トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 筒井康隆 > パプリカ

パプリカ(筒井康隆)

パプリカ(著者:筒井康隆)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:パプリカ (新潮文庫)
  • 著者:筒井 康隆
  • ページ数:496
  • 出版社:新潮社
  • ISBN-10:4101171408
  • ISBN-13:9784101171401

筒井康隆新刊

  • 発売日
    2020年5月21日
  • 書名
    筒井康隆、自作を語る (ハヤカワ文庫JA)
  • 発売日
    2020年4月16日
  • 書名
    堕地獄仏法/公共伏魔殿 (竹書房文庫)
  • イラストレーター
    木原 未沙紀
  • 発売日
    2019年12月12日
  • 書名
    深淵と浮遊 現代作家自己ベストセレクション (講談社文芸文庫)

パプリカ関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

筒井康隆のその他受賞歴(候補含む)

パプリカ関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

riko__book@KosekiUni 実は僕、星新一は未履修でして。彼の作品に影響を受けた作家たちは好きなので、少なからず好みであるはずなのですが。これを機に読んでみようかしら。日本のSFで言えば僕の中で金字塔は筒井康隆です。映像化もされている「… https://t.co/lJbEncSEWc
hit4boy筒井康隆『パプリカ』夢や精神を扱ったSF作品をおおくものしている著者。夢と現実が混淆する崩壊感は見られるものの、実験的な要素はなく分かりやすい展開です。精神を崩壊させるツールや登場人物たちの性的な嗜好に著者の内なる毒性を垣間見ました。https://t.co/sxJGRHtRHq
yi1hu3『パプリカ』は変なアニメ映画としてのみ消化されがちだけど、表現技法もしっかり見て欲しいんだよ...筒井康隆の夢と現実が入り乱れるストーリーに、幻想的な平沢音楽、そして人物の動きは滑らかながら背景を次々に切り替える今敏監督。
oya_kane読書家のカーチャンの影響で筒井康隆さんが好きで、偶々、テクノに興味がわいて、そこから平沢さんを知り、本当に帰結したなあって感じの作品で、私もパプリカは大好き
narei_sanパプリカって筒井康隆げんさくなんだへえ
iron___xxいるよ 時かけ筒井康隆パプリカ今敏人間 このタイムラインに一人いるよ
maoko1205パプリカ今敏の作品扱いになってるけど原作筒井康隆だかんな(寝言)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)