トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 角田光代 > 八日目の蟬

八日目の蟬(角田光代)

八日目の蟬(著者:角田光代)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:八日目の蝉
  • 著者:角田 光代
  • ページ数:346
  • 出版社:中央公論新社
  • ISBN-10:4120038165
  • ISBN-13:9784120038167

角田光代新刊

  • 発売日
    2019年11月1日
  • 書名
    希望という名のアナログ日記
  • 発売日
    2019年10月9日
  • 書名
    なんでわざわざ中年体育 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年10月9日
  • 書名
    なんでわざわざ中年体育 (文春文庫)

八日目の蟬関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

角田光代のその他受賞歴(候補含む)

八日目の蟬関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

black25roof42 角田光代「八日目の蟬」タイトルを此処まで解説する小説も珍しい。タクシー運転手の伏線にちょっとほっこり。八日目の先をもがきながらも生き続ける#著者か #題名よ
shodoshima_q[105]作中で、小豆島のことを「海と、空と、雲と、光と、木と、花と、きれいなものぜんぶ入った、広くて、大きな景色」と表現した小説「八日目の蟬」を書いた横浜市出身の小説家は誰か?#quiz A 柳 美里 B 角田 光代  C 恩田 陸  D 和田 竜
unamreading私のなかの彼女角田光代『紙の月』『八日目の蟬』等が代表作と思うのだけど、他も面白そうなので、読んでみることに。#unamreading https://t.co/8sEi57gzpu
Borzoi108未必のマクベス(早瀬耕)八日目の蟬(角田光代)残穢(小野不由美)白い薔薇の淵まで(中山可穂)天帝妖狐(乙一)赤朽葉家の伝説(桜庭一樹)天盆(玉城夕紀)蟬しぐれ(藤沢周平)センセイの鞄(川上弘美)プリンセス・メゾン(池辺葵)#読書の秋なのでオススメの本10選
p_s_u_iyo私ね、久美ちゃん、この子がはじめて立ち上がる瞬間も、はじめて言葉をしゃべるところも、見ることができなかったよ角田光代『八日目の蟬』
Niconekomimosa22018年#全米図書賞翻訳文学部門 『The Emissary』(邦題『献灯使』)Margaret Mitsutani/Yoko Tawadaが受賞したのは記憶に新しいかと。Margaret満谷さん『The Eighth Da… https://t.co/Ywg0kxNFyh
Shihka_leggere読了ツイートしてないのですが、最近は角田光代『八日目の蟬』森博嗣『彼女は一人で歩くのか?』森見登美彦『太陽の塔』この3冊を読みました。Wシリーズ、読破したいですね (´ー`*)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)