トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山口瞳

山口瞳

山口瞳さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山口 瞳(やまぐち ひとみ、本名同じ、1926年(大正15年)11月3日 - 1995年(平成7年)8月30日)は、日本の男性作家、エッセイスト。
妹は日本舞踊家の花柳若奈(本名:栄)でジェリー伊藤の妻。作家で映画評論家の山口正介は息子。
東京市麻布区に生まれ育つ。父親はアイディアマンの実業家。母親は横須賀の柏木田遊郭の経営者の娘で(ただし、その事実は、終生子供には隠していた)、美人で社交的で粋な女性。非常に雰囲気が明るく、交友関係も広く、派手な家庭であった。長唄三味線家元の杵屋勝東治、その息子である、後の若山富三郎、勝新太郎も出入りしていた。
父親の事業が一時失敗し、落魄して川崎の尻手付近に「都落ち」したこともあり、山口の中ではその赤貧時代が原風景としていつまでも残り、派手好きでありながら、一方で非常に謹直であるという複雑な性格の元となった。家族の間では「冷血動物」とあだ名されたという。
小学校時代は野球に熱中し、同級生に元東急フライヤーズ投手の黒尾重明がいた。旧制麻布中学を経て旧制第一早稲田高等学院を中退。
兵役の後、1946年に鎌倉アカデミアに入学し、在学中から同人誌に作品を発表。なお、鎌倉アカデミア時代には、歌人吉野秀雄に師事した。
国土社に入社し編集者となる。だが、正式の大学を出ていないことに対する劣等感を指摘され、師事していた高橋義孝から「正式な大学を出れば、もっと大きな出版社に紹介してあげる」と言われたことから、國學院大學文学部に入り、1954年に卒業。河出書房の「知性」編集部に勤務していたが、1957年3月に同社が倒産。同誌の続刊を図る編集長の小石原昭に従って新設の知性社に移るも、同誌は2号で廃刊となったため再び失職。
1958年、開高健の推薦で壽屋(現・サントリー)に入社。PR雑誌「洋酒天国」の編集や、コピーライターとして活躍する。ハワイ旅行が当たる懸賞のコピー「トリスを飲んでHawaiiへ行こう!」が代表作。
「婦人画報」に連載した『江分利満氏の優雅な生活』で、1963年に第48回直木賞を受賞、同作品は映画化もされた。受賞後しばらくは二足の草鞋を履いたが、「週刊新潮」の伝説的編集者斉藤十一からコラムの連載依頼を受けたことから、文筆業に専念するためにサントリーを退社。
代表作は、「週刊新潮」に1963年から31年間、延べ1614回、死去まで一度も穴を開けることなく連載を続けたコラム・日記の『男性自身』シリーズ、自らの両親の生い立ちを題材とした『血族』(第27回菊池寛賞受賞)、『家族』など。競馬や将棋、野球に造詣が深く、全国の地方競馬場を踏破した『草競馬流浪記』、プロ棋士と駒落ちで対戦した記録『山口瞳血涙十番勝負』、プロ野球から草野球まで、野球に関するエッセイをまとめた『草野球必勝法』などの著書もある。
なお、山口の著書の表紙絵、挿絵は、その多くをサントリー時代からの友人である、柳原良平が担当している。
糖尿病を患っていたが、克服。晩年は小説の執筆をやめ、『男性自身』に集中して仕事をしていた。死の直前は肺癌が急速に悪化。直前まで本人には告知されなかった。家族がホスピスへ移すことを相談している最中に突然、状態が急変し、聖ヨハネ会桜町病院ホスピス棟にて死去。死が急であったため、結果的に、『男性自身』は「アナ空き」がないことになった。

山口瞳新刊

  • 発売日
    2017年5月26日
  • 書名
    山口瞳 電子全集7 『男性自身VII 1988~1991年』
  • 発売日
    2017年5月26日
  • 書名
    山口瞳 電子全集8 『男性自身VIII 1992~1995年』
  • 発売日
    2017年4月28日
  • 書名
    山口瞳 電子全集6 『男性自身VI 1984~1987年』

受賞歴

山口瞳関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2015.3.17 小学館、入手困難な昭和の名作を紙と電子で同時発売する新レーベル「P+D BOOKS」

    株式会社小学館は、現在入手困難となっている昭和の文芸名作を、B6版のペーパーバック書籍と電子書籍を同時に同価格で発売・配信する新ブックレーベル「P+D BOOKS」を5月25日に創刊する。

  • 2014.4.7 丸谷才一さんの仕事 振り返る

    作家、批評家、外国文学者で、古典の良き紹介者だった丸谷才一さんの多才な仕事を振り返った『文芸別冊 丸谷才一』(河出書房新社、1200円)=写真=が出版された。

  • 2004.6.30 作家の読書道:第32回 青木るえかさん

    「本の雑誌」「WEB本の雑誌」でおなじみの青木るえかさん。本だけでなく、競輪、競馬を愛し、その方面のエッセイでも大活躍なのはみなさんご存じの通り。現在は日がな本を読んで暮らしている青木さんも、子供の頃は読書が嫌いだったとか。そんな彼女が読書に目覚めたきっかけから、その個性的な読書スタイルに至るまで、たっぷり語っていただきました。

山口瞳関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

qGJbSohanm9vkZC【女への名言集】 美人で頭がよいというのは、一種の辛い人生ではあるまいか。(山口瞳) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
importance67wa1【女への名言集】 美人で頭がよいというのは、一種の辛い人生ではあるまいか。(山口瞳) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
ZUyrqtKBhZTB6of【女への名言集】 美人で頭がよいというのは、一種の辛い人生ではあるまいか。(山口瞳) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
mild39it【女への名言集】 美人で頭がよいというのは、一種の辛い人生ではあるまいか。(山口瞳) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
abroad9connect【女への名言集】 美人で頭がよいというのは、一種の辛い人生ではあるまいか。(山口瞳) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
LOVE64897433【女への名言集】 美人で頭がよいというのは、一種の辛い人生ではあるまいか。(山口瞳) #名言 #格言 #恋愛 #結婚 #恋 #愛
nakano00k #他の人の本棚には無い本晒せ 前川 清治氏 三枝博音と鎌倉アカデミア―学問と教育の理想を求めて (中公新書)山口瞳氏の著作を通じて存在を知った、「鎌倉アカデミア」技術と哲学、三浦梅園を見出し、独自の哲学を打ち出した三枝博音氏が打ち… https://t.co/7LUeJ7kCdk
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)