トップページ > 作家名一覧 > こから始まる作家名一覧 > 河野裕子

河野裕子

河野裕子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

河野 裕子(かわの ゆうこ、1946年7月24日 - 2010年8月12日)は、日本の歌人。「塔」選者。夫は歌人の永田和宏。長男永田淳、長女永田紅も歌人。
熊本県上益城郡御船町に生まれ、滋賀県石部町(現湖南市)に育つ。京都女子高等学校を経て京都女子大学文学部国文科卒業。高校時代より作歌を始め、大学3回生(23歳)のときに角川短歌賞受賞。宮柊二に師事。みずみずしい青春の恋愛歌を収め、新鮮な言葉で女性の心をのびやかにうたった第1歌集『森のやうに獣のやうに』でデビュー。感覚と身体性を総動員して生の実感を表現する作風で、戦後の女性短歌のトップランナーであった。毎日新聞歌壇、NHK短歌の選者や織田作之助賞の選考委員のほか、夫永田和宏と共に「宮中歌会始」選者も務めた。
晩年は乳がんと闘病し、その境涯を多く歌に詠んだ。また、木村敏のカウンセリングを受けていた。2010年8月12日に死去。

受賞歴

河野裕子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.11.22 第2回河野裕子短歌賞 最優秀賞の沢辺さん 親子で連続受賞「うれしい」

    戦後生まれを代表する女性歌人、河野裕子(かわの・ゆうこ)さんを顕彰する第2回河野裕子短歌賞(産経新聞社主催、京都女子大学共催)の表彰式が24日、京都市東山区の京都女子大で行われる。

  • 2013.5.23 木南さんに最高賞 与謝野晶子短歌文学賞

    第19回与謝野晶子短歌文学賞(産経新聞社主催、兵庫県、豊岡市、城崎温泉観光協会共催、高松建設特別協賛)の選考が22日までに終わり、最優秀の文部科学大臣賞に、兵庫県たつの市の木南圭子さん(80)の「ひとり用惣菜さわにならべたる明るきストアのこの寂しさは」が選ばれた。選者は篠弘、伊藤一彦、今野寿美の各氏。

  • 2012.11.14 第1回「~家族を歌う~河野裕子短歌賞」

    戦後生まれを代表する女性歌人で、平成22年8月に64歳で亡くなった河野裕子さんを顕彰する「~家族を歌う~河野裕子短歌賞」(産経新聞社主催、京都女子大学共催)。11日に発表された第1回の入賞作品には、家族や日常の風景を大切に詠み続けた河野さんのように、思いのほとばしる力作がそろった。

河野裕子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

meg_kei9.好きな歌人は?小島ゆかりさん。父に紹介された河野裕子さんの言葉に「誰か一人の歌人に惚れて惚れて惚れこんでください」というのがあり、暫くはそれを守ろうと思っています。短歌総合誌などでは色々な方の歌を読みますが、やわら… https://t.co/lFp1TN4QwJ
bozumarukome #積読チャレンジ 今週末は河野裕子一首評のために晩年の歌集三冊を再読します。 https://t.co/90pgRPBy1f
minipan0botたとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらって行つてはくれぬか(河野裕子)
eventscramble登校のできぬ息子が父の日に車を洗ふ明日は夏至なり(米国、新谷優子さん/第4回河野裕子短歌賞入選)コロナの年の歌ではありませんが、「登校のできぬ息子」今年は多かったでしょう。もうすぐ父の日。「第9回~家族を歌う~河野裕子短歌賞」… https://t.co/9OLUOtZ1St
YoshidaOkina河野裕子の「たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに 私をさらって行ってはくれぬか」が好きです
t_a_n_k_a_bot_わが頬を打ちたるのちにわらわらと泣きたきごとき表情をせり(河野裕子)
PyongPyongGumoこのひとはだんだん子供のやうになるパンツ一枚で西瓜食ひゐる(河野裕子)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
河野裕子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)