トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐藤洋二郎

佐藤洋二郎

佐藤洋二郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐藤 洋二郎(さとう ようじろう、1949年(昭和24年)6月28日 - )は日本の小説家。
日本大学芸術学部教授。
福岡県遠賀郡生まれ。少年時代を島根県大田市で過ごす。1974年中央大学経済学部卒業。大学を出て、会計士になろうと簿記学校に通っていたが、小説を書きたいという思いから熱が入らなかった。25歳の時、当時、同居していた弟妹が慶應大学に通っていて、彼らが読んでいた『三田文學』に新人の投稿があるのを知って、はじめての小説「湿地」を書いた。それを送ると掲載され、作家になろうと決心する。以後、十年以上没原稿が続く。(エッセイ集『人生の風景』『沈黙の神々Ⅰ・Ⅱ』などに収録)その間に同人雑誌「水脈」に入り、文章修行を重ねる。同人に川村湊・井出彰らがいた。

その後、外国人労働者をはじめて文学に取り入れた『河口へ』(集英社)で注目され、書く場が広がった。小説は人間の生きる哀しみと孤独をテーマに発表している。また、自分が生まれ育った九州や山陰、及び東京・千葉などを文学磁場としている。人格は風土がつくると考えているからだ。

平成6年から関東学院や青山短期大学などで非常勤講師を務めたのち、平成10年から日本大学芸術学部で教員をしている。こどもの頃から知らない土地を歩くのが好きで、放浪癖があり、思想的背景はないが、全国の神社、離島巡り、居酒屋探訪を趣味としている。神社は数千社、離島は100島以上歩き、『沈黙の神々Ⅰ・Ⅱ』(松柏社)、『島の文学を歩く』(書肆侃侃房)など新聞や雑誌に掲載されたものをまとめたものがある。また「一遍上人絵伝」の中の60数か所すべての土地を巡ったり、親鸞の足跡を訪ねて全国をまわるなどした。小説に『親鸞 既往は咎めず』(松柏社)や土地と恋愛をテーマにした『神名火』(小学館文庫)、『坂物語』 (講談社)、『忍土』(幻戯書房)、『妻籠め』(小学館)などがある。 現在、日本文藝家協会常務理事・日本近代文学館常務理事・日中文化交流協会常任理事・舟橋聖一文学賞選考委員・日大文芸賞選考委員・「江古田文学」編集長などを歴任。

受賞歴

佐藤洋二郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

佐藤洋二郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ai_lover_ai笑顔に勝る化粧なし。 (佐藤洋二郎の母)
ewtkk3笑顔に勝る化粧なし。 佐藤洋二郎
olegkravtsov872笑顔に勝る化粧なし。 佐藤洋二郎
sce2s笑顔に勝る化粧なし。佐藤洋二郎
ewtoh2笑顔に勝る化粧なし。 佐藤洋二郎
RanaiOre笑顔に勝る化粧なし。 (佐藤洋二郎の母)
netami_meigen人間ほど摩訶不思議なものはない。一人一人の人相が違うように性格も違う。六十億の人間がいれば六十億の思いがある。泣く。笑う。怒る。悲しむ。嫉妬する。こ…(続きはWEBで)(佐藤洋二郎)https://t.co/1XJwAt5rVP
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
佐藤洋二郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)