トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

40BJ42VV8何にしても、老人の記憶は当てにならない。脳内補完や美化もあるし、時系列が混乱する。吉村昭さんが戦争を題材にした作品を書かなくなったのもそれが理由でした。
orbfz私はアル中ですが、お酒を飲まない人にとって酔っ払いは怖くて気味の悪い存在だというのを、吉村昭の小説「海も暮れきる」で学びました。俳人 尾崎放哉の晩年を描いた史実小説ですが、当の放哉は酒乱で最後に住み着いた小豆島でも周りに迷惑をかけ… https://t.co/EdeoiGAzfq
shincholive_bot『彰義隊』(吉村昭)吉村昭、最後の長篇小説。戊辰戦争でたった一人、朝敵となった皇族がいた。江戸時代の終焉を描いた歴史文学の頂点。 https://t.co/2YtEcWSt9c
pictogram_manお船記事を書くために読んでおきたい本メモ・メルヴィル『白鯨』(読み切るのがきついと噂)・佐藤大輔『征途』(必修科目なので)・ブラウアー『宇宙船とカヌー』(タイトルに惹かれる)・ヘイエルダール『コン・ティキ号探検記』(同上)・吉村昭『漂流』(無人島サバイバル小説の傑作)
medi_qma(並)吉村昭の小説『北天の星』の主人公になっている、日本初となる種痘を行うも、秘術として広めなかったという人物は? →中川五郎治
pareidolie_今更ながら『ゴールデンカムイ』を読み始めている。こんな吉村昭に爆薬仕込んだような話、嫌いな訳ないじゃないか。1巻が出た頃に知り合いからすすめられたけど、当時は物語を読む気力がなかったので手を出さずにいた。今20巻まであるのね…また部屋に本が増えるよ。
chisanjapan@gunkanmusashi @nagatolove7 先日吉村昭さんの「戦艦武蔵」を読んで大宮氷川神社まで行ってきました!よろしくお願いします。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)