トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須山静夫

須山静夫

須山静夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須山 静夫(すやま しずお、1925年7月22日 - 2011年7月10日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家、小説家。静岡市出身。
1943年、静岡県立静岡中学校卒業。横浜工業専門学校造船科卒業後、1947年、農林省水産局漁船課に入省。1952年より、ガリオア資金による留学生としてアメリカに渡り、ミシガン大学で1年間学ぶ。ここで妻となる越川さち(後、共立女子大学教授)と知り合う。その後、明治大学文学部夜間三年に編入学し、青沼一郎の教えを受け、1954年、ハーマン・メルヴィルの「モービー・デイック」により卒論提出。明治大学大大学院に進学。越川さちと結婚、農林省水産庁退職。1956年、明治大学文学部助手。1957年、長男隆志誕生。1962年、さち入院、1年7ヶ月後死去。1966年、河辺名保子と再婚。1971年、『しかして塵は-』で第3回新潮新人賞受賞。明治大学教授に就く。1978年、『神の残した黒い穴―現代アメリカ南部の小説』で第1回アメリカ研究図書賞受賞、1994年、明治大学を退職、聖学院大学教授。2001年、退職。最初の妻を病気で失い、長男(名前はウィリアム・フォークナーに由来)を事故で失った苦悩を描いた自伝小説『墨染めに咲け』(2008年)を晩年に刊行した。同人誌『月水金』同人。

受賞歴

須山静夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

須山静夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ETWCwr6mADm1kOV『S先生のこと』の須山静夫の誤訳に対する態度
hazuki_sasanohaフラナリー・オコナー全短編が出る前に、撰集が2冊訳されたけれど、私は凄惨な『善人はなかなかいない』(筑摩書房)よりも、新潮文庫のセレクトのほうが好きだ。尾崎俊介『S先生のこと』に書かれた須山静夫について、もう一度ふりかえってみたくなった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
須山静夫さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)