トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉行淳之介 > 夕暮まで

夕暮まで(吉行淳之介)

夕暮まで(著者:吉行淳之介)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:夕暮まで (新潮文庫)
  • 著者:吉行 淳之介
  • ページ数:184
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101143110
  • ISBN-13:9784101143118

夕暮まで関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉行淳之介のその他受賞歴(候補含む)

夕暮まで関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tonkatu_kazuyaこの人(吉行淳之介)やっぱりわかっているなと思うのは、性なんか、たわいのないくだらないことだ、ということをよくわかっているんですよ。『夕暮まで』は、〔略〕その情けなさがイイ。『小説の運命Ⅰ』
kanro300◎夕暮まで 吉行淳之介 新潮社 昭和54年 https://t.co/8Wtk7Msleo #ヤフオク
URRmh6NIEvpvISP『あの作家の隠れた名作』PHP研究所有名作家の小説を斬新分析。川端康成って上品なR18小説の名手なのかも、『片腕』。主人公が生身の女性に触れられない理由は。若い女性と既婚男性の愛を描いた吉行淳之介『夕暮まで』は「ごっこ遊び」。未… https://t.co/BkZnzy934f
maruyaessaiこれを一つ現代日本文学に応用したらどうだらう。吉行夕暮まで淳之介大江われらの狂気を生き延びる道を教えよ健三郎(長すぎる)井上吉里吉里人ひさし安岡流離章太郎(漢文みたいである)辻背教者ユリアヌ邦生埴谷死霊雄高(スゴミあり)『好きな背広』
Y20220601村上春樹『遠い太鼓』吉本ばなな『体は全部知っている』安部公房『第四間氷期』吉行淳之介『夕暮まで』の4冊ポチった。
kitty__keiko『夕暮まで』吉行淳之介何回読んでも「勃たなくなるまで若い娘とやり尽くす好色オヤジの話」だわ。私には上等なスープの味がわからんかった。港の駅で降ろすんじゃなく、第三京浜の車道に放り投げたら『スローなブギにしてくれ』、娼婦と92万… https://t.co/XVOhZqRN3r
sunagimon_taro昨日の下鴨納涼古本祭りにて・吉行淳之介『夕暮まで』・開高健『夏の闇』・シェイクスピア 『アテネのタイモン』 『タイタス・アンドロニカス』 『お気に召すまま』 https://t.co/cwBSJiQVM3
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)