トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 上林暁

上林暁

上林暁さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

上林 暁(かんばやし あかつき、1902年(明治35年)10月6日 - 1980年(昭和55年)8月28日)は、日本の小説家で、昭和期を代表する私小説作家の一人。高知県出身。本名は徳廣巌城(とくひろ いわき)。『薔薇盗人』で登場、その後私小説に活路を拓き、『聖ヨハネ病院にて』などの病妻物で高い評価を受けた。
高知県幡多郡田ノ口村下田ノ口(現・黒潮町)に生まれた。
高知県立三中(現高知県立中村高等学校)の時代には、雑誌『文章世界』に影響を受け、友人らと語らって回覧雑誌『かきせ』を発行し、この頃に小説家になる希望を持った。また、芥川龍之介に傾倒する。
1921年(大正10年)に熊本の第五高等学校文科甲類に入学。入学した年に校友会雑誌『龍南』の懸賞創作に応募した『岐阜提燈』が三等に入選。翌年には雑誌部委員となる。1922年(大正11年)に高等学校の寮を出て、熊本市上林(かんばやし)町75の森山方に下宿、「上林」の筆名は、このときに住んだ地名に由来する。
東京帝国大学文学部英文科に進学し、1927年(昭和2年)に卒業後は改造社に入社。『現代日本文学全集』の校正や雑誌編集に従う傍ら、同人雑誌『風車』を刊行し、同誌に『渋柿を囓る少年又は飯を盗む少年』『凡人凡日』『夕暮の会話』を発表する。改造社では従業員の執筆活動を禁止していたため、「上林暁」の筆名を用いた。
1932年(昭和7年)8月、『薔薇盗人』が川端康成に、「云ひたいことを実によく裏に押しこめながら、反つてよく貧苦を浮ばせ、目に見えぬものを追ふかのやうな少年の感情を生かしたことは、生活を見てゐる眼の誠実の手柄である」と激賞され注目されたが、1938年(昭和13年)の『安住の家』により、ようやくその作風を確立した。1939年(昭和14年)に妻の繁子が精神病を発病して、1946年(昭和21年)に亡くなるまでの間、『聖ヨハネ病院にて』などの“病妻もの”を書き、広く読者に迎えられた。
1962年(昭和37年)、二度目の脳出血で半身不随となったが、妹・睦子の献身的な介護と口述筆記により『白い屋形船』以下の小説を書きついだ。
尾崎一雄と並び戦後期を代表する私小説(心境小説)の作家である。生活上の不遇を背景としつつも、それに負けない向日性をストイックで端正な文体が支える。また、話し言葉がリードし独特のリズムをもつ尾崎の文章を“音楽的”と評するならば、一種幻想的とも言える色彩感覚をもつ上林の文章は“絵画的”と評することができるだろう。上林と交際していた作家の伊藤整は、「上林君などの私小説家の生き方から最もよく日本文学を学んだ」と書いている。
代表作は、『薔薇盗人』『聖ヨハネ病院にて』『春の坂』『白い屋形船』『ブロンズの首』など。
1969年、日本芸術院会員。1980年8月28日、脳血栓のため東京都杉並区天沼の病院で死去。

受賞歴

上林暁関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2013.3.10 児童生徒の文学賞、あかつき賞5人を表彰

    幡多郡黒潮町出身で私小説の代表的作家、上林暁(1902~80年)にちなみ、上林暁顕彰会(植田馨会長)が町内の児童生徒の作文を対象に毎年開催している「あかつき賞」の受賞5作品が決まり9日、同町入野の大方あかつき館で表彰式が行われた。

  • 2012.9.25 大原富枝さんの生涯紹介 高知県立文学館

    逆境の中で生きる女性を描き続けた小説家、大原富枝さんの87年の生涯を振り返る「大原富枝生誕100周年~書くことは生きること~展」が24日、高知市丸ノ内1丁目の県立文学館で始まった。著書や原稿など約300点を展示している。11月11日まで。

上林暁関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tsurezuresha★明日から営業します!今日まで夏季休業をいただきましたが明日13日(土)より通常営業いたします!12時よりこんな本も取り揃えてお待ちしています!#今日の新入荷棚 上林暁全集 増補改訂版西武のクリエイティヴ・ワ… https://t.co/XaMeA2jnLs
ushitohon★明日から営業します!今日まで夏季休業をいただきましたが明日13日(土)より通常営業いたします!12時よりこんな本も取り揃えてお待ちしています!#今日の新入荷棚 上林暁全集 増補改訂版西武のクリエイティヴ・ワ… https://t.co/apexwALYMG
qma_bibun_botスロ ・1973年に小説『ブロンズの首』で第1回川端康成文学賞を受賞した『聖ヨハネ病院にて』などの作品がある作家→上林暁(かんばやしあかつき)
Grevillius7山本善行(撰)「上林暁傑作随筆集 故郷の本箱」(夏葉社)読了。上林氏の文章の如く柔らかい心持ちで日々過ごせたら、なんと愉快でありましょうか。#本#読了#夏葉社 https://t.co/cgsJG8XRwq
Mutlu_Ada富士吉田などに出かけるとこんな景色を毎日みて通学する子供たちはどう育つんだろうと想像したりするが、富士の稜線をみて感嘆した上林暁と青柳瑞穂に、太宰治は「それでも、毎日見ていると、やりきれなくなりますよ」といったそうだ。(文と本と旅… https://t.co/9k39cEx0Pb
Canoe_Kenカヌー犬ブックス8/11更新①「ばあやん」-上林暁-高知の上林の生家の祖母のことを中心に少年時代の故郷での暮らしをつづった「ばあやん」や病床の枕元にある著者のブロンズの首を制作した今は亡き彫刻家との関わりと描いた「ブロンズの首… https://t.co/5twfREAqCY
nana_duki戦後高知の言論・表現探る 「占領期の地方総合文芸雑誌事典 下巻」 | 高知新聞 https://t.co/N0FVbim6hD『下巻には西日本の雑誌を収録。高知新聞社が46~50年に発行した「月刊高知」は、やなせたかしや上林暁らけんかんけいの作家・画家が小説や随筆を執筆』
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
上林暁さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)