トップページ > 公募ではない賞一覧 > 川端康成文学賞 > 歴代受賞情報一覧

川端康成文学賞

川端康成文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。2019年3月25日、審査委員長である川端香男里理事長の体調不良と財政の問題から、川端康成文学賞の選考を休止することを発表した。

第39回2013年

受賞

第38回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第37回2011年

受賞

候補

候補

第36回2010年

受賞

候補

候補

第35回2009年

受賞

候補

候補

候補

候補

第34回2008年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第33回2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第32回2006年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第31回2005年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第30回2004年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第29回2003年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第28回2002年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第27回2001年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第26回2000年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

第25回1998年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第24回1997年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第23回1996年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

第22回1995年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第21回1994年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

第20回1993年

参考情報:結果/選考委員

候補

候補

候補

候補

第19回1992年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

第18回1991年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第17回1990年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

第16回1989年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第15回1988年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

第14回1987年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第13回1986年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第12回1985年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第11回1984年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第10回1983年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第9回1982年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第8回1981年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第7回1980年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補(受賞辞退)

候補

第6回1979年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第5回1978年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第4回1977年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第3回1976年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第2回1975年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

第1回1974年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

川端康成文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川端康成文学賞関連つぶやき

qmabungaku【四択】日本人として初めてノーベル文学賞を受賞した作家は?1.川端康成2.大江健三郎3.谷崎潤一郎4.開高健→1(かわばた やすなり)
non_qma_bot【連】プラハの春/川端康成にノーベル文学賞/三億円事件が発生/メキシコ五輪が開催 →1968年(昭和43年)(※ヒント1~2は非固定)
yurubngkbot川端康成文学賞作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。1974年(S49)~現在
kindaibungaku072.【川端康成】日本人初のノーベル文学賞受賞者。菊池寛らに認められ、文壇に登場。横光利一らと『文芸時代』を創刊し、新感覚派作家として独自の文学を展開。ノーベル賞受賞後は殆ど創作活動を行っておらず、1972年にガス自殺を遂げた。代表作は『伊豆の踊子』『雪国』など。
msm_kwbt三島:日本文学の一番目の詰んだ、一番洗練されたものが、こうやってノーベル賞を獲っていただいたということが、どんなに日本人を勇気づけられたかわからないと思います。-1968年10月18日「川端康成氏を囲んで」
shincholive_bot『天授の子(新潮文庫)』(川端康成)ノーベル文学賞を受賞した著者が、あまりに自伝的なため収録を躊躇したという表題作を含む、魂の奥の奥にふれる貴重な作品集。https://t.co/ZNUZ18MKdi
wiz_rearrange次の人物を、ノーベル文学賞を受賞したときの年齢が若い順に並び替えなさいキップリング→ヘミングウェイ→スタインベック→川端康成
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)