トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻征夫

辻征夫

辻征夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻 征夫(つじ ゆきお、1939年8月14日 - 2000年1月14日)は詩人。東京都出身。東京都立墨田川高等学校を経て明治大学文学部卒業。俳号は貨物船。
1939年(昭和14年)8月14日、浅草に生まれる。1954年、14歳の頃から詩を読み始め、翌年には詩作に没頭するようになる。雑誌への投稿もこの頃に始める。
1957年春に書かれた小品「美しいもの」は、言葉がいかに詩人を魅了したか、詩的体験の魅惑的な相貌を、読む者に明白に追体験させる力に満ちている。しかしこの年の秋、「木」が発表されて後、辻は書けなくなる。辻自身によれば、この作品は絶望の詩であった。ランボーのような高みやリルケのような深みに達すること、それは自分には無理だ、という自覚が早くもこの時期にやってきたのだと言う。
辻が再出発するのは1987年を待たねばならない。以来、意識的に詩的体験に没入してゆく可能性を探り始めると同時に、作品数も飛躍的に増加した。2000年(平成12年)1月14日、脊髄小脳変性症闘病中、千葉県船橋市の病院で死去。

受賞歴

辻征夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

辻征夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

crossroadofword唇には歌でもいいがこころには そうだな爆弾の一個くらいはもっていたいな辻征夫「遠い花火」より。全文はこちら->https://t.co/jkw6XJ9IFo
kotobamemo_bot荒れる冬の海から 吹いてくる風が ひととき きみをつつんで またどこか とおくへ 吹きすぎて行く そんな 風のようなものだと 私を思うことはできないか /辻征夫「風」
iwanamibunkoいきなり電話が鳴ったのでぼくは目覚めてしまったのだ夢の中でぼくは一冊の詩集を読んでいたのだがその中の一篇がすばらしかった思わずすばらしいとぼくは呟き夢だなぞとは夢にも思っていなかった…『辻征夫詩集』https://t.co/oJ7byBYGni
pietrono_inu先週買った本のうち、「辻征夫詩集」と「飛行士と東京の雨の森」は当たりだったみたい。
anthology_bot海辺にこうして/黙って立っているのも何年ぶりのことだろう/普段の暮しのぼくのすがたと/あんまりちがうからおちつかなくて/あの貨物船にはあの夕日の破片が落下して/沈めてしまえばいいなんて思ってしまう(辻征夫 渚)
_ariosto_土砂降りの雨のなかレインコートの襟たてて猫と鸚鵡と子豚のブギウギつれてアメリカへ行った夢をみた嚏して目覚めれば玄関に猫と鸚鵡とブギウギと雫したたる傘があり旅の疲れがどっと出た辻征夫「アメリカ」
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)