トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 富岡多恵子

富岡多恵子

富岡多恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

富岡 多惠子(とみおか たえこ、1935年7月28日 - )は、日本の詩人・小説家・文芸評論家。日本芸術院会員。上方お笑い大賞選考委員。静岡県伊東市在住。
本名は菅多恵子であり、現代美術家の菅木志雄は夫。
1935年(昭和10年)大阪府大阪市出身。大阪府立桜塚高等学校、大阪女子大学文学部英文科卒業。池田満寿夫と同棲していたことがあり、当初詩人として出発したが、1970年代初めから小説を書き始めた。多数の詩・小説・評論・エッセイがある。また映画のシナリオも書いている。
1976年(昭和51年)、坂本龍一作曲によりアルバム「物語のようにふるさとは遠い」を発表している。
フェミニストであり、上野千鶴子、小倉千加子との鼎談『男流文学論』を刊行している。また、大阪の芸能への傾倒が大きく、秋田實の評伝の執筆などをしている。
2008年に芸術院会員。

受賞歴

富岡多恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

富岡多恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

breakthrough_jp相手の全部を受け入れることと相手の中身を変えることの両方をやってのけないことにはアイシテルもヘチマもないのである。(富岡多恵子)
Quouq1 #読了 波うつ土地 富岡多恵子講談社文芸文庫フランス人がどういう時、どういう感じで使うコトバなのか現実の中で知らないのだから、他人にとやかく言えない。どうしたら自然に気づかせることができるだろうかと思いつづけて、気もそぞろにな… https://t.co/0d8Zof56ht
yonakiishi富岡多恵子が「知的発情」と書いていた。Twitterでパクろうかと思ったのだが、発情の字面が強すぎ、全然文脈にあってなくても、頭を使った性的遊戯と取る人がいそうなのでやめました。
vitreousbody一番好きな作家は富岡多恵子になると思うんですけど、元々詩から入ってるので膨大な小説やら随筆ほとんど手をつけられてないんですよね詩は基本善良なものであるって書いてるの見て は???? となったんですが(お前のような善良があるか)『遠い空』初めて読んだときの衝撃がすごかった……
Minetakesi一挙に燃え上がらない男女の悲しみ 富岡多恵子の「植物学」⇒ https://t.co/xFmwUIMDNs #アメブロ @ameba_officialより
1CZpPHGn2k4enaVその時大好きな女の子と恋愛中だったが、うまく行かなくなり、学校にも足が向かず、早川義夫の歌を聴き、富岡多恵子を読み、宮谷や岡田の本のページをを繰り返しめくった。母はいつも泣いていたが。今93歳になって、とうに連れ合いを失くしたが、なお元気な様子で微笑みを返してくれる。
anthosdo『平凡社カルチャーtoday10 遊ぶ』という本の中の、畑正憲さん、三上寛さんら富岡多恵子さん、鶴見俊輔さん、中野収さんの座談会からの抜粋なんですけど、この座談会での畑さんの話がどれもこれもぶっ飛んでいて。豪胆な方だ.....。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
富岡多恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)