トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小檜山博

小檜山博

小檜山博さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。
北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。
1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。
1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。
1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。
1997年、札幌芸術賞受賞。
1998年、滝上町社会功労賞受賞。
2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。
2005年、北海道文化賞受賞。
2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。
2006年、作家生活30周年を記念して『小檜山博全集』を刊行。
2008年、毎日新聞の読者投稿からの盗用が発覚し謝罪。北海道教育大学の特任教授も辞することになった。
2009年10月3日、自身の出身地である滝上町オシラネップに文学碑[http://www.town.takinoue.hokkaido.jp/22mayer/02welcome/2009/2009-1008-1433-9.html]が建つ。

受賞歴

小檜山博関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小檜山博関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

seikono5小檜山博の「出刃」も離脱のとき読んだ離脱小説。主人公の母親がアル依存っぽい。
chmbunocha3i昨日は「北の肖像」「北のアーティスト」出版と「北の肖像画」展 西田陽二さんをお祝いする会に出席しました。そうそうたる方々の出席の会でしたが、小檜山博さんのお祝いの言葉が秀逸でした。
YknUmdk6小檜山博さんのエッセイはいつ読んでもいいなあと思う。
rabenda0616小檜山博さん「出刃」札幌在住北海道で農業をしていたが冷害で離農して、土木工事で働かざるをえない主人公の苦悩と、二人の子供を置いて家を出てしまった妻への未練を描いている。芥川賞候補作だったこの作品で小檜山さんは小説家として出発した。都会派小説にはない素朴さが小檜山作品にはあります
konbusakelove【読んだ本】人生という旅 / 小檜山博【聴いた音楽】BIZARRE CARNIVAL / GLIM SPANKY【聴いた音楽】Ambient 1: Music for Airports / Brian Eno https://t.co/tGI1O8ueGw
classic108fuzzパラオ・レノン、母校が一瞬登場するという理由で小檜山博の講演が催され、当然のように殺到したお母さん達が単行本を買いまくったのだが、どう考えても高校生に読ませる本じゃなかった。(外国人への変身願望のある男が巻き起こす結婚詐欺の話)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小檜山博さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)