トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三浦俊彦

三浦俊彦

三浦俊彦さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三浦俊彦(みうらとしひこ)
:三浦俊彦 (哲学者) - 1959年生まれの美学者・哲学者・小説家
:三浦俊彦 (経営学者) - 1958年生まれのマーケティング論の学者

受賞歴

三浦俊彦関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

三浦俊彦関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Koedamedeshinda三浦俊彦『エンドレスエイトの驚愕』めちゃくちゃ面白かったしガブリエルの世界とかバタイユのヘーゲル受容について考えるきっかけになりそう
nurikabeebe可能世界論(様相論理)は引き寄せの法則と相性の良い考え方。三浦俊彦の可能世界本と竹田青嗣の現象学本は、オカルト×哲学×SFを分野横断で考察するときにすごく為になる。(その時のポイントとして独我論はベースにおいた方が良い)各々の自我が各々に"独我"をやっているという構造。
urazumi三浦俊彦先生、「ハルキとハルヒ」は貴殿のおっしゃるところの「読んではいけない参考文献」ですが、使ってくださってますよ。 https://t.co/zYAzHVrqdL
gagaga21480621山田しいた『乙女文藝ハッカソン』、三浦俊彦『のぞき学原論』、三土たつお『街角図鑑』などなど…?あと乙女文藝ハッカソンの影響で西尾維新の『本題』読み返して泣いてた。堀江敏幸のとこ。 #peing #質問箱 https://t.co/Gsq4aYx77H
yo2koshiitaメディアミックスされている作品をどういう解釈すべきかの最良の実例は三浦俊彦の『エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える』だろう。東浩紀や岡田斗司夫のアニメ論オタク論に慣れてしまっていると、こういう批評がものすごく素晴らしいものに見える。
haruhimemo『エンドレスエイトの驚愕』の三浦俊彦先生とハルヒ新作の影響で、心理学者の渡辺恒夫先生という方の中でハルヒブームがきてる模様。最初はハルヒの心理の話をしていたのに途中から長門の話一辺倒になり、最近はSSまで書かれていてワロタw時間… https://t.co/rtq9MmepAK
futodoki真剣な助言なんですけれども、論理学の初歩の初歩をかじっておくと、わけのわからない議論をふっかけて馬鹿にされるってことが防げるんじゃないかな。喧嘩腰な割に足腰の強い議論ができないひとが多すぎます。三浦俊彦の『論理パラドクス』『論理サバイバル』あたりでトレーニングするといいですよ。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)