トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中村昌義

中村昌義

中村昌義さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中村 昌義(なかむら まさよし、1931年1月31日 - 1985年1月13日)は、日本の小説家。
樺太・真岡町出身。本名・重敬。父中村鷹祐は福岡県太宰府町出身で当時樺太庁真岡支庁長。1940年父がパラオ島へ単身赴任し、東京で育つ。1944年太宰府へ疎開。1945年父はB級戦犯となる。1949年筑紫丘高等学校卒、大学受験に失敗し福岡県庁に勤務。1953年早稲田大学第二政治経済学部に入学、国会図書館に勤務。1954年父が巣鴨拘置所から仮出所。1955年東京藝術大学付属図書館に勤務。間宮茂輔に師事。1956年早大中退。1957年、18歳年上の金子房と夫婦生活を始める。1962年同人「碑の会」発足、同人となる。ほかに高木卓、永松定、橋爪健、藤井重夫、間宮ら。昌義の筆名で小説を発表。1967年妻死去。1968年和洋女子大学図書館に勤務。「うずくまる闇」を『文藝』に発表。1971年埼玉県八潮町に住まう。1972年菊谷操と結婚。1976年「静かな日」で芥川賞候補、1977年「出立の冬」で同候補、1978年「淵の声」で同候補、1980年『陸橋からの眺め』で芸術選奨新人賞受賞。1982年和洋女子大で図書館学の講義を持つ。
*静かな日 河出書房新社 1977.1
*陸橋からの眺め 河出書房新社 1979.7
*ぬいぐるみの鼠 河出書房新社 1985.3

受賞歴

中村昌義関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

中村昌義関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

lettucecucumber中村昌義、稲葉慎吾の死の前後を書いた作品ですが、これがもうなんというか、あの https://t.co/ilY7adALC7
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)