トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆 > エロチック街道

エロチック街道(筒井康隆)

エロチック街道(著者:筒井康隆)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:エロチック街道 (新潮文庫)
  • 著者:筒井 康隆
  • ページ数:323
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101171173
  • ISBN-13:9784101171173

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2018年10月6日
  • 書名
    わたしのグランパ (文春文庫)
  • 発売日
    2018年7月29日
  • 書名
    吾輩は童貞(まだ)である- 童貞について作家の語ること-
  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    読書の極意と掟 (講談社文庫)

エロチック街道関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2006.10.27 作家の読書道:第60回 中原 昌也さん

    非常に個性的かつ魅惑的な作風で、読者を奇妙な感覚に誘ってくれる中原昌也さん。小学校時代のSF好きに始まり、実に幅広い読書歴の持ち主。音楽活動でも実績を持ち、映画にも精通している彼は、どんな本を好んできたのか。そして、そんな彼の目から見た、今の文学とは? 忌憚ない、生の声を聞かせてくれています。

  • 2004.9.30 作家の読書道:第35回 モブ・ノリオさん

    デビュー作『介護入門』でいきなり芥川賞受賞という快挙を成し遂げたモブ・ノリオさん。本作は自分の実体験に基づいて、自分の記憶を固着させたい、と思い立って書かれたもの。が、はるか以前、中学生時代にも、モブさんは小説家を志望し、その後も文学に興味を持ちつづけていた時期があったとか。そんな彼の読書歴を、たっぷり聞かせてもらいました。

筒井康隆のその他受賞歴(候補含む)

エロチック街道関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

safesafe_lolitaふと、「古本屋の匂いって便意を催すよなぁ」と思いながら手近にあった「エンガッツィオ司令塔」の匂いを嗅いで、うんこ我慢してたらすごくいい気分になって、肛門から「バブリング創世記」しちゃったよね。トイレまでの道が「エロチック街道」になっちゃった。筒井康隆を読ませるステマ。
deathdaiko【エロチック街道 (新潮文庫)/筒井 康隆】を読んでいる本に追加 → https://t.co/okstAmpDhP #bookmeter
RappaTei国内温泉SFなら筒井康隆「エロチック街道」北野勇作「路面電車で行く王宮と温泉の旅一泊二日」「ラジオ温泉ユートピア」 #温泉SF
tnig7730筒井康隆『ヨッパ谷への降下』読了。数か月前から無性に筒井作品が読みたくなり、別の文庫で既に読んでいたがブックオフで購入し一気読み。「薬菜飯店」「エロチック街道」「あのふたりの様子が変」の3作は以前に読んだ時と同様、クラクラしてきました。「タマゴアゲハのいる里」も好きな作品です。
flow2005yob筒井康隆さんの『エロチック街道』1984.12.15 3刷。新刊時のものをアレンジした帯がかけられていた。帯背の僅かなスペースに詰め込まれた惹句がすごい。 https://t.co/WGX0QEmqfK
alcafe_ogikubo「ジャズ大名」は筒井康隆「エロチック街道」に収録。映画の方は特別出演でタモリも出てたんだすね。この辺の逸話は幾らでもありさうなので、言ふまでもないかもしれませんが。
moonpalase私の好きな本1ヘルマンヘッセ「デミアン」2 アゴタ・クリストフ「悪童日記」3森見登美彦「太陽の塔」4田中慎弥「共食い」5町田康「告白」6筒井康隆「エロチック街道」7中島らも「ガダラの豚」8村上龍「コインロッカー・べ… https://t.co/NSbGHbY5b3
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)