トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 富岡多恵子

富岡多恵子

富岡多恵子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

富岡 多惠子(とみおか たえこ、1935年7月28日 - )は、日本の詩人・小説家・文芸評論家、日本芸術院会員。上方お笑い大賞選考委員。静岡県伊東市在住。現代美術家の菅木志雄は夫。
大阪府大阪市出身。大阪府立桜塚高等学校、大阪女子大学文学部英文科卒業。池田満寿夫と同棲していたことがあり、当初詩人として出発したが、1970年代初めから小説を書き始めた。多数の詩・小説・評論・エッセイがある。また映画のシナリオも書いている。
1976年、坂本龍一作曲によりアルバム「物語のようにふるさとは遠い」を発表している。
フェミニストであり、上野千鶴子、小倉千加子との鼎談『男流文学論』を刊行している。また、大阪の芸能への傾倒が大きく、秋田實の評伝の執筆などをしている。
2008年に芸術院会員。

受賞歴

富岡多恵子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

富岡多恵子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

matsurara富岡多恵子も、読んで欲しい…
takezo1810「たとえばわたしならわたしを撮る写真家は、わたしの暗闇の一部をうまくかっさらうことで、その写真の一部を成立させているはずである。わたしのかくしておきたい一部を、必ず見ているはずである。そういう意識は写真家にあるはずだと思うが、どうだろうか。」〜富岡多恵子〜
toma__sa富岡多恵子「遠い空」、話が話で目がとび出た
aobaya49>そうかあ、カメラは進化しているのに、写真は進歩していないのだ。そんなことが分かったのだった。 富岡多恵子『写真の時代』を読む - mmpoloの日記 https://t.co/0tD1HlYCOq
poesy_rain今日は図書館へ行って予約していた資料を引き取ってきました。赤い本は富岡多恵子『室生犀星』。白洲正子『私の百人一首』を読んでかねてより気になっていた岩波全集本『謡曲百番』の「蝉丸」も。 https://t.co/upRLhcYazc
kumano_susieなにかの手違いか?『水上庭園』富岡多恵子著 (岩波書店)が届いた。 https://t.co/ID1tK4cry8
yuubasui富岡多恵子の「波打つ土地」も読んでみたのだけど、前半と比べて後半が一気に文学っぽくなって、何か違うなと思った、だけど最後に楽しくテニスをしてていて小説が一気に軽くなって良かったと思う。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
富岡多恵子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)