トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 角田光代 > ロック母

ロック母(角田光代)

ロック母(著者:角田光代)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ロック母
  • 著者:角田 光代
  • ページ数:270
  • 出版社:講談社
  • ISBN-10:4062140330
  • ISBN-13:9784062140331

角田光代新刊

  • 発売日
    2020年3月19日
  • 書名
    ちょこっと、つまみ: おいしい文藝
  • 発売日
    2020年3月11日
  • 書名
    1日10分のごほうび NHK国際放送が選んだ日本の名作 (双葉文庫)
  • 発売日
    2020年2月27日
  • 書名
    『源氏物語』完結記念 限定箱入り 全三巻セット

ロック母関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2012.5.15 第二十五回 山本周五郎賞

    第二十五回 山本周五郎賞

  • 2008.10.1 きらら熱烈インタビュー 第39回 角田光代さん

    私は読後感の悪い小説を書くほうが得意なんです クオリティの高い小説を発表し続ける作家、角田光代さん。『対岸の彼女』で第132回直木賞を受賞、今年の本屋大賞でも『八日目の蝉』が上位にランクインされ、書店員さんの間にも熱心なファンが多い。

角田光代のその他受賞歴(候補含む)

ロック母関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

totttytottty角田光代『ロック母』読了。いやー、凄かった。1990年代と時代を感じさせるものもあるが、これまた味があって面白い。特に最初の『ゆうべの神様』は本当に面白かった。『カノジョ』は怖かったし、川端康成文学賞の『ロック母』は… https://t.co/z77bNivLja
kodanshabunko【5/10 #母の日】角田光代著『ロック母』初の芥川賞候補作であり、作家としての苦悩のはじまりに“しょぼんとたたずむ”作品、「ゆうべの神様」から、川端康成賞受賞作の表題作まで。15年にわたる作家活動を見渡すことができるファン必携の… https://t.co/0gOocnfuWX
shueishabunko角田光代『ロック母』。出産のために帰省したら、母が大音量でロックを聴くようになっていた…今日はお母さんに、お花と、一冊の本をプレゼントされてみてはいかがでしょうか。#他社本だけど紹介したい… https://t.co/dAU58SgOMt
Mee9433@mof_lw 角田光代の「ロック母」読まれましか ?面白かったです。カズイシグロの「私を離さないで」は難渋しました
kinokuniyasaleロック母 (角田光代) が、紀伊國屋電子書籍で特価で175円引き85ポイント増の408円(30%OFF)、90ポイント還元になりました。https://t.co/5zWSsEs50b
juliaroemロック母は角田光代の書くものがフリーター文学と言われてたころの短編集で、これもアジアの混沌とした夜の街で感覚がなくなるくらい辛いものを食べまくるだけの話とか
KKPintheHOUSEサワコの朝、角田光代さんだった。ロック母しか読んでないけどそのうち紙の月は読みたい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)