トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小檜山博

小檜山博

小檜山博さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。
北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。
1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。
1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。
1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。
1997年、札幌芸術賞受賞。
1998年、滝上町社会功労賞受賞。
2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。
2005年、北海道文化賞受賞。
2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。
2006年、作家生活30周年を記念して『小檜山博全集』を刊行。
2008年、毎日新聞の読者投稿からの盗用が発覚し謝罪。北海道教育大学の特任教授も辞することになった。
2009年10月3日、自身の出身地である滝上町オシラネップに文学碑[http://www.town.takinoue.hokkaido.jp/22mayer/02welcome/2009/2009-1008-1433-9.html]が建つ。

受賞歴

小檜山博関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小檜山博関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

soutetutekkenn63 好きな作家小檜山博さんJR北海道の車内誌のエッセイを書いてる人
owatankウウ小檜山博みたいな人生送りたかった
karikimoe往復とも、すずらんに合わないので普通列車にしたが、南千歳と沼ノ端の間は徐行して少し遅れた。ここは「出光カルチャーパーク」の中にあり、園内には小檜山博さんの文学碑がある。彼は苫小牧の高校を卒業した。彼は私が通っていた高校をライバ… https://t.co/MGwUtOOPRO
pontukux小檜山博や吉村昭作品でしか知らんが、電気もろくに通らない時代の先人の労苦を思えば、少しばかり電力が足らないくらい、なんてことはないだろうと思う薪ストーブ云々は軽率とはいえ、いちいちそれに噛み付いて炎上させる暇があったら、もっと別に有意義なことができそうだ
yuni_unifo小檜山博の本を読んだついでに苫小牧工業を検索したら、かわいい前あわせ(袷?)のセーラー服だった。詳しくは道新本を見ればいいんだけど、そこまでの元気はないので、かわいいなあとぼんやり眺める。
Tz_akgt小檜山博のエッセイが載ってたのはたぶん道新の記念誌なので、あのころはまだ例の盗用が起きる前の話なんですかな
tankuma66JR北海道に乗ると読める小檜山さんの随筆。先生の文章は、北海道の宝と思います。@小檜山博 https://t.co/uAof2sG0Kq
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小檜山博さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)