トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

吉村昭新刊

  • 発売日
    2018年10月23日
  • 書名
    少女架刑-吉村昭自選初期短篇集I (中公文庫)
  • 発売日
    2018年10月23日
  • 書名
    透明標本-吉村昭自選初期短篇集II (中公文庫)

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kadesch528ぜひ原作の『八甲田山死の彷徨』を読んでいただければ。後書きも含めてホラー小説。筆致が鬼気迫っていて怖すぎる。吉村昭の『羆嵐』と同じくらい怖い。怖いったら怖い。作家の筆力怖い。
kanu165昨晩の飲み会で、高熱隧道と立山砂防の話題に(変態集団)。2016年に見学ツアーへ行ったが、吉村昭『高熱隧道』を読み直してもう一度行きたくなってきた。 https://t.co/8yVe5JtVoX
freezmoon1企画展、吉村昭と北海道を見るために荒川区にある吉村昭記念文学館に行ってきました。赤い人や羆嵐などの原稿が展示されていました。意外にも吉村さんは北海道取材が150回と一番足を運んだ地だったようです。#吉村昭 #北海道 #荒川区… https://t.co/ufHNu1K2uj
AndFreebird@yyNnMYDvOfsjIEH ありがとうございます☺️吉村昭は『破船』など読んだことがあります!ほしいものリスト登録しました!
litir_books昨日のETV特集「熊を崇め 熊を撃つ」という"マタギ"を追ったドキュメンタリー、すごかったな。なんだか色々考えさせられて今日も一日考えてる。吉村昭の『羆嵐(くまあらし)』をまた読みたくなった。こちらも圧巻の小説。未読でしたら是非。… https://t.co/ObNTTzuXnK
yyNnMYDvOfsjIEH@AndFreebird 吉村昭の高熱隧道です。凄い工事の話しで逆に元気が出ますよ。
takakoara29無性に新田次郎と吉村昭が読みたくなってきたな
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)