トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉村昭

吉村昭

吉村昭さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉村 昭(よしむら あきら、1927年(昭和2年)5月1日 - 2006年(平成18年)7月31日)は、日本の小説家。
東京・日暮里生まれshinchosha。学習院大学中退shinchosha。1966年『星への旅』で太宰治賞を受賞shinchosha。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞shinchosha。現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表shinchosha。日本芸術院会員。小説家津村節子の夫。
=
東京府北豊島郡日暮里町大字谷中本(現在の東京都荒川区東日暮里)に生まれる。父吉村隆策、母きよじの八男kawaniship25。
父は、百貨店や寝具店への卸売や、鉱山などに納入するふとん綿を製造する工場と綿糸紡績の工場の経営をしていたyoshimurap8。昭が生まれたとき、吉村家の事業は順調に推移していたkawaniship33。家は平屋建てで物干台がついていたkawaniship33。住み込みの工員もいて、母は大家族の料理をあつらえたkawaniship34。
吉村家には文学的な雰囲気はなかったが、兄たちの中では三番目の兄英雄が、昭が中学校に入る頃から小説に興味をいだいたらしく芥川賞、直木賞受賞作の単行本などを買って読むようになったyoshimurap9。

受賞歴

吉村昭関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

吉村昭関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yasuyukiaibo@hamabe_cmore_ 吉村昭の本がオススメです。歴史系です。
Masashi_1234567はてなブログに投稿しました #はてなブログ顚覆 吉村昭 を読んで - まさよしのブログ https://t.co/YRDlfSXJKX
arakawakukoho【今日は何の日】うどんの日×吉村昭「朝のうどん」(『わたしの普段着』平成20年 新潮文庫)。香川県製麺事業協同組合制定(1980年)。香川県地方の農家で、雑節「半夏生」(はんげしょう)の頃に、うどんを食べて労をねぎらった習慣に由来… https://t.co/5zLqlqQ4G6
xXTXlZ2F5BTEKdM@nameoftom 今度読んでみようっとワシのオススメは吉村昭「赤い人」です
clanehusband@knightma310 吉村昭さんの「白い航跡」という著書がその話がメインで語られます。海軍軍医総監高木兼寛が麦飯を取り入れたのに対し、陸軍軍医総監の森林太郎は最後まで細菌説に固執して陸軍は犠牲者が減らなかったそうです。
shimashima90punこの猛暑を体感しながら吉村昭の「高熱隧道」(実話ベースの超超超名作)など読むといい感じに気が狂ってくる……
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉村昭さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)