トップページ > 公募ではない賞一覧 > 川端康成文学賞 > 2007年−第33回 川端康成文学賞

川端康成文学賞

2007年−第33回 川端康成文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。

第33回—2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

その他の回のデータ(全データ一括表示

川端康成文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川端康成文学賞関連つぶやき

roadwalk3二人の結婚は美しかった。なぜなら彼女は離婚する力を持っていたから。二人の離婚もまた美しかった。なぜなら彼女は友達となれる心を持っていたから。- 川端康成 -(日本の小説家、ノーベル文学賞受賞 / 1899~1972) Wikipedia
kindaibungaku032.【川端康成】抒情的で幻想的な美をたたえる世界を構築し、伝統的な日本の美とその心を描いた。作品には『伊豆の踊子』『雪国』などがある。その功績が認められ、日本人初のノーベル文学賞を受賞した。
BeatTheQ_work日本人として初めてノーベル文学賞を受賞したのは誰?1. 川端康成【正解】2. 大江健三郎3. 芥川龍之介
qmabungaku【四択】日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した作家は?1.川端康成2.大江健三郎3.谷崎潤一郎4.開高健→1(かわばた やすなり)
bikasebu(線)川端康成文学賞を受賞した小説と作者 雪女―和田芳恵 海にゆらぐ糸―大庭みな子 三界の家―林京子 時に佇つ―佐多稲子 望潮―村田喜代子 黙市―津島佑子 お供え―吉田知子
maimaisakisaki川端康成先生の人生とかキツすぎて絶対に嫌だわ。ノーベル文学賞取れる人生だけど絶対に嫌。身内ほぼ全員死ぬとか、文才と引き換えに悪魔と契約したとしか思えないレベル。
sakikawa_oto川端康成青春文学賞の原稿なう。もう1作出すのじゃ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)