トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高尾長良

高尾長良

高尾長良さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴


髙尾 長良(たかお ながら、1992年 - )は、日本の医師・小説家。東京都生まれ。
2012年、『肉骨茶』で第44回新潮新人賞を受賞。20歳での受賞は新潮新人賞史上最年少。2013年「肉骨茶」が第148回芥川龍之介賞候補作。2014年「影媛」が第152回芥川賞候補。2017年に京都大学医学部を卒業し、医師となる。2017年度、京都市芸術文化特別奨励者となった。2019年「音に聞く」で第162回芥川賞候補。

受賞歴

高尾長良関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

高尾長良関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

7rough628<50%ポイント還元・実質650円>「音に聞く」高尾 長良 (著) 作曲に天賦の才をみせる15歳の妹。母語から離れ、自らの言語表現を模索する姉。高尾長良が音楽の都ウィーンを舞台に繰り広げる待望の本格芸術小説! 詳細は↓… https://t.co/7c0IRg0BO3
kinrough<50%ポイント還元・実質650円>「音に聞く」高尾 長良 (著) 作曲に天賦の才をみせる15歳の妹。母語から離れ、自らの言語表現を模索する姉。『肉骨茶』『影媛』で注目を集める高尾長良が音楽の都ウィーンを舞台に繰り広げる待望… https://t.co/6MrSM5XSRd
yuppy2405高尾長良『音に聞く』思わずツイートするほど目が滑った。ペダンチックだって書評を見て覚悟してから読んだけどそれでもなお辛かった。教養が追いついてなくて辛かった。それはともかく、ペダンチックって言葉それ自体がペダンチックだと思う。宿命的にペダンチックな言葉、ペダンチック。格好いい。
haikuzara文學界4月号、高尾長良という作家の京都が舞台という中編を読み始める私。文章から妙なものを感じたので(純白のカーディガン、とか、海辺に咲き乱れるセイヨウハナズオウのように奔放、とか)検索したら、「新潮」に「影媛」とゆーのを書いてた人だった。
Yatow_101060高尾長良先生ももう載るのね、って思ったけど音に聞くが8月なのか
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高尾長良さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)