トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 辻征夫

辻征夫

辻征夫さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

辻 征夫(つじ ゆきお、1939年8月14日 - 2000年1月14日)は詩人。東京都出身。東京都立墨田川高等学校を経て明治大学文学部卒業。俳号は貨物船。
1939年(昭和14年)8月14日、浅草に生まれる。1954年、14歳の頃から詩を読み始め、翌年には詩作に没頭するようになる。雑誌への投稿もこの頃に始める。
1957年春に書かれた小品「美しいもの」は、言葉がいかに詩人を魅了したか、詩的体験の魅惑的な相貌を、読む者に明白に追体験させる力に満ちている。しかしこの年の秋、「木」が発表されて後、辻は書けなくなる。辻自身によれば、この作品は絶望の詩であった。ランボーのような高みやリルケのような深みに達すること、それは自分には無理だ、という自覚が早くもこの時期にやってきたのだと言う。
辻が再出発するのは1987年を待たねばならない。以来、意識的に詩的体験に没入してゆく可能性を探り始めると同時に、作品数も飛躍的に増加した。2000年(平成12年)1月14日、脊髄小脳変性症闘病中、千葉県船橋市の病院で死去。

受賞歴

辻征夫関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

辻征夫関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

crossroadofword耳たぶにときたま妖精がきてぶらさがる虻みたいなものだが 声は静かだ(いまなにをしているの?)辻征夫「雨」より。全文はこちら->https://t.co/nX10DzvpGt
mitk0203実家でぶりの照り焼きをご馳走になった。家に帰る電車のなかでスマホの充電が0%になった。辻征夫の詩集を読んで、「いいな~」となった。家に帰ってきて、洗濯物を取り込んだ。コップに氷と水を入れて、パソコンの前に座った。よーし、書くぞ、という気持ちだけはあるけれど、書くことがない。
anthology_bot海はたしかにすばらしい できればいつまでも/こうしていたいがそうするためには/ぼくには責任感がありすぎるのだろうか/すべての鷗に告げるため/渚の端から端まで/叫んで 怒鳴って/もう走って行かねばならない時刻だ(辻征夫 渚)
yagian本を一冊とりあげて、その内容に縁がある散歩をする本。本のチョイスも散歩する町のチョイスもいい。辻征夫の詩集を手に池袋を歩く回が、著者の力も入っていて印象的。辻征夫の詩集を買うことにした。 → https://t.co/OS2B7QQDhY #bookmeter
midnightpress10〈ミッドナイト・プレスからのお知らせ〉「聴無庵日乗39」(辻征夫『私の現代詩入門』、そして森田童子の歌)をアップしました。https://t.co/90uGRIhR32
fukuokashirouつゆのひのえんぴつの芯やわらかき 辻征夫オルガンめりさん。 https://t.co/nlAholanM9
iwanamibunkoいきなり電話が鳴ったのでぼくは目覚めてしまったのだ夢の中でぼくは一冊の詩集を読んでいたのだがその中の一篇がすばらしかった思わずすばらしいとぼくは呟き夢だなぞとは夢にも思っていなかった…『辻征夫詩集』https://t.co/oJ7byBYGni
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)