トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中上健次

中上健次

中上健次さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中上 健次(なかがみ けんじ、1946年8月2日 - 1992年8月12日)は、日本の小説家。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。戦後生まれでは初の芥川賞作家。
和歌山県新宮市生まれ。和歌山県立新宮高等学校卒業。羽田空港などで肉体労働に従事したのち、執筆に専念する。紀州熊野を舞台にした数々の小説を描き、ひとつの血族と「路地」(中上健次は被差別部落の出身であり、自らの生まれた部落を「路地」と名付けた)のなかの共同体を中心にした「紀州サーガ」とよばれる独特の土着的な作品世界を作り上げた。1976年『岬』で第74回芥川賞を受賞、戦後生まれで初めての芥川賞作家となった。他の主要作品に『枯木灘』(毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞)『千年の愉楽』『奇蹟』などがある。1992年、腎臓癌の悪化により46歳で早逝した。
=
和歌山県新宮市で父、鈴木留造と母、木下千里との間に私生児として生まれた。千里が健次を妊娠中、留造が他の女性を2人妊娠させていたことが発覚したため千里は留造と離別して一人で健次を産んだ。留造は妊娠させた女性のうちの一人と結婚し、この女性は健次の異母弟を産む。留造はこの女性との間にさらに二児をもうけた。もう一人の女性は健次の生誕の半年後、健次の異母妹にあたる女児を産む。
千里には死別した前夫の木下勝太郎との間に既に4人の子供があり、留造と別れたあとは女手一つで行商をしながら子供たちを育てる。
やがて、男児一人を連れた土建業を営む中上(なかうえ)七郎と出会い、末子の健次を連れて同居、4人での生活をはじめ、健次が中学生の時、千里は健次とともに中上七郎のもとに入籍した。group="注釈"|したがって中上健次は「母方で言えば三男、父方で長男、戸籍上で長男、育った家庭では次男という複雑極まりない状態」で少年期を過ごしたことになる。
1953年、新宮市立千穂小学校に入学する。小学6年生の終わり頃、12歳年上の異父兄・木下行平が縊死するという事件が起こる。中上は大きな衝撃を受けた。group="注釈"| 中上の作品にはこの衝撃的な出来事は繰り返し登場する。『一番はじめの出来事』『補陀落』『岬』『鴉』『奇蹟』などである。彼の文業を貫く重要な主題であった。1962年に和歌山県立新宮高等学校に入学する。精力的に本を読み始め、マルキ・ド・サド、ルイ=フェルディナン・セリーヌ、ジャン・ジュネなどを愛読、また当時新進作家だった大江健三郎group="注釈"|最初期の中上健次は大江健三郎のエピゴーネンであることはよく指摘される。 中上自身も「僕は昔 、大江さんの書き方にとても影響を受けた。あの人のすごい言語感覚が俺の言語感覚みたいのに反応して、それを使いたくてしようがなくなる」と述べている。 group="注釈"| 「俺が喧嘩する相手は 、ほとんどこっちがやきもちを焼いている人間なんだよ 」の言葉の通り、先行する優れた小説家、大江健三郎は作家として一人前になった中上の攻撃の対象となった。大江の海外文学理論を援用するブッキッシュな小説作法や、反核や戦後民主主義擁護のような理想主義的な言動を批判的に見た。もちろん同時に尊敬もあり雑誌「ダカーポ」で連載した文芸時評などにおいて大江の『人生の親戚』や『夢の師匠』の出来の素晴らしさに瞠目したことを語り「他の人と横並びに読んでみると 、大江さんはダントツなんだよ」という賛辞を率直に述べたりもしている。両者は一度、文芸誌「新潮」において主に海外の文学や理論を巡って意見を交わす直接対談をしている。(多様化する現代文学『中上健次全発言II -1978〜1980』所収)晩年はフランクフルト日本ブックフェアのシンポジウム(1990)、共に選考委員を務めたか三島賞の選考会など公的な場所で同席することも多かった。 や石原慎太郎などの日本人作家の作品を含め、膨大な量の読書をした。 group="注釈"|中上の母親は文盲にちかく、家のなかで息子が文学などの文物に触れることについてはあまり良い顔をしなかった。中上には医者の息子の裕福な親友がおり、読みたい書物や聴きたいクラシックのレコードをリストアップして買ってもらって、親友の部屋でそれらに触れた。 高校在学中、処女作『赤い儀式』を執筆する。group="注釈"|エッセイ集『破壊せよ、とアイラーは言った』に収録された。

受賞歴

中上健次関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

中上健次関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

5u_im『木橋』永山則夫「無知の涙」が圧倒的に有名だが、こちらの短編集の方が、本当の永山則夫だと思う。閉ざされた拘置所の独居で、これらの作品を書いただけでも、その才能がわかる。故・中上健次も随分と永山に肩入れしていた。だが、連続強… https://t.co/REb1Fjugxa
nyangomasan@maggot_p ああ、中上健次が有名になったのは70年代後半ですよね。自分は小学生の頃、父の仕事で、時々周参見にも連れて行ってもらったですが、温泉と茫漠たる岩場、そして、42号線の崖の上にあった小さな食堂の厳しくて、寂しいイメージです。文字通り「枯木灘」ですね。
hdtsh0504中上健次の小説を幾つか読み直した後、谷崎潤一郎の細雪を再読しているけど、驚くほど心地よい。谷崎以来の物語作家になると言っていたみたいだし当然影響は受けているだろうとは思っていたけど、物を語るその口振り・手つきにこんなに影響があるとは。どっちも素敵。
n_crow_nウエルベック中上健次是枝裕和を一枚のレボートに詰め込んだら、レポートが破裂した。
the_last_trust中上健次さんまだ読めてないんだけど読んでないと男としてカッコ悪いんじゃないかって思っちゃうんだよね https://t.co/opcLPXVV8F
mimilegazpi今月はなるだけ古井由吉と中上健次を読むぞ
WangChangHardyあつまれ どうぶつの森著:中上健次
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)