トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 小檜山博

小檜山博

小檜山博さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

小檜山 博(こひやま はく、男性、1937年4月15日 - )は、日本の小説家。本名は「博」を「ひろし」と読む。神田日勝記念美術館館長。元北海道教育大学特任教授。札幌市在住。
北海道滝上町生まれ。北海道苫小牧工業高等学校電気科卒業。高校卒業後、北海道新聞社に勤務する傍ら執筆活動を開始。「文學界」、「新潮」、「すばる」等の文芸誌にて作品を発表するほか、「北方文芸」などで同人活動を行う。
1976年に発表した『出刃』が第1回北方文芸賞を受賞し、第75回芥川賞候補となったのを皮切りに、本格的な作家活動に乗り出す。
1983年、『光る女』が第17回北海道新聞文学賞・第11回泉鏡花文学賞を受賞。
1987年、『光る女』は相米慎二によって映画化され、キネマ旬報ベストテン第9位になった。
1997年、札幌芸術賞受賞。
1998年、滝上町社会功労賞受賞。
2003年、本人の自伝に当たる『光る大雪』が第7回木山捷平文学賞を受賞。
2005年、北海道文化賞受賞。
2005年、著作「スコール」をもとにして制作された映画「恋するトマト」が大地康雄主演・製作総指揮で公開。
2006年、作家生活30周年を記念して『小檜山博全集』を刊行。
2008年、毎日新聞の読者投稿からの盗用が発覚し謝罪。北海道教育大学の特任教授も辞することになった。
2009年10月3日、自身の出身地である滝上町オシラネップに文学碑[http://www.town.takinoue.hokkaido.jp/22mayer/02welcome/2009/2009-1008-1433-9.html]が建つ。
現在は、執筆活動が低下している。

受賞歴

小檜山博関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小檜山博関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

sinkan2022-09-23 光る女 ニューマスター修復版 相米慎二/小檜山博/… [DVD] https://t.co/iuChxWJPue #sinkan
princessyumiko3@bluesky_blue 滝上までは大変ですね。小檜山博というJR車内誌に随筆をかいていた作家の故郷が滝上ですね。昔お祭りで、ヤグラの上から食品やトイレットペーパーなどを撒いていたのが有名でした。あ、また余談
lemonade_air今月号の小檜山博を読んでいなかった。 #uk9352itw5 https://t.co/qHUlA3Eb9K
QM28397615あいいろのひき『藍色の蟇』こひやまはく「小檜山博」はきだめ『塵溜』やまだゆきこ「山田順子」 https://t.co/hGaSsE2svS
k_maeike #北海道道 上雄泊の近くに、作家の小檜山博さんの生家があるそうです
DiceK_Negishi小檜山博『地の音』! 七輪やら玉子丼やら腕時計やら、ひとつひとつの描写の積み重ねで世界ができあがるのが素敵です。 https://t.co/Jy183CspEf
taqueshix「昔はあれで、小樽の玉三郎って言われてたんだってさ」というセリフが、小檜山博の小説を相米慎二が監督した映画「光る女」にあったな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
小檜山博さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)