トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中里恒子

中里恒子

中里恒子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

中里 恒子(なかざと つねこ、1909年12月23日 - 1987年4月5日)は、日本の小説家。本名・恒。神奈川県生まれ。1939年に国際結婚をテーマにした『乗合馬車』『日光室』で女性初の芥川賞を受賞。人生の機敏を典雅な文体で描いた。戦後は『歌枕』『時雨の記』など老境を描いた作品を多く発表した。芸術院会員。
1909年(明治42年)、父・中里万蔵、母・保乃の次女として、神奈川県藤沢市に生まれる。家業は幕末から続く呉服太物商である。1922年(大正11年)、横浜紅蘭女学校(現・横浜雙葉学園)に入学。翌年9月の関東大震災で家も学校も焼失したため川崎に転居し、川崎実科高等女学校(現・川崎市立川崎高等学校)に編入する。
1925年(大正14年)に女学校を卒業、翌年、文藝春秋社員をしていた遠縁の者より永井龍男を紹介される。1928年(昭和3年)、『火の鳥』などの同人雑誌に創作を発表し始める。12月、兄の知人の佐藤信重と結婚して佐藤姓となる。
1930年(昭和5年)、長女が生まれる。1932年(昭和7年)、結核の養生のため逗子町桜山に転居、横光利一、川端康成と知り合う。翌年、逗子の桜山仲町に転居する。1936年(昭和11年)、横光利一門下である寺崎浩編集の「文学読本」の同人となる。
1937年(昭和12年)6月号から翌年3月号まで雑誌『少女の友』に連載された川端康成『乙女の港』の下書きを書く。受賞作は、兄たちの国際結婚を描いたもので、のちに娘が米国人と結婚することになり、かつて国際結婚を冷静な目で見ていた中里自身が大きな動揺に襲われるという経験をした。
1952年(昭和27年)、長女がアメリカ・ボストン市のニュートン聖心大学に留学する。1955年(昭和30年)4月、長女が結婚することになり渡米する。1956年(昭和31年)、別居中だった夫と離婚が成立する。
1974年(昭和49年)、老境を描いた『歌枕』で読売文学賞、1975年(昭和50年)『わが庵』で日本芸術院恩賜賞、1979年(昭和54年)『誰袖草』で女流文学賞受賞。『時雨の記』は中年の恋を描いたものとして話題になり、歿後映画化されて再度読まれた。
1979年(昭和54年)より中央公論社より『中里恒子全集』の刊行開始、翌年には乳がんの手術を受ける。1983年(昭和58年)、芸術院会員に推薦される。1985年(昭和60年)、勲三等瑞宝章を受ける。翌年、腸閉塞のため入院する。1987年(昭和62年)1月、再び入院し、4月5日、大腸腫瘍のため死去。1909|12|23|1987|4|5。

受賞歴

中里恒子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.2.10 女流だけの随筆集が刊行スタート!

    今では囲碁や将棋くらいしか使われなくなった「女流」ということば。明治以降、新しい文学の世界で「女流作家」は差別されながらも、すばらしい活躍していた。小説はもとより、その随筆は当時の世相を反映しているばかりか、作家の心情や、周辺の人々との交流が鮮やかに描かれ、今読んでも全く古びたところがない。

中里恒子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

bibun_n_botNo.24 (タイ)女性として初めて芥川賞を受賞した作家は中里恒子ですが女性として初めて直木賞を受賞した作家は○○○?⇒つつみちよ(堤千代)
HAL_traveling中里恒子「赤い紐」#読了世間との関係を糸にたとえ、「絲巻がまた一つふえたことになるわ、何本も曳いてゆくことになるらしいわ、」という75歳で独り身のおきくさんが哀しくも羨ましい。夏の早朝に蓮の花を見に行く清々しい空気感も最高。
kouhei_kindle愛だの情熱だのというものは、ひとつの偶然にすぎないのだ。by中里恒子
Kyou01River528愛だの情熱だのというものは、ひとつの偶然にすぎないのだ。by中里恒子
ERecefI0mKK2kmS中里恒子「時雨の記」を読了。作者は戦前女性初の芥川賞を受賞した人。老いらく、には遠いかも知れないが、男女の円熟の恋愛を描いた作品。何か、お金持ちの人たちの話は、漱石とかそういう時代の小説を思わせる。今の格差社会でこれをやったらボコ… https://t.co/nM8Eftfkpi
nmh470530中里恒子の「牡丹の客」によると、牡丹の花は、老木になるほど花にこくが出て、言い知れぬ気力を漂わすが、風土が気に入らなければすぐ枯れるそうである。どうやら好き嫌いは人間だけじゃなく花木にもあるわけだ。日本の牡丹をいまのロシアに移し植えてもすぐに枯れるだろう。中国の牡丹は咲いても。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)