トップページ > 公募ではない賞一覧 > 川端康成文学賞 > 歴代受賞情報一覧

川端康成文学賞

川端康成文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

川端康成文学賞(かわばたやすなりぶんがくしょう)は、作家の川端康成を記念して作られた文学賞。川端康成のノーベル文学賞賞金を基金とする公益財団法人川端康成記念会が主催している。本賞は、前年度の最も完成度の高い短篇小説に贈られる。

第39回2013年

受賞

第38回2012年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第37回2011年

受賞

候補

候補

第36回2010年

受賞

候補

候補

第35回2009年

受賞

候補

候補

候補

候補

第34回2008年

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第33回2007年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第32回2006年

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第31回2005年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第30回2004年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第29回2003年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第28回2002年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

第27回2001年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第26回2000年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

第25回1998年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第24回1997年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第23回1996年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

第22回1995年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第21回1994年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

第20回1993年

参考情報:結果/選考委員

候補

候補

候補

候補

第19回1992年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

第18回1991年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第17回1990年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

第16回1989年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第15回1988年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

第14回1987年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第13回1986年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第12回1985年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第11回1984年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第10回1983年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第9回1982年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第8回1981年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第7回1980年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補(受賞辞退)

候補

第6回1979年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第5回1978年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第4回1977年

参考情報:結果/選考委員

受賞

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

候補

第3回1976年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

第2回1975年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

第1回1974年

参考情報:結果/選考委員

受賞

候補

候補

候補

候補

候補

候補

川端康成文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

川端康成文学賞関連つぶやき

munenoli川端康成が50年も前に俗悪の比喩として千羽鶴を引用したのはすごい【私の小説『千羽鶴』は、日本の茶の心と形の美しさを書いたと読まれるのは誤りで、今の世間に俗悪となつた茶、それに疑ひと警めを向けた、むしろ否定の作品なのです。— 川端康成「ノーベル文学賞受賞記念講演」】
nogamiyaeko_bot川端康成の「千羽鶴」をよんで見た。これが日本の代表的な文学として、芸術院賞まで与へられてゐるのはおどろくべきことである。これらの女たちには十二単衣をきせ、平安朝の時代に住ませる方がふさはしい。またこの男も現代には生きる場所がなさそうな存在である。『日記』(昭和28年5月23日)
non_qma_bot【連】プラハの春/川端康成にノーベル文学賞/三億円事件が発生/メキシコ五輪が開催 →1968年(昭和43年)(※ヒント1~2は非固定)
6Z6eGA1B2TGRCkG『韻文祭』ノーベル文学賞に輝く川端康成氏の小説の特徴に繊細な描写力がある。「雪国」に於ける縮の生成過程こそその典型である。① 「雪国」に 読むや縮の 描写力縮は夏に着る高級な心地よい肌触りが身上。其を漁師が着るのもその軽… https://t.co/xWl0I0Sqdr
qmabungaku【連想】息子の也寸志は作曲家/文藝春秋社の新人文学賞/1927年に服毒自殺/『羅生門』『鼻』『杜子春』A.芥川龍之介B.川端康成C.太宰治D.三島由紀夫→A(あくたがわ りゅうのすけ)
Rashimban2【近代文学9】~新感覚派~①横光利一『機械』②川端康成『伊豆の踊子』『雪国』※「文芸時代」を創刊した横光利一・川端康成らは、斬新で大胆な表現法で感覚的な美をねらった文芸運動をおし進めた。1968年、川端康成は『雪国』で日本人として初のノーベル文学賞を受賞。
5296sk7先日、僕自身初となる小説を完成させ、川端康成青春文学賞へ応募しました。いやぁ~、骨が折れました。入賞するように、七夕さまにお願いしました。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)