トップページ > 作家名一覧 > うから始まる作家名一覧 > 上田三四二

上田三四二

上田三四二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上田 三四二(うえだ みよじ、1923年(大正12年)7月21日 - 1989年(平成元年)1月8日)は、日本の歌人、小説家、文芸評論家。
兵庫県加東郡市場村字樫山(現・小野市樫山町)出身。柏原中学、第三高等学校、京都帝国大学医学部卒。内科医として国立京都療養所や国立療養所東京病院に勤務。
1949年に歌誌「新月」に参加し、アララギ派の歌人として出発。1956年には歌会「青の会」結成に参加。歌は愛の声であり、浄念(清い思い)であると唱えた。二度の大病を経て、晩年は生命の内面を見つめ直した著述が多くなっていく。1979年~1984年には、宮中歌会始選者を務めている。平成改元最初の日である1989年1月8日、大腸癌のため東京都東村山市の病院で死去。

受賞歴

上田三四二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.5.14 小野市詩歌文学賞決まる 6月9日授賞式

    兵庫県小野市は、地元出身の歌人上田三四二(1923~89年)を顕彰し、全国から推薦された短歌と俳句の中から最優秀作品をたたえる第10回小野市詩歌文学賞(神戸新聞社後援)を、短歌部門は川野里子さん(58)=千葉市=の歌集「硝子の島」、俳句部門は櫂未知子さん(57)=東京都=の句集「カムイ」に贈ると発表した。

  • 2016.4.4 小野市詩歌文学賞 短歌、俳句の受賞作決まる

    兵庫県の小野市は同市出身の歌人上田三四二(1923~89年)を顕彰し、全国から推薦された短歌と俳句作品の中から優秀作をたたえる「第8回小野市詩歌文学賞」(神戸新聞社後援)の受賞作を発表した。

  • 2013.4.6 小野市詩歌文学賞:明石・友岡さんらに 県内初、俳句部門で /兵庫

    小野市出身の歌人、上田三四二(みよじ)にちなんだ「第5回小野市詩歌文学賞」は、短歌部門で高野公彦さん(71)=千葉県市川市=の歌集「河骨川(かうほねがは)」と、伊藤一彦さん(69)=宮崎市=の歌集「待ち時間」がダブル受賞した。

上田三四二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akari_daisukiわぁい上田三四二 あかり上田三四二大好き
yabukita4869上田三四二の橋姫、主人公は一人の男をひたすら求める女だけど、何だろうか。これは女ではない気がする。もっと男女の境を無くしたような、欲念、想念の塊が、女の姿をついて像を結んでいるような、、、
rapetanka瀧の水は空のくぼみにあらわれて空ひきおろしざまに落下す /上田三四二
honzuki_jp一雨ごとに芽吹かむ木々か 亡びたる国にも馴れてまた春に逢ふ  『昭和万葉集秀歌 (3)/上田三四二/講談社』 https://t.co/QH1ShaS9yV #本が好き
winternowhere交合は知りゐたれどもかくばかり恋しきはしらずと魚玄機言ひき 上田三四二 #tanka
bikasebu(エフェ)明治の作家・坪内逍遥が作品を書く際に用いた別号 春廼舎朧 Aはるのやおぼろ/(エフェ)大正・昭和期に活躍したアララギ派の歌人 上田三四二 Aうえだみよじ/(キュ)1934年の作品『ミヤコホテル』騒動を巻き起こした俳人です Aひのそうじょう(日野草城)
y_ranking_news(7/18) 詩、詩集の本ランキング4位:この世 この生 西行・良寛・明恵・道元 新潮文庫/上田三四二(著者)https://t.co/ZBHQd4z6Kk
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上田三四二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)