トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 干刈あがた

干刈あがた

干刈あがたさんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

干刈あがた(ひかり あがた, 1943年1月25日 - 1992年9月6日)は、日本の小説家。本名浅井和枝(旧姓柳)。東京府出身。
安保闘争世代の女性の青春と、結婚、離婚、子育てなど、社会や家族との関わりについて、鋭い同時代性を持って描き、読者の大きな共感を得た。また、両親の出身地である奄美群島の郷土史研究家でもあった。約10年ほどの作家生活の後、49歳で死去。
講談社児童文学新人賞選考委員を、1988年から1991年まで務めた。
東京府青梅町に生まれる。東京都立富士高等学校在学中、高校新聞部連盟の呼びかけで安保闘争のデモや集会に参加する。1962年に早稲田大学第一政経学部新聞学科に入学するが、翌年中退。コピーライターを経て、1967年から70年頃まで、月刊誌『若い女性』に旅行体験記を掲載するなど、不定期的に雑誌のライターとして働き、作詞(冷泉公裕『四回戦ボーイ』)なども手がけた。
1975年に、島尾敏雄の呼びかけで作られた「奄美郷土研究会」の会員になり、島唄の採集を始める。1980年に自作の短編と詩に、採集した沖永良部島の島唄をまとめた『ふりむんコレクション』を自費出版。1982年『樹下の家族』で第1回海燕新人文学賞を受賞して商業誌デビューし、作家活動に入る。
1990年以後入退院を繰返し、1992年に胃癌により死去。書斎からは、収集していた島唄と奄美群島の民俗関係の資料が多数見つかった。毎年、命日に近い9月の土曜日に東京都青梅市の宗建寺で、かつての関係者やファンによるコスモス忌が催されている。

受賞歴

干刈あがた関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.24 【今週はこれを読め! エンタメ編】松村栄子『僕はかぐや姫/至高聖所』が帰ってきた!

    松村栄子という名前を聞いて胸をときめかせる読者のみなさんに、できればひとりでも多くの方々の目に、このレビューが触れることを願う。私たちが愛した「僕はかぐや姫」が、「至高聖所」が帰ってきましたよ!

  • 2009.4.2 その人の素顔|角田光代×池上冬樹対談「怒りからうまれるアイディア」

    第2回目は、作家の角田光代さん(聞き手は文芸評論家の池上冬樹さん)。デビューするまでの葛藤、影響をうけた作家、同時代の作家たちへの思い、創作における具体的な方法などを話していただきました。

  • 2008.12.24 作家の読書道 第86回:枡野浩一さん

    口語調の短歌で、今の時代の人の気分を的確に表現し、圧倒的な人気を得ている枡野浩一さん。短歌以外にもエッセイや漫画評、小説などさまざまなジャンルで活躍、その世界を拡大させ続け、さらには膨大な知識量でも私たちを刺激してくれています。相当な読書家なのでは、と思ったら、ご本人はいきなり謙遜。しかしお話をうかがうと、意外な本の話、意外な読み方がどんどん出できました! 爆笑に次ぐ爆笑のインタビューをお楽しみください。

干刈あがた関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

maaaaakiiiiiツイッターらしいことを。干刈あがた、私とても好きで亡くなったときかなりショックだったんですけど、いま病院の待合室で読んでてやはりとてもよいなと。こういう感じのものにのめり込むひとの未来がこれであるのは地続きです
XYVYX_XYVYXあまり有名じゃないけど干刈あがた氏の本ってなかなか面白い。学校問題、家庭問題、女性問題の三つが顕在化した時代においてそれらをうまくミックスさせて作品が出来上がってる。
Tien_yen_Ren山川方夫:夏の葬列立原えりか:あんず林のどろぼう斎藤隆介:半日村川村たかし:乳牛ホンシュウ 山へいく牛横光利一:蠅干刈あがた:プラネタリウム安房直子:鳥赤貧時代、国語の教科書はかけがえのない書物だったなぁ。この辺… https://t.co/Mwo8GNLU06
mukkun_quiz_bot【293】9月6日の命日は「コスモス忌」と呼ばれる、本名を浅井和枝という小説家で、全共闘世代の女性の生き方を鋭く描いた『ゆっくり東京女子マラソン』や『ウホッホ探検隊』で知られるのは誰?-干刈あがた
qbinidp母がテーマの小説なら、干刈あがたの『ウホッホ探検隊』や、津島佑子の『寵児』や北杜夫の『母の影』、久世光彦の『謎の母』もある。『乳と卵』も入るのか。
ZZnikoAS最近ブックカバーチャレンジをやったり、子どもの誕生日が近づいてきて「自分は小中学生の頃どんな本を読んでいたっけ」と思いだしたりしていたんだけど、思い浮かんだ3タイトルが高樹のぶ子の『光抱く友よ』、干刈 あがたの『黄色い髪』、谷村志穂の『14歳のエンゲージ』だった。
8Knee5high6highそう言えば吉本隆明が拠点にしていた「海燕」に寄稿していた作家は今でも読まれているのだろうか。干刈あがたなんてもう忘れ去られて完全に過去の人になった感じがする。『ゆっくり東京女子マラソン』や『黄色い髪』を覚えていますか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
干刈あがたさんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)