トップページ > 公募新人賞一覧 > 新潮新人賞 > 2012年−第44回 新潮新人賞

新潮新人賞

2012年−第44回 新潮新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

新潮新人賞(しんちょうしんじんしょう)は、新潮社が主催する純文学の公募新人文学賞である。受賞作の発表は同社が刊行する文芸誌『新潮』で行われる。毎年3月31日締め切り。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、文學界新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第44回—2012年

受賞

受賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

新潮新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.18 第159回芥川賞に高橋弘希さん、直木賞は島本理生さん

    第159回芥川賞、直木賞の発表が張り出された=2018年7月18日午後7時36分、東京都千代田区の帝国ホテル、松本俊撮影

  • 2018.5.16 作家の読書道 第194回:石井遊佳さん

    新潮新人賞を受賞したデビュー作『百年泥』が芥川賞を受賞、一躍時の人となった石井遊佳さん。幼い頃から本を読むのが好きだった彼女が愛読していた本とは? 10代の頃は小説を書けなかった理由とは? インドのチェンナイで日本語教師となる経緯など、これまでの来し方を含めてたっぷり語ってくださいました。

  • 2016.8.15 71年目の戦争:模索する表現者 文学/上 日常の中に時代のきな臭さ

    戦後70年の節目が過ぎた後も、戦争をテーマに創作活動をする人たちがいる。戦争体験者は減り、取材したり着想を得たりするのが難しくなる中、なぜ戦争にこだわるのか。どんな苦労ややりがいがあるのか。各分野で模索する表現者たちを追う。

新潮新人賞関連つぶやき

yurubngkbot新潮新人賞新潮社が主催する純文学の公募新人文学賞である。受賞作の発表は同社が刊行する文芸誌『新潮』で行われる。2008年の第40回より評論・ノンフィクション部門を廃止し、小説のみの募集となった。1969年(S44)~現在
amelobquiz2010年に発表されたデビュー作品『工場』で新潮新人賞などを受賞、2014年には『穴』で第150回芥川賞を受賞した広島県出身の女性小説家は誰でしょう?
nonpane_bot_new【ライフ】2010年に小説『工場』で新潮新人賞を、2014年1月に小説『穴』で第150回芥川賞を受賞した女性作家→小山田浩子
EvilAndTheMask中村文則さんはデビュー作『銃』で新潮新人賞、『土の中の子供』で芥川賞を受賞。良識ある新潮社出版部文芸さん、頑張ってください❗ https://t.co/HV3rnA53Aq
qmabungaku【連想】新潮新人賞を受賞しデビュー/『共喰い』『図書準備室』/2011年下半期の芥川賞受賞者/石原慎太郎を批判し話題にA.田中慎弥B.鹿島田真希C.円城塔D.葉室麟→A.田中慎弥(たなか しんや)
YukariWatanabe新潮社さんとは長年ご無沙汰してますけれど、小説新潮長篇新人賞でデビューしたこともあり、文芸部の勇敢な姿勢を心から応援しております。 https://t.co/uIhznQxtUF
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)