トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 佐藤亜有子

佐藤亜有子

佐藤亜有子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

佐藤 亜有子(さとう あゆこ、本名・平 亜有子〈たいら あゆこ〉、1969年10月19日 - 2013年1月5日)は、日本の作家。
1969年10月19日、岩手県出身。1989年、岩手県立盛岡第一高等学校卒業後、1994年、東京大学文学部仏文科卒業。
1996年、『ボディ・レンタル』で文藝賞優秀作に選ばれ、東京大学出身である大江健三郎の後輩が書いた性愛小説として話題を呼ぶ。同作はのちの2003年に電子書籍化され、2007年の時点でも電子書籍配信サイトの文芸部門ランキング上位を維持するロングセラーとなった。以後、SM純文学小説や『東京大学殺人事件』などを書いた。1997年、『葡萄』で第117回芥川賞候補。
2008年、5年の沈黙ののち、自分と姉が父親から性的虐待を受けていたことと精神を病んでいることを描いた『花々の墓標』を上梓した。同著の版元は精神科医・斎藤学が顧問を務めている医学書中心の出版社で、彼が解説を寄せている。
2013年1月5日、アルコールを併用した急性薬物中毒のため東京都内の自邸にて死去していたことが、3ヶ月後の4月5日に明らかとなった。1969|10|19|2013|1|5。遺作は『文藝』2013年夏季号掲載の短編「蜘蛛」。

受賞歴

佐藤亜有子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.7.30 【記者ノート】愛を書いた 愛を求めた

    小説『ボディ・レンタル』で知られ、今年1月5日に急性薬物中毒のため43歳で死去した作家の佐藤亜有子さんの遺著『ママン愛人(ラマン)』が、河出書房新社から出版された。

  • 2013.4.5 作家の佐藤亜有子さんが死去 小説「ボディ・レンタル」

    小説「ボディ・レンタル」などで知られる作家の佐藤亜有子(さとう・あゆこ、本名平亜有子=たいら・あゆこ)さんが1月5日午前0時半ごろ、アルコールを併用したことによる急性薬物中毒のため東京都港区の自宅で死去していたことが5日、分かった。

佐藤亜有子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yuzawakoichiro高校の先輩で佐藤亜有子さんという人がいた。演劇部の先輩の親友で顔を知ってるという程度で在学中もそれ以降も特に繋がりはない。それでも一度話したことがある。と言っても彼女が校内で落とした学生証を私が拾って教室に届けただけ。「あらあらこんなマヌケな顔の写真を…」と礼を言われた。
sengaiakiyuki@chikushobo02 佐藤亜有子の『東京大学殺人事件』というのもありました。
Marcho80985456佐藤亜有子さんの本は手放してしまった。生贄の単行本を手放したことを後悔。佐藤さんの文章、美しかったな…。ネイルサロンのお客さんと施術者の短編も好きだったな。
yokohamakara2佐藤亜有子さんの"抱いて、そしてそのまま殺して"を読んだ
natomiiichaaaanこのまま志麻子ワールドに進むべきか否か。もう電子書籍の佐藤亜有子さん、読んじゃったしな…
violetta117117@omoti194 佐藤亜有子『ボディレンタル』とミシェル・フーコー『性の歴史』です。自分という存在を肯定できるようになりました。まさに、セクシュアリティは人生だ!という本たちです。
aomame0119@a_rebous 佐藤亜有子さん、大好きです。遺作の「ママン愛人」を未だに読めてない
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    佐藤亜有子さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)