トップページ > 作家名一覧 > まから始まる作家名一覧 > 松尾スズキ

松尾スズキ

松尾スズキさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

松尾 スズキ(まつお スズキ、本名:松尾 勝幸(まつお かつゆき)、1962年12月15日 - )は、日本の俳優、劇作家、演出家、脚本家、映画監督、コラムニスト。福岡県北九州市八幡西区生まれ。父親は佐賀県、母親は鹿児島県阿久根市の出身。八幡大学附属高等学校(現・九州国際大学付属高等学校)、九州産業大学芸術学部デザイン学科卒業。劇団『大人計画』主宰。以前は松尾すずきと表記していた。愛猫は「オロチ(雌)」、その後「チース」。現在は飼っていない。
漫画家になりたくて高校生の時に漫画賞に応募し続け、大学ではデザインを専攻し漫画研究会に入ったが、漫研の中で最も絵が下手であった為プライドが叩き潰され、演劇研究会に入った。コメディにも興味があり高校生の時に財津一郎やジョン・ベルーシの真似を一人部屋でしていたが、演劇研究会でいよいよコメディにはまる。在学中に劇団エクボを創設、学外からも人材を集め公演を行なった。大学3年生で演劇をやめ、大学4年で絵画に目覚め、落第。心を入れ替えて就職活動をして、東京へ出る。
大学卒業後は23歳で上京し印刷会社でサラリーマンをしていたが、仕事も人間関係も上手くいかず一年で挫折。その後、イラストで細々と生計を立てながら、1980年代後半に雑誌で団員を募集し劇団大人計画を26歳で設立する。同時期にラジカル・ガジベリビンバ・システムに本名で参加している。『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』で第41回岸田國士戯曲賞受賞。以後、テレビや映画などへ役者として出演することが多くなる。
2004年公開の映画監督デビュー作『恋の門』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。漫画原作者としても活動。特に漫画家、河井克夫との活動は名義を「チーム紅卍」としている。山本直樹の漫画原作も手がけている。コラム、小説など著書も多数。2006年1月、小説『クワイエットルームにようこそ』で第134回芥川龍之介賞候補。2010年、『老人賭博』で第142回芥川賞候補。2018年、「もう「はい」としか言えない」で第159回芥川賞候補。2006年から太田出版より、松尾がスーパーバイザーをつとめる雑誌『hon-nin』が刊行されている。
私生活では、10年連れ添った妻と2007年に離婚。2014年に20歳年下の一般人女性と再婚している。

松尾スズキ新刊

  • 発売日
    2018年10月5日
  • 書名
    出会って別れて、なぜ悪い?
  • 発売日
    2018年6月29日
  • 書名
    もう「はい」としか言えない

受賞歴

松尾スズキ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

松尾スズキ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bot_hoshinogen音楽やってる人は恥ずかしさに対して無自覚な人が多い。大人計画入って松尾スズキさんに教わったのが「恥ずかしさを学べ」とにかく俺たちがやってる、人前に出るってことは恥ずかしいことなんだよと教わった。
abesadawo197011/24(土) PM 11:30 の NHK総合『よるドラ 植物男子ベランダ― SEASON2 俺の伯父さん』に 田口トモロヲ/松尾スズキ が出演します! #田口トモロヲ #松尾スズキ #追っかけスタ https://t.co/gUTt1wLXWW
natsukotatsu18【開演まであと1日!】劇団ナツコタツ『マシーン日記』作:松尾スズキ 演出:課長風月日程:2018年11月16日(金)19:00〜11月17日(土)13:00〜/18:00〜11月18日(日)12:00〜/15:3… https://t.co/WCKJ6Erzjz
honyade_com2018年12月9日(日)/紀伊國屋書店・新宿本店/松尾スズキさん × 大久保佳代子さんトークイベント&サイン会 小説『108 イチマルハチ』(講談社)刊行記念/https://t.co/VBq5QNYsCh
ot_john今月もGINZAの松尾スズキさん連載『人生の謎について』がすごくて脱力してる。到底およばないけど、僕の連載もあと少しで終わる。せめて最後まで魂削って書こうと思った。
abeotona【定期】大人計画/松尾スズキ/クドカン/ニッソーヒ/荒瀬/阿部サダヲ/グループ魂/破壊/石鹸/暴動/バイト君/遅刻/小園/遅番w(敬称略) #好きなのが一つでもある人RT #相互フォロー #RTしたらフォローする
ejd82hmfこれ、凄くがんばっている人にはゴメンというしかないけれど、努力ってなんか下品。 松尾スズキ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)