トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 伊藤桂一

伊藤桂一

伊藤桂一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

伊藤 桂一(いとう けいいち、1917年8月23日 - 2016年10月29日)は、日本の小説家、詩人。『静かなノモンハン』などの戦場小説や、時代小説、私小説風な身辺小説などがある。日本芸術院会員。
=
三重県三重郡神前村(現四日市市)の天台宗高角山大日寺に生まれる。4歳の時に交通事故で父が亡くなり、寺の所有を巡る争いから7歳の時に家族で大阪に出て祖母、叔母と同居。次いで1926年9歳の時に東京と転々とし、妹の療養のため徳山市にも2年間付き添った。
教師を志して青山師範学校を受験するが失敗し、1932年15歳の時に立正中学に入学、文学に熱中する。
1934年に曹洞宗の寺院に見習いとして入寺し、旧制世田谷中学に転校。詩や小説の投稿を行うようになり、1935年に「文芸首都」に小説「祖父一家」が入選、掲載される。1936年に上野のゴム再生業店に勤め、その後も商社事務員、ビルの清掃業など職を転々としながら、「日本詩壇」などに投稿。詩の雑誌『紅籃』『餐』(後に『馬車』『山河』)『凝視』『内在』などに参加。
1938年より習志野騎兵隊に入隊、1939年に北支に出兵、この間も詩作を続け、短歌数百を作った。1941年に除隊し、詩誌『馬車』などで詩作。1943年に再度召集されて佐倉歩兵連隊入隊、南京などに配備され、上海郊外で伍長として終戦を迎える。1946年に復員、母と妹の疎開先の三重県三重郡川島村に、次いで愛知県豊橋市に住み、詩作を続けながら、母とともに婦人啓蒙雑誌『婦妃』を発行。

伊藤桂一新刊

  • 発売日
    2018年12月21日
  • 書名
    南京城外にて 秘話・日中戦争 (光人社NF文庫)

受賞歴

伊藤桂一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2016.11.1 戦争文学作家の伊藤桂一さん死去

    みずからの従軍体験をもとにした短編小説「螢の河」で直木賞を受賞するなど、数多くの戦争文学で知られる作家の伊藤桂一さんが先月29日、神戸市で亡くなりました。99歳でした。

  • 2015.11.8 伊藤桂一さん文学展 ビデオで古里・四日市語る

    四日市市出身の直木賞作家、伊藤桂一さん(98)(神戸市)の活動を振り返る「伊藤桂一文学 時代小説の世界展」が四日市市立図書館で開かれており、7日には伊藤さんの近況を伝えるビデオの上映会があった。

  • 2012.11.7 四日市短詩型文学祭:最高賞に深谷さん

    「第11回四日市短詩型文学祭」の入賞者が決まり、四日市市出身の直木賞作家の名を冠した最高賞「伊藤桂一賞」に、鈴鹿市算所町の深谷孝夫さん(69)の現代詩「化身」が選ばれた。

伊藤桂一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nihonrekishibot戦後の考え方では、「戦争は悪いことだ、それに加担するのはけしからん」となるのかもしれませんが、当時は…戦争がいいとか悪いとかではなくて、国が自分たちを必要としている、誰かがやらなきゃいけないのなら、自分たちが防人の役割をするしかない、ということでした。(作家・伊藤桂一)
otuhidai24直木賞作家だと伊藤桂一が好きなんですよね(早口)
tsukasafumio伊藤桂一『南京城外にて』所収の「南寧作戦」読んでるのですが、昭和14年の崑崙関の戦いは知られざる激戦ですね。後にマレーで活躍する第五師団で師団長は今村均中将というケチのつけようの無い部隊が、装備も士気も兵力も優れた中国軍に包囲され後退に追い込まれてます。
qma_bibun_botタイ ・1977年に小説『蛍川』で芥川賞を受賞した小説家→宮本輝(みやもとてる)     分 ・1961年に小説『蛍の河』で直木賞を受賞した小説家→伊藤桂一(いとうけいいち)
heygyzepいよいよか…〈工場の機械設備や自動車部品などの出荷が冷え込んだ。同証券の伊藤桂一氏は「グローバルな景気悪化の歯止めがかからないことには企業業績の回復は難しい」とみる。……中国では消費の減速を受け…「これまでの経営経験で、見た… https://t.co/umAKHkCCc2
luca114114@Patriot54J @mfuji1 @ekesete1 朝鮮人慰安婦が出てくる戦記、日誌、日記本騙して連れて来た後で、強制がなされた・・と伊藤桂一氏は書いている。  https://t.co/47gqBhBivD
Hikasuke333現在から見ると「なにそれ?」という感じなのですが、昭和の本(伊藤桂一『兵隊たちの陸軍史』とか)を読むとわりと大真面目に語ってるんですよね、「東北と九州の兵は強い」とか。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
伊藤桂一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)