トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小檜山博

小檜山博

小檜山博さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。
北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。
1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。
1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。
1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。
1997年、札幌芸術賞受賞。
1998年、滝上町社会功労賞受賞。
2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。
2005年、北海道文化賞受賞。
2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。
2006年、作家生活30周年を記念して『小檜山博全集』を刊行。
2008年、毎日新聞の読者投稿からの盗用が発覚し謝罪。北海道教育大学の特任教授も辞することになった。
2009年10月3日、自身の出身地である滝上町オシラネップに文学碑[http://www.town.takinoue.hokkaido.jp/22mayer/02welcome/2009/2009-1008-1433-9.html]が建つ。

受賞歴

小檜山博関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小檜山博関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

N_Koda2大橋俊夫さんの声を聴きながら旭川を発車。車中小檜山博とズゥさんとソンコdeソンコを読む。北の特急便は読まない。雪煙を眺めつつコーヒーを飲む。雪が眩しい。 https://t.co/hfud2VlkNw
banseinen小檜山博さん、一瞬の人生読了。掌編に短編がいくつか。短いだけに、ひとつの文章、セリフが重い。
viper01xゆうばり映画祭、3月15日開幕 札幌にサテライト会場 (北海道新聞): 映画祭をPRする小檜山博実行委員長(前列中央)、名誉大会長の鈴木直道夕張市長(同左から2人目)ら ゆうばり国際… https://t.co/JFUCLh7whG
ga_7_小檜山博まだ生きてるんだ
ZVZOcWnYMvPRAmZ2017年1年間で読んだ本、たぶん笑い滝上町出身作家 小檜山博「はっきりしていることは、いい本をたくさん読んだ人間の人生は豊かになるし、いい本をまったく読まない人間の生きかたや考え方は貧しい」北国の人生より https://t.co/VtK35U9EQS
4i6r6e小檜山博著の「北ぐにの人生」を読んでいる。私より20年先輩の人の体験と思いが書かれている。20年の差はこれほどの違いになる。初任給8000円に時代からの話だ。この人の書かれた本格的なものを読んでみたい気になった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小檜山博さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)