トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊井直行

伊井直行

伊井直行さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊井 直行(いい なおゆき、1953年9月1日 - )は、日本の小説家、東海大学文学部文芸創作学科教授。
宮崎県延岡市大瀬出身、慶應義塾大学文学部史学科民族学・考古学専攻卒業。出版社勤務を経て、1983年「草のかんむり」で第26回群像新人文学賞を受賞して小説家デビュー。
*1983年、「草のかんむり」で第26回群像新人文学賞受賞、同作で第89回芥川龍之介賞候補。
*1984年、「パパの伝説」で第91回芥川龍之介賞候補。
*1989年、「さして重要でない一日」で第101回芥川龍之介賞候補、『さして重要でない一日』で第11回野間文芸新人賞受賞。
*1992年、『雷山からの下山』で第5回三島由紀夫賞候補。
*1994年、『進化の時計』で第22回平林たい子文学賞受賞。
*1996年、「三月生まれ」で第114回芥川龍之介賞候補。
*1997年、三田文学編集長を務める(1年間)。
*2000年、『服部さんの幸福な日』で第13回三島由紀夫賞候補。
*2001年、『濁った激流にかかる橋』で第52回読売文学賞受賞。

受賞歴

伊井直行関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.5.29 【書評ウォッチ】会社員を仕事と家庭の両面から 新しい視点で現代的文学論

    「会社員小説」というジャンル、文学の中にあったっけ? いくらでもありそうだが、はっきり聞いたことはあまりない。日本人の多くが、間違いなく会社員なのに……。そういう疑問に答える文学論『会社員とは何者か?』(伊井直行著、講談社)を、日経と東京新聞がとりあげた。

  • 2002.12.31 作家の読書道:第16回 森 絵都さん

    飛び込みをテーマにした青春もの『DIVE!!』を完結させたばかりの森絵都さんの登場です。「作家になろうと思った時、最初に目指したのが児童文学だった」と語るとおり、児童文学の賞も数多く受賞されています。その読書や本選びには、森さんならではの「ツボ」があるそう。それはシュールで健やかな世界とユーモアのエッセンスということなのですが……。

伊井直行関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

denshosaleBOOK☆WALKER期間限定セール(10/18まで) 伊井直行『尻尾と心臓』 1015円https://t.co/Poskvv6Kec
IINAlabおすすめの本の紹介:『会社員とは何者か? 会社員小説をめぐって』(伊井直行 著)たまたま購入したが、表象文化論的に面白い。誰に服従する何者としての会社員という存在。 https://t.co/tlGSolVxZp
atsizw9/1(土) 丙申 旧7/22 仏滅 七赤 天地始粛誕生日:中島沙樹(1978) 40歳三浦理恵子(1973) 45歳伊井直行(1953) 65歳田岡典夫(1908) 生誕110周年藤浦洸、田崎広助(1898) 生誕1… https://t.co/tXmeleehSA
hiromikato読書会会場の双子のライオン堂の店主さんは私が尊敬して止まない伊井直行さんにご縁のある方で、伊井さんについてもお話しを聞けて良かった。絶版になってるこの本も買うことができて嬉しい。 https://t.co/0opyA5XORj
view_03外では伊井直行『濁った激流にかかる橋』、家では舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』を読むことにしよう。合間に内田百閒『第一阿房列車』で、これはもうちょっとで読みおわり。
oyakodonburia伊井直行『ポケットの中のレワニワ』はとても面白くってぐんぐん読んだよ。恋愛小説でもあれば、お仕事小説でもあり、ネット小説でもあれば、社会派小説でもあり、さらに謎の生物をめぐる奇譚でもあって、本当に盛りだくさん!
ayatoyuuki人々がなんの理由もなく、あるいはなにその理由?という理由で次々に即死するから、即死フェチのみんなにオススメの伊井直行『濁った激流にかかる橋』。心が安らぎますね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊井直行さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)