トップページ > 作家名一覧 > そから始まる作家名一覧 > 曽野綾子

曽野綾子

曽野綾子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

曽野 綾子(その あやこ、1931年(昭和6年)9月17日 - )は、日本の作家。「曾野」表記もある。本名は三浦知壽子。旧姓、町田。カトリック教徒で洗礼名はマリア・エリザベト。聖心女子大学文学部英文科卒業。日本郵政取締役を務めた。保守論者の一人。
東京府南葛飾郡本田町(現・葛飾区立石)に父町田英治郎(大和護謨製作所金沢に疎開し学校も金沢第二高等女学校に変わるが勤労動員令が下り平野化学工場に配属。1946年3月、東京に戻り聖心に復学一人娘ゆえ小学校より親の知人の次男が婿養子に決まっており、一流大学出の秀才であったが、中学の頃破談となっている。曾野本人の意に沿わぬ相手だったのが理由だが、父親が病気治療で退社し家勢が衰えたことも大きな要因だった。戦後父親は姻戚(義弟・山口堅吉)を頼って米軍に接収された箱根宮ノ下の富士屋ホテルの支配人となる(妻子を田園調布に置いての単身赴任だった。山口は最後のオーナー経営者)。芥川賞候補作「遠来の客たち」の舞台となる米軍接収の箱根山ホテルはここをモデルとしており、曾野は1948年夏に実際ここに滞在しアルバイトまがいの手伝いをしていた。同年9月26日、洗礼をうける。|date=2018年10月13日 (土) 15:51 (UTC)
中河与一主宰の同人誌『ラマンチャ』(1951年5月)に載った「裾野」が臼井吉見の目にとまり、臼井の紹介で現在の夫・三浦朱門や阪田寛夫らの第十五次『新思潮』に加わる。朝日放送に入社した阪田の伝手もあり、同人誌発行資金獲得のため同社にコントを投稿し数編採用される。「鰊漁場の図」(新思潮5号)、「田崎と鶴代」(新思潮6号)、「片隅の戦士」(世界8・9月合併号)と発表し、22歳で文学的アドバイザーでもあった三浦と結婚。山川方夫の紹介で『三田文学』に書いた「遠来の客たち」が芥川賞候補となり23歳で文壇デビュー。以後、次々に作品を発表。30代で不眠症に苦しむが、『弥勒』『無名碑』など新しい方向性にチャレンジするうち克服した。
臼井は、曽野や有吉佐和子の活躍を「才女時代」と評した。|date=2018年10月13日 (土) 15:51 (UTC)文学史的には、遠藤周作、安岡章太郎、吉行淳之介、小島信夫、庄野潤三、近藤啓太郎、阿川弘之、三浦、小沼丹、島尾敏雄らと共に「第三の新人」に属す。
文化人類学者の三浦太郎は長男で、彼をモデルにして『太郎物語』を執筆した。太郎の妻はエッセイストの三浦暁子。
1995年から2005年まで日本財団会長職を務め。2000年、元ペルー大統領のアルベルト・フジモリ(8年前のアウトゴルペで失脚)が日本に長期滞在した折、自宅に私人として受け入れた。

曽野綾子新刊

  • 発売日
    2019年4月27日
  • 書名
    完本 戒老録 増補新版 自らの救いのために
  • 発売日
    2019年4月9日
  • 書名
    「いい加減」で生きられれば・・・
  • 発売日
    2019年3月16日
  • 書名
    自分流のすすめ-気ままな私と二匹の猫たち

受賞歴

曽野綾子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

曽野綾子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kotoba_11お世話になっていいのである。他人のお世話にならずに生きていられる人などいない。しかしどれだけお世話になったかを見極められない人には、何の仕事もできない。@人間にとって成熟とは何か/曽野綾子
TsubakiYuki12295/19発行の聖書メルマガで紹介した本
atashinomeigen人生は決して二つと同じものはないのだ。だから、それがいいものでも悪いものでも受けるほかはない、ただしどんなに悪いと見えるものでも、それは神があなたを信じて、あなたがそれを使いこなすものと信じてあなたに特別に贈られたものだ。(曽野綾子)
PwWords★010『自らが選択し、覚悟を決めてやり抜いてこそ、光り輝く自由が得られる』(曽野綾子:作家:致知Words)
hiyokotown1どんなにその人を愛していても、その人のために全てを犠牲にしてはならない。なぜなら、必ず後で、その人を憎むようになるからだ。 by 曽野綾子
snap_wish_存在は、必要な時に存在し、不必要になったら消えるのが最も美しい。(朝はアフリカの歓び、曽野綾子) #プログラミング
ojakoteisyokuどんなにその人を愛していても、その人のために全てを犠牲にしてはならない。なぜなら、必ず後で、その人を憎むようになるからだ。曽野綾子
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)