トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小檜山博

小檜山博

小檜山博さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。
北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。
1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。
1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。
1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。
1997年、札幌芸術賞受賞。
1998年、滝上町社会功労賞受賞。
2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。
2005年、北海道文化賞受賞。
2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。
2006年、作家生活30周年を記念して『小檜山博全集』を刊行。
2008年、毎日新聞の読者投稿からの盗用が発覚し謝罪。北海道教育大学の特任教授も辞することになった。
2009年10月3日、自身の出身地である滝上町オシラネップに文学碑[http://www.town.takinoue.hokkaido.jp/22mayer/02welcome/2009/2009-1008-1433-9.html]が建つ。

受賞歴

小檜山博関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小檜山博関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yayoikusama333このつらさを打開するには、意志強ナツ子さんの魔術師A、新潮クレスト・ブックスの夏の嘘、そして深い穴に落ちてしまったを読んで、小檜山博でも読まないとやっていられない。
takecchismtRN江成狂信者(札幌北区)よるぱ図書館で小檜山博のさりげなく北の街に似た作品借りてきました。「さりげなく下の口」 #よるぱ #STVradio
Shiromagentahttps://t.co/6Cup8lpMnB小檜山博の地の音の結末思い出した。主人公は高校生で札幌で新聞記者の仕事が決まるんだけど、母親が実家の農業つがせるための断ってしまって高校行った意味がなくなるの。
doumincollege昨日はかでる講座でした!!小檜山博さんを講師としてお迎えし、「ひとりでは生きられない」と題してご講演をいただきました(^^♪札幌会場では184名の参加がありました。札幌会場から旭川会場と標津町会場に同時中継も行い、たくさんの… https://t.co/ibNByTh8rE
036Mhmb冬に戻った(笑)それはともかく今回のブログは「今日は何の日?を見て」です。本日「小檜山博さん」とゆー作家さんのお誕生日ってことで、昔読んだこの方が書いた文章が掲載されてた小冊子のことを思い出したので、なんとなく独り言的にお話し… https://t.co/2WUsYDlce8
Blanclime「・小林多喜二『蟹工船』(1929年)博愛丸事件を題材にした。・小檜山博「黯い足音」(1976年)」
banseinen小檜山博さんの島尾敏雄評→島尾敏雄の小説は、それまでぼくが読んできた作品とは異質の、こちらの神経や細胞の中へ侵入してくる気配を感ずるような恐怖をおぼえるものだつた。「自分に出会う日」より
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小檜山博さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)