トップページ > 公募新人賞一覧 > やまなし文学賞

やまなし文学賞

やまなし文学賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

やまなし文学賞(やまなしぶんがくしょう)は、日本の文学賞。正式名称は樋口一葉記念やまなし文学賞。
1992年、樋口一葉生誕120周年を記念して、一葉の出身地である山梨県および山梨県立文学館の主宰で設置される。小説部門は全国から公募し、佳作も含め3点が選ばれ、研究・評論部門は自薦・他薦によって推薦された既刊の単行本もしくは論文から2点が選ばれる。発表は年度翌年の3月。結果は山梨県立文学館ウェブサイトに公表される。初期の実行委員長は同館館長だった紅野敏郎。
小説部門は、二年連続入賞者もあり、作家デビューの可能性は少ない。研究・評論部門は、近代・近世日本文学を扱ったものが選ばれている。

第20回2012年(応募総数:340)

参考情報:受賞作/候補作

やまなし文学賞

佳作

佳作

第19回2011年(応募総数:338)

やまなし文学賞

佳作

第18回2010年(応募総数:342)

やまなし文学賞

佳作

佳作

第17回2009年(応募総数:296)

やまなし文学賞

佳作

佳作

第16回2008年

やまなし文学賞

佳作

佳作

第15回2007年

やまなし文学賞

佳作

佳作

第14回2006年(応募総数:343)

参考情報:選考結果

やまなし文学賞

佳作

佳作

第13回2005年

やまなし文学賞

佳作

佳作

第12回2004年(応募総数:272)

やまなし文学賞

佳作

佳作

第11回2003年

やまなし文学賞

  • 該当なし

佳作

佳作

第10回2002年

やまなし文学賞

佳作

佳作

やまなし文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

やまなし文学賞関連つぶやき

hozuki_kaya9月中旬には終わらせてやまなし文学賞の準備に入らないと。あと就活準備。
aaaaa_148x210あと亜々さん、明日の新聞連載最終回次第で、はじめてやまなし文学賞作品買うつもり。今は購入予定リストに入れかけている状態。山梨日日新聞の『エンディングノート』。住野よる先生の作品が好きな人と合うかもしれない。
bungakukan_ymnsあけましておめでとうございます。文学館の春は新収蔵品展から。作家の直筆に会いに来てください。3月のやまなし文学賞表彰式の頃は、何の花が咲いているでしょう。来年度の年間文学講座やワークショップの情報も、随時お届けしますね。本年も、文学館をどうぞよろしくお願いします!
morikurosann安藤宏 近代日本文学研究者、東京大学教授。太宰治が専門。2012年 「近代小説の表現機構」で文学博士(東京大学)。東京大学国文科で近代文学の論文博士は初。2013年 『近代小説の表現機構』でやまなし文学賞、角川源義賞受賞。https://t.co/xT9k6vYgbu
S03Paくらむぼんの名前の由来は、もとはクラゲから連想されたもので(もちろん宮沢賢治の『やまなし』からもきてる)なんでクラゲかって言ったらR18文学賞のjellyfishを観たからなんだよね。高校生の女の子二人が惹かれあっていく話。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)