トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉行淳之介

吉行淳之介

吉行淳之介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉行 淳之介(よしゆき じゅんのすけ、1924年(大正13年)4月13日 - 1994年(平成6年)7月26日)は、日本の小説家。代表作に『驟雨』『砂の上の植物群』など。対談やエッセイの名手としても知られた。
岡山県岡山市に父・吉行エイスケ(モダニズムの詩人)、母・あぐり(美容師)の長男として生まれる。同じ町内には内田百閒がいた。2歳の時に両親が上京、東京麹町に育つ。府立一中と武蔵高等学校尋常科と府立高等学校尋常科の受験に失敗し、麻布中学に進学。
1940年に父・エイスケが急死。しかし自身はその頃腸チフスにかかり入院していたため死を知らされたのは退院後であった。翌41年に旧制静岡高校(現静岡大学)文丙(文系仏語クラス)に進むが、2年進級時に「心臓脚気」という仮病で1年休学、この頃より文学に関心を持つようになる。
1944年、徴兵検査を受け甲種合格、20歳で召集されるが、9月1日の入営直後に気管支喘息と診断され即日帰郷。翌年も徴兵検査を受け、再び甲種合格となったが召集前に終戦を迎えている。1945年4月、東京帝国大学に入学。5月25日の空襲で焼け出され自宅を失った。
大学の授業にはあまり出席せず、新太陽社で編集のアルバイトをしていた。社長の勧めで学業を放棄し(学費を一度も払わず、学費未納のため除籍処分)、1947年に新太陽社へ入社。『モダン日本』『アンサーズ』などの雑誌の編集に携わった。このときアルバイト編集者に澁澤龍彦がいた。『モダン日本』時代に小島功らと交流、赤川童太、鈴木義司、富永一朗らを抜擢し、新人漫画家の発掘の天才と言われた。
倒産寸前の会社で多忙を極めつつ、『世代』『新思潮』などの同人雑誌に年一作のペースで作品を発表。同人雑誌を通して安岡章太郎、近藤啓太郎、阿川弘之、三浦朱門、島尾敏雄らと知り合った。
1952年『原色の街』が芥川賞候補になり、その後も『谷間』、『ある脱出』が候補に上る。『谷間』発表後、空洞が肺に見つかり結核と診断され会社を休職、翌53年の春に退社した。退社後は千葉県佐原市の病院に夏まで療養し、11月に清瀬病院に入院。その間は生計のためにABC放送のラジオ原稿を書いていた。清瀬病院で療養中の1954年に『驟雨』で第31回芥川賞を受賞、収入の手段が他にないので、受賞を機に作家生活に入った。当時、同世代の作家である遠藤周作、安岡章太郎、三浦朱門、近藤啓太郎らと共に「第三の新人」と呼ばれた。
1979年、日本芸術院賞を受賞し、1981年、日本芸術院会員となる。晩年は数々の病気を克服しながら執筆を続けた。
1994年、肝臓癌のため聖路加国際病院で逝去した。1924|4|13|1994|7|26。戒名は清光院好文日淳信士。墓所は岡山市北区御津金川(旧:御津郡金川町草生)の吉行家墓地にある。

吉行淳之介新刊

  • 発売日
    2018年10月19日
  • 書名
    短編アンソロジー 味覚の冒険 (集英社文庫)

受賞歴

吉行淳之介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉行淳之介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

describegravityその女を、彼は気に入っていた。気に入る、ということは愛するとは別のことだ。愛することは、この世の中に自分の分身を一つ持つことだ。それは、自分自身にたいしての顧慮が倍になることである。『驟雨』吉行淳之介
fantastique_tan吉行淳之介さんの作品は幻想文学かしら?それはわからないけど、吉行さんは澁澤先生のバイト先の上司よ。二人が作家になったあとも、交流が続いていて、澁澤先生の本棚に吉行さんから送られてきた「驟雨」があったことを覚えているわ。
nw54wi9pych0虎は死して皮を残し、人は死して名を残す。 保険に入っていれば金を残す。:吉行淳之介
rmncs55h失恋の名言:恋愛をして分かることの一つは、 時間というものは一定の速度で過ぎていかなければならぬということです。 吉行淳之介
pokakopokako吉行淳之介「廃墟の眺め」読了。とても短い作品。でもその中に、驚くほど残酷な過去があった可能性の示唆。戦争は普通の人たちにとんでもない重荷を背負わせたのだと痛感させられる。
tetsu_1427恋愛をして分かることの一つは、時間というものは一定の速度で過ぎていかなければならぬということです。 吉行淳之介
koinomeigen_bot恋愛をして分かることの一つは、 時間というものは一定の速度で過ぎていかなければならぬということです。by 吉行淳之介
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉行淳之介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)