トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 富岡多恵子

富岡多恵子

富岡多恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

富岡 多惠子(とみおか たえこ、1935年7月28日 - )は、日本の詩人・小説家・文芸評論家、日本芸術院会員。上方お笑い大賞選考委員。静岡県伊東市在住。現代美術家の菅木志雄は夫。
大阪府大阪市出身。大阪府立桜塚高等学校、大阪女子大学文学部英文科卒業。池田満寿夫と同棲していたことがあり、当初詩人として出発したが、1970年代初めから小説を書き始めた。多数の詩・小説・評論・エッセイがある。また映画のシナリオも書いている。
1976年、坂本龍一作曲によりアルバム「物語のようにふるさとは遠い」を発表している。
フェミニストであり、上野千鶴子、小倉千加子との鼎談『男流文学論』を刊行している。また、大阪の芸能への傾倒が大きく、秋田實の評伝の執筆などをしている。
2008年に芸術院会員。

受賞歴

富岡多恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

富岡多恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

matsurara日曜日の演芸会にくるのは、売れない芸人か、かけ出しの連中である。がなりたてているような、若手の漫才師が喋っている。それでも老人たちはよく笑う。その笑い声は、菊蔵が昔、まだ子供のころに聴いた死体がもえる時の音のようだ。(立切れ/富岡多恵子)
majime_ikinuki富岡多恵子 篠田正浩 電話での会話(脚本の打ち合わせ) 映画『心中天之網島』冒頭シーン  https://t.co/8mNJkCpuOA... https://t.co/TWprZtn4Su @YouTubeより。何の記録なのやら……┐(´д`)┌ヤレヤレ
breakthrough_jp相手の全部を受け入れることと相手の中身を変えることの両方をやってのけないことにはアイシテルもヘチマもないのである。(富岡多恵子)
uemiyakoushi"富岡多恵子 篠田正浩 電話での会話(脚本の打ち合わせ) 映画『心中天之網島』冒頭シーン  https://t.co/hbvjRQMwQ7 から" を YouTube で見る - https://t.co/7IYVDJVdY3
nozomi1950お、読んでみたい。富岡多恵子の『中勘助の恋』は非常に面白かった。 https://t.co/tQiKL7rb0n
ajian1108中勘助『犬』の解説,富岡多恵子が書いてるの? それは読んでみたい.
fuyuuma12当時、よくこれを発行できたなあと思います。当時の発行者の岩波茂雄は警察によばれ「犬」を伏せ字にされたそうですが、よくそれですんだと思います。富岡多恵子さんの解説、宣なるかな。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
富岡多恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)