トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 木村紅美

木村紅美

木村紅美さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

木村 紅美(きむら くみ、1976年1月5日- )は、日本の小説家。宮城県仙台市出身。宮城県仙台向山高等学校、明治学院大学文学部芸術学科卒業。
*1976年、兵庫県尼崎市に生まれる。
*その後、神奈川県横浜市、東京都杉並区、福岡県福岡市、千葉県千葉市と転じる。
*小学校6年の途中から宮城県仙台市に。同地で中学校、高等学校を卒業。
*大学では四方田犬彦に師事。
*ヴィレッジヴァンガード下北沢店に勤務。
*2006年「風化する女」で第102回文學界新人賞受賞。
*2008年「月食の日」で第139回芥川賞候補。
*2013年「夜の隅のアトリエ」で第35回野間文芸新人賞候補。
*2017年「雪子さんの足音」で第158回芥川賞候補。
*2018年「雪子さんの足音」で第40回野間文芸新人賞候補。
*2019年、映画「雪子さんの足音」公開。
*両親は現在岩手県盛岡市在住。

受賞歴

木村紅美関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

木村紅美関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nakamurary0ko木村紅美[春待ち海岸カルナヴァル]バスケットに朝食を詰め込んで海岸に出かける。1日の始まりとしてこれほど優雅なことはあるだろうか!このステキを提供しながら、この宿のスタッフは超現実的にほろ苦く生きている。 https://t.co/Inff4nCBB5
fishy10384K放送を楽しめる環境にないため昨夜のEテレでの再放送でやっと観れた「ニッポン島旅~沖縄黒島・旧正月 “結い”の祭り」。惚れ込んで通った八重山諸島のなかでも最も心身が馴染み、思い出深い黒島。散歩した仲本集落も懐かしく。木村紅美さ… https://t.co/F0ktGZPxBe
kuninori55しんぶん赤旗連載中の木村紅美「あの子が石になるまえに」が今日で100回目。新聞連載を毎日読むというのが、意外にもなかなか難しく、わたしはデジタル版だが読み忘れたり、時間や空間が融通無碍に接続するので繋がりに戸惑ったりー。何日か分を… https://t.co/5KKqyPPj5T
noe76305235岩手県を舞台にした小説をもう1冊。『イギリス海岸』木村紅美(メディアファクトリー)。離れて住んでいる双子の物語を、交互に語る連作短篇集。ちらりと垣間見られる場面から、書かれていない部分に思いを巡らせるのが楽しかった。この本は200… https://t.co/CgaVgo3PQ5
izurua@0o0giwara おぎわらさんの初装画が木村紅美さん、嬉しい
ii_book #おすすめの電子書籍 雪子さんの足音  著:木村紅美 [内容紹介] https://t.co/c0WQxhtFgc
yatonobananaきょうの潮流本紙連載中の小説「あの子が石になるまえに」の著者で作家の木村紅美(くみ)さんから「コロナ禍で家ごもり&すみれ探しの日々を送っています」とメールが来ました▼「外に出なくてもすむ仕事だからできるのですが」と断った上で、… https://t.co/NDBrrB3Oi2
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
木村紅美さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)