トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻征夫

辻征夫

辻征夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻 征夫(つじ ゆきお、1939年8月14日 - 2000年1月14日)は詩人。東京都出身。東京都立墨田川高等学校を経て明治大学文学部卒業。俳号は貨物船。
1939年(昭和14年)8月14日、浅草に生まれる。1954年、14歳の頃から詩を読み始め、翌年には詩作に没頭するようになる。雑誌への投稿もこの頃に始める。
1957年春に書かれた小品「美しいもの」は、言葉がいかに詩人を魅了したか、詩的体験の魅惑的な相貌を、読む者に明白に追体験させる力に満ちている。しかしこの年の秋、「木」が発表されて後、辻は書けなくなる。辻自身によれば、この作品は絶望の詩であった。ランボーのような高みやリルケのような深みに達すること、それは自分には無理だ、という自覚が早くもこの時期にやってきたのだと言う。
辻が再出発するのは1987年を待たねばならない。以来、意識的に詩的体験に没入してゆく可能性を探り始めると同時に、作品数も飛躍的に増加した。2000年(平成12年)1月14日、脊髄小脳変性症闘病中、千葉県船橋市の病院で死去。

受賞歴

辻征夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

辻征夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

officeayako_ここ数日、自宅のほうぼうに詩集が散らばっています。ベッド脇には山之口貘、キッチンには辻征夫といったふう。でもつい口ずさむのは中原中也。音も情景も美しい。
bravest21柳美里さんの戯曲『ある晴れた日に』読みました。しんしんと降り積もっていた雪がある日ぱたっと水となってもう元の時間には戻れない。その静かな喪失感のうちから怖い夢が私を見つめている。チェルフィッチュ『部屋に流れる時間の旅』、アンリ・コルピ『かくも長き不在』、辻征夫の詩と連なる世界。
558979325my辻征夫「風」(『辻征夫詩集成』より)
crossroadofword唇には歌でもいいがこころには そうだな爆弾の一個くらいはもっていたいな辻征夫「遠い花火」より。全文はこちら->https://t.co/jkw6XJ9IFo
ttori810去年の運動会は、『辻征夫詩集』を読みながら開始を待った気がする。今年は『北村薫のうた合わせ百人一首』を。
noriko_minesawa今日は、詩の言葉や詩作について、から始めて、辻征夫、池井昌樹、松下育男、岬多可子、高橋順子、黒田三郎の作品に触れたいと思っています。よろしくお願いいたします。
fampine辻征夫さんは子供の頃、日本には生きている詩人はいないのだと思っていたそうです。いえ、生きている詩人はいるんです。思潮社のこの講座に行けば、生きている詩人に会えます。峯澤さんの話、僕も聴きに行くつもり。 https://t.co/JlRgPUjGmN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)