝、山田詠美に続く4人目である。
2011年3月13日にボイルドエッグズとの契約が切れ、マネジメントも含めて自立する。
2012年、『舟を編む』が本屋大賞に選ばれる。2015年、『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞に選ばれた。
2004年から雑誌『Cobalt』にてCobalt短編小説賞の選考委員、2008年から太宰治賞の選考委員、2009年から手塚治虫文化賞の選考委員、2012年からR-18文学賞の選考委員を務めている。
2018年刊の『ののはな通信』で第25回島清恋愛文学賞及び第7回河合隼雄物語賞受賞。
2019年、植物学専攻の大学院生を描いた『愛なき世界』で、作家としては初めてとなる日本植物学会賞特別賞を受賞。

三浦しをん新刊

  • 発売日
    2019年8月5日
  • 書名
    のっけから失礼します
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    『罪と罰』を読まない (文春文庫)
  • 発売日
    2019年7月10日
  • 書名
    『罪と罰』を読まない (文春文庫)

受賞歴

三浦しをん関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三浦しをん関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kurotuki_2ABC堤千代 22歳(直木賞最年少)平岩弓枝 27歳(鏨師)三浦しをん29歳(まほろ駅前多田便利軒)堤→平岩→山田→三浦 https://t.co/YCK4K7x5ez
livebookbotたくさんの言葉を,可能な限り正確に集めることは,歪みの少ない鏡を手に入れることだ。歪みが少なければ少ないほど,そこに心を映して相手に差し出したとき,気持ちや考えが深くはっきりと伝わる。一緒に鏡を覗き込んで,笑ったり泣いたり怒ったりできる。『舟を編む』三浦しをん
piece_b0t「寺島の耳は、抗議をそよ風に変えるすべを知っている。」by『永遠に完成しない二通の手紙』三浦しをん
highlowzawaハイロー観てて、ん、IWGP?とかAKIRA?とか過去に見た色々が蘇って来たけど、そういう型のてんこ盛りをめちゃくちゃ本気でやってるってことを三浦しをんさんが言ってて本当にそうだな、と
may1025旅のお供に三浦しをんさんのエッセイ。なんか、いろいろ身につまされるぜ(笑)
tsukasa_honyomiおはようございます。今日から三浦しをんさんの『舟を編む』を読んでます。1ページ目読んだ時点で、好きを確信してます( ˘ω˘ )大都会のくだりは世代が被ってたら吹き出してたかも。
booktitle_bot『きみはポラリス』三浦しをん
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三浦しをんさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)