トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 早乙女貢

早乙女貢

早乙女貢さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

早乙女 貢(さおとめ みつぐ、1926年1月1日 - 2008年12月23日)は、日本の歴史小説・時代小説作家。満州・ハルビン生まれ。本名は鐘ヶ江秀吉、ペンネームは「若い娘に金品を貢ぐ」の意味。慶應義塾大学文学部中退。代表作に吉川英治文学賞を受賞した『會津士魂』など。
=
曾祖父の為親が会津藩士で、戊辰戦争後にアメリカに渡り、いったん横浜に帰国するがすぐに上海に渡り、一家は中国に住む。1926年1月1日、ハルビン市ポツレヤ街10号3番地4で生まれ、父茂一届出、同月12日ハルビン駐在総領事天羽英二受付、同月28日送付入籍。1946年に九州に引き揚げる。1948年に上京し、1954年頃に山本周五郎に師事、『講談倶楽部』などの倶楽部雑誌や新聞に作品を発表。
1955年頃、倶楽部雑誌新人賞受賞者の集まり「泉の会」に所属、メンバーは池上信一、中川童二、村上仁、童門冬二、井口朝生、生田直親、伊藤桂一ら。そのメンバー伊藤桂一、尾崎秀樹らと同人誌「小説会議」を1956年に創刊、掲載作の歴史小説「鬼の骨」「叛臣伝」で直木賞候補。1965年頃に有馬頼義主催の「石の会」に参加。
1968年、「小説会議」に掲載した「野鶏路」に手を加えた、マリア・ルス号事件を扱った『僑人の檻』で直木賞受賞。『オール読物』『小説新潮』などの中間小説誌や、『週刊新潮』などの週刊誌、『歴史読本』などに作品を発表する。
呂宋から送り込まれた妖術者との戦い『死神は黒衣をまとう』、幕末の横浜居留地を舞台に柊城之介の活躍する『城之介非情剣』などの伝奇小説、『おれが天一坊』『悪霊』などのピカレスクロマン、テレビドラマ化もされた『忍法かげろう斬り』シリーズ、『忍法秘巻」シリーズなどの忍者小説、『秘剣鱗返し』『武蔵を斬る』などの剣豪小説、その他戦国時代、明治維新を舞台にした作品も多く、司馬遼太郎、池波正太郎と並ぶ時代物御三家とも称された。また当時の保守的モラルを基調とする時代小説の中では、エロティシズム描写に独自性があった。1976年『北条早雲』で吉川英治賞候補。また『霧の海』『QE2世号殺人事件』などの現代ミステリもある。「東京スポーツ」紙では『おれが百万石 前田慶次郎風流譚』などを長年連載をしていた。

受賞歴

早乙女貢関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

早乙女貢関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

chance_meigen雌伏(しふく)もまた静かなる戦いなのである。(早乙女貢)【名言ナビ】https://t.co/TbMD8Zf40w#meigen #名言 #チャンス #chance #好機
meigenn827_bot家康の敗北の生かし方とは、次の機会までの力の蓄積の期間に転じることであった。ここに、負けて勝つ秘法がある。柔よく剛を制するのである。 ―早乙女貢
kokotum19早乙女貢著の小説「明智光秀」を読んでる途中なのですが、織田信長があまりにもテンプレ過ぎて
kinokuniyanew江戸の夕映え (講談社文庫) (早乙女貢) の、紀伊國屋電子書籍版が予約開始されました。8/23(金)配信。https://t.co/iwZIA2FfP7
amaebooknew江戸の夕映え (講談社文庫) (早乙女貢) が、Kindle化されました。8/23(金)配信。https://t.co/0xGzr44eRP
ibahachiro_bot「あいにくと、おれは、悪所に通わねえのでね」「なるほど」「悪所に通うほど、ヒマがねえ」「町娘と遊ぶヒマがあってもか」「そっちで忙しい」「この野郎」---伊庭と土方  (早乙女貢『新選組斬人剣』)
u_nya_qmaマリア・ルーズ号事件を題材とした早乙女貢の直木賞受賞作
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
早乙女貢さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)