トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆 > エロチック街道

エロチック街道(筒井康隆)

エロチック街道(著者:筒井康隆)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:エロチック街道 (新潮文庫)
  • 著者:筒井 康隆
  • ページ数:323
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101171173
  • ISBN-13:9784101171173

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2017年11月24日
  • 書名
    現代作家アーカイヴ2: 自身の創作活動を語る
  • 発売日
    2017年11月20日
  • 書名
    筒井康隆コレクションVII朝のガスパール
  • 発売日
    2017年8月25日
  • 書名
    幻想の未来 (角川文庫)

エロチック街道関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2006.10.27 作家の読書道:第60回 中原 昌也さん

    非常に個性的かつ魅惑的な作風で、読者を奇妙な感覚に誘ってくれる中原昌也さん。小学校時代のSF好きに始まり、実に幅広い読書歴の持ち主。音楽活動でも実績を持ち、映画にも精通している彼は、どんな本を好んできたのか。そして、そんな彼の目から見た、今の文学とは? 忌憚ない、生の声を聞かせてくれています。

  • 2004.9.30 作家の読書道:第35回 モブ・ノリオさん

    デビュー作『介護入門』でいきなり芥川賞受賞という快挙を成し遂げたモブ・ノリオさん。本作は自分の実体験に基づいて、自分の記憶を固着させたい、と思い立って書かれたもの。が、はるか以前、中学生時代にも、モブさんは小説家を志望し、その後も文学に興味を持ちつづけていた時期があったとか。そんな彼の読書歴を、たっぷり聞かせてもらいました。

筒井康隆のその他受賞歴(候補含む)

エロチック街道関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MichelBoulez筒井康隆 短編ベスト「蟹甲癬」「魚籃観音記」はぼくも入れるなぁ さらに「エロチック街道」「谷間の豪族」とあと6つ
tobetwenty佐々木敦「筒井康隆入門」作品発表順に章分けされているおかげで、どこまで読んでいたかがはっきり分かった。虚構船団以前はほぼ全部読んでいたが、鼬の章で挫折し(当時高校生)エロチック街道や夢の木坂分岐点頃から強まる純文学臭に違和感を覚え始めたんだった。虚人たちはわくわくしたんだけどな。
RappaTei筒井康隆短篇ベストは難しいなあ。私も短篇はほぼ全作読んでいるはずなのだが。リストをざっと眺めて拾っていくとこんな感じかな。たぶん明日には半数くらい入れ替わるかも。ビタミン 家熊の木本線メタモルフォセス群島裏小倉顔面崩壊遠い座敷エロチック街道北極王一族散らし語り
shincholive_bot『エロチック街道(新潮文庫)』(筒井康隆)見知らぬ街で、裸の美女に案内されて奇妙な洞窟の温泉を滑り落ちる……変幻自在の18編を収録。 https://t.co/5OANHVctom #ebook #電子書籍
mojar_1972@mizuiryochin39 バブリング創世記はいいよね!筒井康隆 だったら「エロチック街道」が一番好き。
moumoucowcowu4筒井康隆の、「エロチック街道」日本酒飲みながら少しイヤラシイ気持ちで読むと良きかな。
greenstudy2トンネル小説の傑作といえば筒井康隆の『エロチック街道』ですね!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)