トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれ。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていた。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえた。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになった。

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

OsakiOkari@Jack_Balbarossa 吉村昭の何がいいって緻密で淡々としながらドラマチックなんだよ
shincholive_bot『仮釈放』(吉村昭)殺したことを本心から悔いているのか――。妻を殺し、老女を焼死させた男の自らへの問い。人間の心の奥に潜む闇を描く吉村版“罪と罰” https://t.co/tktCjmIMQQ
qma_jidaigeki_bNo.125 (連想)「長英逃亡」/「漂流」/「敵討」/「桜田門外ノ変」⇒吉村昭
mukkun_quiz_bot【234】短編小説『闇にきらめく』は今村昌平監督の『うなぎ』の原作となった、三毛別羆事件に取材した『羆嵐』や白鳥由栄をモデルにした『破獄』など、徹底的な史実調査に基づく作品を多く残した作家は誰?-吉村昭
k1102吉村昭「海の史劇」、読了。
tobidashiazunya吉村昭、『海の祭礼』であれだけ詳細に交渉の過程を描きながら、条約締結後の慰労会で酔っ払ってペリーに抱きつき「日本とアメリカは一つだぜ!」と叫んだ松崎満太郎に言及しなかったのはなぜだろう。
torofuKindleで月替わりセールだったので、吉村昭『三陸海岸大津波』220円羽生善治、川上量生『羽生さんはコンピュータに勝てますか?』完全版、99円を購入した。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)